地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

パンクから学ぶ

12月 8th, 2011 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

昨日の夕方に自宅から携帯にメールが届き、内容を把握して一人ショックを受けていると、すかさず社員Fさんが「いいじゃないっすか。ブログのネタが出来て」と言ってきました。それもそうだ、という訳で今日はそれに絡めた話を書きます。

昨日は仕事が休みだった妻より以下のメールが入りました。

「今から出掛けようと思ったらパンクしてたー。」

そうか。パンクか。そういえば、午前中は自転車で買い物に行くと行ってたし、そのときにガラスとか釘でも踏んだのかもね。程度に思っていました。明日は仕事で自転車を使うだろうから、自転車屋に持っていけば?とメールを返したところ以下の返事が来ました。

「ちがうよ。パンクしたのは車だよ。」

そうか。車か。え!!車ですか?
聞けば車の右前輪がぺちゃんこにつぶれているとのこと。平日はほぼ車に乗らないので別にいいのですが、最寄の店に持っていくのにも、スペアに交換したり面倒そうだ。。と落胆したのと同時に、最初のメールで理解できなかったミスコミュニケーションにも少々イラっと来ていました。

最近、住んでいる場所の周辺では自転車をパンクさせるなどのイタズラ被害が増えているようです。妻は真っ先に車のパンクもイタズラ?と思ったそうです。こんなとき、みなさんならどう考えますか?

●イタズラにやられた。
●誰かから恨みを買っていて意図的にやられた。

○運転中にパンクしなくてよかった。
○もう長い間、タイヤ交換してないから取り替えろというサインかな。
○今日は車では出掛けるなというサインかな。
○もしかしたら他にも悲鳴を上げているパーツがあるよという車からのお知らせかな。
○近い将来、同じ境遇の人を見かけるから、そのときにタイヤ交換手伝えるように。

●はネガティブ思考。○はどちらかというとポジティブ思考です。ネガティブに考えれば、気分が悪いですし、精神的にもプラスに働くことは何もありません。ポジティブに考えれば、たいしたことないなと前向きに切り替えることができます。勿論、ポジティブに捉えられないこともありますが、今回のように原因が定かでないものはポジティブに考えるべきだと思います。

仕事に関しても同じですよね。前にも書きましたが、契約できないだろう、達成できないだろう、と考えている人はその通りの未来が待っているだけです。ちなみに、今日は気持ちを切り替えて、出勤前にパンクしたタイヤを外し、スペアのタイヤに交換しておきました。交換してみると意外と簡単でしたが、面倒なことや苦手なことを先送りしないことは、仕事でも同じです。先送りにしても、結局やることになるなら、最初にやっておいた方が、気持ち的にもスッキリしますよね。それを再確認した出来事でした。

(とはいえ、これで万が一またパンクしていたら・・・さすがにネガティブになりますが)

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です