地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

広報担当の社員Zです。

うだるような暑さの日が続いています。このブログでも去年掲載したまいぷれ船橋のかき氷特集をおすすめする記事がよく読まれているようで、そんな季節になったな・・・としみじみ思っております。

さて、この季節になると恒例の社内行事となっているのが、有志によるバーベキュー大会です。今年も行いますので、社内でちゃくちゃくとその準備が進んでいるようですよ。

何故か去年から恒例となりつつあるポスター

お中元でいただいたスイカを・・・

休日なので完全にレクレーションなのですが、最近は新入社員も増えてきたからか人数がとても多く、実に40人近くの規模になってまいりました。弊社は社内行事の多い会社ではないのですが、夏のバーベキュー大会は張り切って開催しているんですよね。ちょっとわくわくした空気に浮かれている社員Zなのでした。

広報担当の社員Zです。

弊社の運営する地域情報サイト「まいぷれ」では、各地の編集部が集めたニッチな地域情報を紹介していることもあり、他のメディア様から情報提供の依頼をいただくことがあります。今回の相手はなななんと農林水産省!

農林水産省のFacebookページでは、農業や産業に関する日本の文化を紹介しています。その中で、「まいぷれ川崎」で紹介したとあるものについてとりあげたいという依頼があったのです。そのとあるものとは・・・

躍動感のある金太郎の姿が印象的です

これ、一体なんだと思いますか?

こちらの写真だとわかりやすいかもしれません。

高級なお寿司が乗っていそう・・・

そうこれは「ハラン」。お弁当なんかに入っているアレですね。コンビニのお弁当に入っているプラスチックのものしか馴染みがないのですが、あの形からもわかるように、もともとは笹の葉を使ってつくる職人の技術が光る一品なんですね。

1枚めの写真はとても笹の葉から出来ているとは思えない美しい作品です。まいぷれ川崎の取材記事では、1枚目の写真以外にも数多くの作品を見ることができますので、ぜひご覧ください!

さて、ということで農林水産省様のFacebookページで紹介されたのがこちらで確認いただけます。「まいぷれ川崎」の名前もご紹介いただきました♪ これからもさまざまな情報提供にご対応できるよう、情報収集を行なってまいります!

広報担当の社員Zです。

ちょっとした恒例行事である七夕の飾り付け。今年もオフィスに登場しました。

今年の笹はちょっと立派な気がします

今年は4月にレイアウトを変更したばかりで、すこし小綺麗なオフィスになっているので、笹も映えるというものです。FLNの織姫から短冊が配られ、皆思い思いの願い事を吊るしています。

切実です

今日は7月7日ということで、まいぷれ上にも七夕まつりの情報や各店舗の七夕へ向けた準備などの情報も載っています。ぜひ、お近くのまいぷれで情報をチェックしてみてください!

広報担当の社員Zです。

6月30日です。なんと2017年も半分が終わってしまいます。今年の目標は「写真うつりをよくする」なのですが、あまり達成できないまま下半期に入りそうです。

さて、ジメジメとした天気が続き、なんとな~く嫌な気分にもなりがちなこの季節。癒やされたいですよね?

まいぷれ船橋を散策していたら、ぴったりのページを見つけたので紹介しちゃいますよ。

楽しくなさそうにはしていない猫
http://funabashi.mypl.net/article/cats_funabashi

引用:まいぷれ船橋

写真家の津乗健太さんが船橋市内で撮影した猫の写真を紹介しています。見ていてほんのり心があたたまる、そんな写真がたくさんありますので、ぜひご覧くださいね。

「楽しくなさそうにはしていない」……考えれば考えるほど心に染み入る言い回しです。社員Zも猫が大好きなので、猫の気まぐれな感じが大好きなのですが、猫って「楽しそう!」とわかりやすい瞬間が少ないんですよね。でも楽しくないわけではなさそう。そんなあまのじゃくさがよく表れているな~と思いました。

まいぷれではお店や施設、人の紹介記事が増えていますが、動物を中心にしたものは意外と少ないかも?しれません。今後もいろんなコンテンツを増やしていきたいと思います!

広報担当の社員Zです。

6月に第2新卒として入社した新入社員Hが社内でなにやら写真撮影をしていました。

彼女が撮影しているのはおかき。とある市のふるさと納税の返礼品です。弊社ではシティプロモーションとしてのふるさと納税業務支援を行なっていて、返礼品の魅力を最大限に伝える取材記事を公開しています。(詳しくはこちらのブログ記事を参考にしてください)

社員Hは入社後、社内研修の後にさっそく出張に出て、返礼品の取材を行なっています。実は彼女、新卒時代にも弊社を受けて内々定となりながらも、別の会社に入社したという経歴の持ち主です。このようなことは初めてだったので、とても驚いたのですが、結果として弊社の一員として一緒に働けるようになったことを密かに嬉しく思っている社員Zでした。今後も彼女の活躍に期待です。

広報担当の社員Zです。

6月6日に18期2Qキックオフミーティングを開催しました。

「写真の表紙はやめたの!?」と聞かれるのですが、数回前からやめています。

今回は午前中の開催ということで、会の終了後には昼食会も行いました。会場は石井食品のコミュニティハウス ヴィリジアンさまです。

今期は『生産性向上』ということをテーマに、さまざまな取り組みを始めました。代表・石井のプレゼンでは、導入の成果に触れつつ、今後どんな組織になるのか、どんな視点を持つべきか、などといった話を行いました。今回はじめて参加した1年目の社員からは、「目の前の業務に精一杯になっていて、全体最適という視点が欠けていた」という感想が飛び出し、しっかりした内容のコメントに先輩社員たちにとっても刺激を受ける内容となったようでした。

話は変わりますが、弊社では5月に1名・6月に1名と立て続けにメンバーの増員がありました。4月に新卒社員が4名入ったばかりではありますが、新たに仲間となった2名も歓迎したい!ということで、当日の夜は懇親会兼2名の歓迎会を行いました。

新人Yの初受注のお店を貸し切って行いました!

幹事を務めたのは4月に入社したばかりの2017新卒の4名です。この時期の懇親会から1年目が幹事を務めるのがやや恒例となってきました。オーダーしたのは私です。ちなみに会場は新人Yが初受注した本八幡のダーツバー・DaRGON. GB 本八幡店さまです。40名という大勢で押しかけてしまいましたが、とても愉しむことができました!

昨年の懇親会では2016新卒4名のキャラクターが発揮されたクイズ大会を開催してくれたので、それとなく「去年は余興があってね・・・」と伝えたところ、夜な夜な準備を重ねていたようで、かつて見たことのないクオリティの漫才&ダーツ大会を見事に開催してくれました。

漫才の後にはスタンディングオベーションが起こったほどです…。

毎年余興のレベルがあがってきて、「あれ、FLNってこんな会社だっけ?」と思うこともありますが、何事も真剣に取り組む近年の新入社員を見ていると、にやにやしながら見守りたくなります。というか見守っています。

あらためて、幹事の4人、おつかれさまでした!今後の一年間期待が高まり続けていくこと間違い無しですが、楽しみにしています。私もにやにやしながらサポートしていきたいと思います。

社員Fです。
ごぶさたしております。

本社オフィスのある船橋界隈では「こまつなう2017」が行われている最中、弊社は東京ビッグサイトで開催されている「自治体総合フェア 2017」に出展しています。そこで、3日間の日程の最終日の午前中、展示の様子を眺めにビッグサイトまで出かけてきました。断片的ではありますが、自治体総合フェアでの出展のご紹介します。

プレゼンテーションの様子

3日目は、弊社代表の石井が「シティプロモーションとしてのふるさと納税制度~官民協働のプラットフォームを活用したファン獲得~」と題してのプレゼンテーションを行いました。

弊社の強みの1つは、地域情報サイトの運営で培った地域密着の体制です。この体制を活かして、自治体のふるさと納税業務を受託しています。自治体から業務を委託していただくことで、弊社が魅力ある返礼品の開拓と、返礼品を紹介する記事の作成と、SNSを通してその魅力を全国に発信することに取り組みます。その結果、ふるさと納税の寄付額を増やしていくことやシティプロモーションに貢献しています。この取り組みは複数の自治体とご一緒させていただいていますが、そんな自治体の1つである、茨城県行方市の担当者の方にもご登壇いただいて、この取り組みのスキームや実施効果をご説明しました。

ふるさと納税業務支援サービスについてはサイトをご用意しております。もし、興味をお持ち頂けたようでしたら、「まいぷれのふるさと納税委託業務」をご覧ください。

ふるさと納税の取り組みについてのプレゼンテーションの様子

ブースの様子

今回も、大日本印刷さんとの共同出展となっていまして、かなり広いブースになっていました。弊社は、長年に渡って自治体総合フェアに出展していますので、実は数年前の出展時には私も展示の準備をお手伝いしました。その頃のブースと比較すると…たぶん、2倍くらいの面積になっている印象でした。

DNPさんとの共同出展です。

ブースの目立つところには、こんなボードが掲出されていました。「DNP x FLNで取り組む地域創生」ということで、DNPさんと弊社で展開している自治体向けのソリューションの概要をご紹介していました。

「地域と共に、伝える、人を動かす」

私の印象比(笑)で、ざっと2倍くらいの面積になったブースには、数多くのパネルが貼られていました。今年の4月に入社して間もなく、この自治体総合フェアの出展準備を担当することになった社員によれば、どういうパネルを貼るかを考えるのも大変だったし、貼ること自体も大変だったとのことです。私がブースを覗いた時には、多くのお客さまにお越し頂いていました。

展示ブースの様子

提示ブースのスライド

今回の出展では、弊社は「ふるさと納税業務支援サービス」と「地域情報ポータルサイトと地域通貨ポイント」にウェイトを置いてご紹介しているのですが、地域通過ポイントのソリューションで利用いただくポイント端末が展示されていました。一見すると単なるスマートフォンですが、NFCリーダーライターが内蔵されていますので、ポイントカードの情報を読み書きすることができます。

静岡県清水町の地域通貨「ゆうすいポイント」にて、弊社のソリューションを導入して頂いているのですが、ポイント端末の隣では、清水町のイメージキャラクターの「ゆうすいくん」が微笑んでいました。

ポイント端末

清水町イメージキャラクター「ゆうすいくん」

今回の出展を通して多くの自治体からご縁をいただけることを祈りつつ…。自治体総合フェアの弊社展示ブースとプレゼンテーションのレポートは以上です。