地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

子どもの頃のヒーローものが映画化。

10月 16th, 2011 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

今日は休日ということで、映画の話題を。

子どもの頃によく見ていたヒーローものって、何がありますか?自分の世代ですと、誰もが知っているところでは、ウルトラマンや仮面ライダーが圧倒的だと思います。そんな中、個人的に大好きだったヒーローものがあります。「電人ザボーガー」です。

これがまさか今の時代に映画として復活するとは思ってもみませんでした。よくぞやってくれたという感じです。当然、映画も初日に見てきました。ザボーガーがバイクからチェンジするシーンはCGを使って物凄く格好良くなっているのですが、映画全編通しては失笑シーンの連続です。但し、この失笑は狙って作られているようで、格好良く作られた戦いのシーンと失笑シーンのバランス感覚が突き抜けていました。

日本でよりも、海外受けするような、おそらく日本ではマニア向けと言われてしまうような映画なのですが、エンディングで流れるテレビ放映自体のザボーガーのシーンを見ると、この映画がいかにテレビ版に忠実に、敬意や愛を持って丁寧に作られているかがわかります。テレビ版で大門豊を演じていた山口暁氏に捧ぐというエンドロールのコメントにも感動しました。テレビ版を知らない世代にどう受け入れられるのか、まったく分かりませんが、やはり子どもの頃に好きだったものって忘れないものですね。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です