地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

SUPER8を観ました。

6月 25th, 2011 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

ミッションインポッシブル3、スタートレックのJJエイブラムとスティーブンスピルバーグのコラボレーションによるファンタジー映画「SUPER8」を観ました。公開2日目でも、地元の映画館では30人ぐらいの入りでした。相変わらず寂しい。今年上半期の国内の興行収入の1位がパイレーツオブカリビアンで約70億なので、数年前の1位の数値と単純に数字だけ比べるとかなり危機的な状況に思えます。

それはさておき、SUPER8ですが、「ET以来の傑作!」とアメリカのレビューがあったとおり、かなり鳴り物入り的な宣伝に煽られて、期待して観た人も多かったと思います。結論からいうと、「パニック映画」「SF映画」として観た人はおそらく最低な映画。「スタンドバイミー」「小さな恋のメロディ」あたりと同類として観れた人にはまずまずの映画となったのではないでしょうか。

個人的には後者として観れたので、なかなかいい映画だと思いました。ETへのオマージュ的なシーンがいくつもあり、ETを観たことのある人にはニヤリとするシーンもあります。子供たちが作っているゾンビ映画(自主制作映画)の中に出てくる工場の名前が「ロメロ」という名前なのも笑えます。

突っ込みどころ満載、人間ドラマとしても薄くて浅いなど、粗を探せば色々あるのですが、それでも最後の最後。主人公の男の子が見せた表情にやられました。そこのシーンと最後のエンドロールで流れた自主制作映画の完成版だけで満足です。いずれにしても、映画への愛が感じられる作品でした。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です