地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

映画「ミッション:8ミニッツ」を見て。

10月 30th, 2011 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

映画通ほど騙される。

そんなキャッチコピーに騙されて見に行った映画です。これまで、ここに記載した映画は二人で見に行っても、大抵面白かった・つまらなかったの意見が一致していたのですが、今回は意見がわかれました。

個人的には面白かったです。キャッチコピーが「騙し」なだけに感想を書くこともネタバレにつながりますので、以下はこれから見る人は見ない方がいいかと思います。

以下、ネタバレ含むかもの感想です。
まず、キャッチコピーはウソです。騙しとかドンデン返しから連想される映画を期待すると、かなり肩透かしです。というのも、テロ現場に何度も転送される主人公の設定は、映画通でない自分でもすぐに分かってしまったからです。映画通の方なら、予告を見た時点で気付いているかもしれません。

あと、ミステリや犯人探し映画とも少し違います。実はこの映画は生き方や愛という普遍性を持つ題材をテーマにしています。主人公が最後の方で言う台詞が印象的です。

あと1分しか生きられなかったら君は何をしたい?

この台詞の後、映像が停止します。ここまで見てきて感情移入できた人なら鳥肌ものの感動を誘うシーンです。このシーンを見るだけのために、もう一度見てもいいかなと思うくらい印象的なシーンでした。

例えて言うなら、マトリックスとバックトゥザフューチャーを足したような物語といえば、何となく想像つくでしょうか。若干、ご都合主義的な部分も否めないですが、個人的には気に入りました。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です