地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

社員Fです。
ごぶさたしております。

本社オフィスのある船橋界隈では「こまつなう2017」が行われている最中、弊社は東京ビッグサイトで開催されている「自治体総合フェア 2017」に出展しています。そこで、3日間の日程の最終日の午前中、展示の様子を眺めにビッグサイトまで出かけてきました。断片的ではありますが、自治体総合フェアでの出展のご紹介します。

プレゼンテーションの様子

3日目は、弊社代表の石井が「シティプロモーションとしてのふるさと納税制度~官民協働のプラットフォームを活用したファン獲得~」と題してのプレゼンテーションを行いました。

弊社の強みの1つは、地域情報サイトの運営で培った地域密着の体制です。この体制を活かして、自治体のふるさと納税業務を受託しています。自治体から業務を委託していただくことで、弊社が魅力ある返礼品の開拓と、返礼品を紹介する記事の作成と、SNSを通してその魅力を全国に発信することに取り組みます。その結果、ふるさと納税の寄付額を増やしていくことやシティプロモーションに貢献しています。この取り組みは複数の自治体とご一緒させていただいていますが、そんな自治体の1つである、茨城県行方市の担当者の方にもご登壇いただいて、この取り組みのスキームや実施効果をご説明しました。

ふるさと納税業務支援サービスについてはサイトをご用意しております。もし、興味をお持ち頂けたようでしたら、「まいぷれのふるさと納税委託業務」をご覧ください。

ふるさと納税の取り組みについてのプレゼンテーションの様子

ブースの様子

今回も、大日本印刷さんとの共同出展となっていまして、かなり広いブースになっていました。弊社は、長年に渡って自治体総合フェアに出展していますので、実は数年前の出展時には私も展示の準備をお手伝いしました。その頃のブースと比較すると…たぶん、2倍くらいの面積になっている印象でした。

DNPさんとの共同出展です。

ブースの目立つところには、こんなボードが掲出されていました。「DNP x FLNで取り組む地域創生」ということで、DNPさんと弊社で展開している自治体向けのソリューションの概要をご紹介していました。

「地域と共に、伝える、人を動かす」

私の印象比(笑)で、ざっと2倍くらいの面積になったブースには、数多くのパネルが貼られていました。今年の4月に入社して間もなく、この自治体総合フェアの出展準備を担当することになった社員によれば、どういうパネルを貼るかを考えるのも大変だったし、貼ること自体も大変だったとのことです。私がブースを覗いた時には、多くのお客さまにお越し頂いていました。

展示ブースの様子

提示ブースのスライド

今回の出展では、弊社は「ふるさと納税業務支援サービス」と「地域情報ポータルサイトと地域通貨ポイント」にウェイトを置いてご紹介しているのですが、地域通過ポイントのソリューションで利用いただくポイント端末が展示されていました。一見すると単なるスマートフォンですが、NFCリーダーライターが内蔵されていますので、ポイントカードの情報を読み書きすることができます。

静岡県清水町の地域通貨「ゆうすいポイント」にて、弊社のソリューションを導入して頂いているのですが、ポイント端末の隣では、清水町のイメージキャラクターの「ゆうすいくん」が微笑んでいました。

ポイント端末

清水町イメージキャラクター「ゆうすいくん」

今回の出展を通して多くの自治体からご縁をいただけることを祈りつつ…。自治体総合フェアの弊社展示ブースとプレゼンテーションのレポートは以上です。

広報担当の社員Zです。

5月27日は、小松菜の日!!!!

ということで、毎年恒例のあの季節がやってまいりました。昨年の様子はコチラ。一昨年の様子はコチラ。一昨々年の様子はコチラ。西船橋駅・船橋駅周辺で行われる小松菜料理の食べ歩きイベント『こまつなう』です。

今年も「まいぷれ」でこまつなうをお手伝いしています。今年の公式サイトでは、参加店舗一覧はもちろん、小松菜の生育過程が見られるコンテンツも用意しています。ぜひご覧ください♪

さて、社員Zもこまつなう一日目をさっそく楽しんでまいりました。

『日本酒バル 凪』さんのたこ焼き!

ほくほくで美味しかったです!

『ホリスティックマーケットキッチン +naturi』さんの小松菜アボカドパインスムージー♪爽やかでヘルシー!

弊社のある西船橋駅周辺では、飲み屋さんはたくさんあるのですが、お昼を食べられるお店が少ないんです。しかし、今年のこまつなうでは10店舗のお店が昼から利用できるということで(こまつなう自体の参加店舗は58店舗です!)、嬉しい気持ちでいっぱいでした!

社員Zが入社したてのときにページを作成したこまつなうのFacebookページもいまや1,100以上のいいねがつき、西船橋の小松菜がどんどん有名になっていくのを感じます。さらに今年はTwitter、Facebook、Instagramで『#こまつなう』をつけて呟くと、抽選で30名の方に小松菜の妖精こと西船なな姫ちゃんのグッズが当たるキャンペーンも行なっているんです!

ほ、欲しい

キャンペーンについての詳細はコチラ

さて、こまつなうはまだまだ始まったばかりです!今年のこまつなうは5月25日・26日の2日間です。ぜひこの機会に西船橋の小松菜を楽しんでくださ~い!

広報の社員Zです。

昨年6月にオープンした船橋駅前のセブンイレブン内にあるインフォメーションセンターにて、弊社が観光案内のお手伝いをしております。

専属スタッフ(まいぷれ)が町の案内をします

今年の1月からは、ランドマークとして店頭にロボットを設置し、船橋市内の観光情報をプレゼンするようになっているんですが……

接客するロボットの様子

今週月曜(5月16日)より、このロボットにコミュニケーションによる観光案内という機能が実装されました。

どういうことかというと……

コミュニケーションのイメージ

ロボットに船橋市内のおすすめのお店を選んでもらうことができるようになったんです。たとえば「グルメ情報」を選択すると、ロボットが来訪者の顔を映像認識して、「男性」「20代」などの情報を認識し、それらにあったグルメ情報をピックアップして教えるんです。ちなみにロボットがおすすめするデータは「まいぷれ船橋市」に掲載されている情報がもとになっています。

インフォメーションセンターでは、これまでも案内業務を実際の人の手によって行なってきました。もちろん今後も続けていくのですが、ロボットによる観光案内も開始することで、さらに多くの手段で船橋市の魅力を伝えていくことができると考えています。

ぜひ、船橋駅にお越しの際は、インフォメーションセンターにお立ち寄りください!

広報担当の社員Zです。

前回の記事でオフィスのレイアウト変更をしたことをお伝えしましたが、実は5月1日付けで別のフロアに会議室も増えておりまして、現在心なしか広々とした気持ちで業務に取り組んでおります。

弊社は規模の割にはご来客いただく機会も多く、月に1~2回、新たに「まいぷれ」をオープンされるパートナー社様のキックオフがあったり、月のうち1週間は全国のパートナー社様とのSkype会議で会議室を使う機会が増えたり、さらには今の時期ですと新卒採用の面接の会場としても会議室を使う場合がございまして、熱い会議室争奪戦が繰り広げられてしまっていました。そこで、当社の入っているビルの別フロアに空きが出たということを聞きつけ、そちらのフロアをまるまる会議室として利用していくことにしたのでした。

いろいろな利用ができるように30脚のパイプ椅子と4台の長机を購入したのですが、これがまた「まるで市役所のようだ」と大好評です。

もともと使っている2つの会議室を足した面積よりも広い第3の会議室ですので、飲み会好きな弊社社員はさっそく「飲み会で使えるのかな……」などと申しておりました。

ということで!実は5月の2日、なんと利用開始してから2日目に、さっそく社内飲み会を開催してしまいました。もちろん目的は「新しい会議室の使い心地を確かめる」ためです!

広さを強調しようとして寂しさが際立った写真

この会の名前は『20代の会』。20代の若手社員が今でこそ20名近くおりますが、社員Zが入社した3年前は約半分でした。そこで、親睦を深めたり、同世代でしか話せない話をしたり、という目的で年に1~2回この20代の会を開催してきたのです。今回はゴールデンウィーク前にもかかわらず有給をとらなかったメンバーが集まったということで、若干人数が少なかったのですが、それでも、ピザを食べたりスマブラをしたりして大盛り上がりでした。

いちばん楽しそう(ボロ負け)なのが社員Z

あ、肝心の使い心地は、とっても良いのでぜひまた社内の集まりに使いたいなと思います。

……い、いえ、飲み会ではなく、飲み会もしますけども。社員Zとしては、社内で勉強会を開催したいなぁと思っておりましたので、会議室が増えてとても嬉しいのです。

ということで、今後弊社にお越しいただく方には、もしかすると別フロアの会議室にご案内させていただくこともあるかもしれませんので、そのときはぜひよろしくおねがいします。

最近出社するとワクワクしている社員Zです。

弊社の受付スペースです

なぜかというと、4月の頭に大幅なレイアウト変更を行なって、オフィスの雰囲気ががらっと変わったからです。弊社では毎年4月の新入社員入社に備えて、プチレイアウト変更を行うのがもはや恒例となっています。しかし、今年は違うのです!

段ボールだらけで無残な社内

総務担当の社員Zに社長から下された命は「効率的なオフィスにすること」。その一環としてオフィスのカーペット張替も行うことになりました。什器を移動させるため、ありとあらゆるすべての什器を空にするようにと社内にお願いしたのですが、これがまた、大変でした……。昔なつかしい資料が大量に見つかり、なかなか片付けが進まない中、本当に間に合うのだろうかと社員Zは人知れず眠れぬ夜を過ごしていました。

カーペットをはがした様子。貴重。。

そして迎えた当日。なんとか荷物整理も片付き、張替業者さんが手際よく作業を進めていただきました。圧巻です。

張り替わっていく様子はなんだか別世界のようでした。

新しいカーペットの色は青色にしました。弊社のコーポレートカラーが青色だということと、ちょっとIT企業っぽいかと思って。

カーペットが張り替わったら、什器の移動です。こちらも、今後の体制変更に備えて、約2年続いてきたレイアウトを一気に変更しました。

ということで、1か月ほど、あーでもないこーでもないと考えたレイアウト変更が無事に終了しました。

どん!

どどん!!

いかがでしょうか。IT企業っぽいでしょ?

1年前に購入したカラフルな椅子が、ようやくしっくりきました。比較がわかりにくいかと思うのですが、以下が同じアングルからの写真なので、どれくらい変わったかが少し伝わるかと思います。

これが…

こうなりました!

やっぱりちょっとわかりにくいですが、人が通る部分に段ボールが置かれなくなったというだけでも大進歩です。

社員Zはレイアウト変更の専門じゃないので、いろんな資料を参考にしながら、人が動きやすく、ものが整理しやすく、を考えてレイアウトを作成しました。難しい仕事でしたが、取り組みがいのある仕事だったな~と思います。

オフィス入口には弊社パンフレットに使っている2つの絵の原画を飾っています。

ということで、きれいになった弊社オフィスをどうぞよろしくおねがいします!

広報担当の社員Zです。

4月15日に行われた@typeエンジニア転職フェアに出展してきました。弊社では現在「まいぷれ」を支えるインフラエンジニアを募集しています。

当日は開発部門の責任者と現場エンジニアが参加しました。

ここ数年、新卒採用を継続して行っている弊社ですので、新卒採用関連のフェアには出展したことがあるのですが、今回は中途採用のフェアということで、また違った雰囲気を味わうこととなりました。

ブース装飾。今回は「西船橋」推しで。

弊社は100%自社サービスであり、試行錯誤しながら多くのことに携わりたいエンジニアにとっては、とても刺激的な環境だと思います。部署を跨いだ全社的なプロジェクトに参加したり、他部門との兼務により幅広い業務を担当したり、さまざまな働き方の社員がおります。ぜひ興味のある方は、求人情報をチェックしてみてください。

広報担当の社員Zです。

4月3日に発売された『地域商業の底力を探る: 商業近代化からまちづくりへ』にて、弊社の事例が取り上げられています。

ご本をいただきました。

地域商業の底力を探る: 商業近代化からまちづくりへ

弊社でもよく話題になりますが、『ハード中心の地域活性化施策が、必ずしも暮らしやすい町をつくることにはつながらない』ということについて、この本では取り上げられています。地方圏4都市と、首都圏2都市の現地調査を元に新しい「まちづくり」について考えさせられる本、ということで、この本に弊社を取り上げていただけたことをとてもうれしく思います。

続きはぜひご購入ください!

こちらの取材は昨年に受けており、報告書としてもまとめていただいていました。船橋市でのまちづくりについて現地取材をしている過程で、弊社にご連絡いただくこととなりました。

目次に「中小市街地の混沌と多様性ーー千葉県船橋市」とあるのですが、この「多様性」こそが地域活性の要であるという考えが弊社代表の石井にはありまして(参考:導火線53回『地域活性化は多様性が前提条件』)、このようなタイトルになったことは偶然かと思いますが、少し嬉しくなりました。

ありがたいことに新聞や雑誌で弊社を取り上げていただくこともありますが、今後は書籍としても存在感を出していけるように、日々の事業に邁進してまいりたいと思います!