地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

ThinkPad Edge E130のファンクションキー

8月 15th, 2012 | Posted by 社員F in 社員Fのひとりごと。

社員Fです。

やっぱり今日もThinkPad E130のセットアップが続いています。セットアップ作業の中で、ThinkPadのシリアルナンバーを確認する必要が生じました。最近のThinkPadはシリアルナンバーが書かれたシールを本体に貼っていないので、BIOSでシリアルナンバーを確認する必要があります。そして、BIOSに入ると、ThinkPadの電源を入れてWindowsが起動し始める前にF1キーを押します。

ところが、何回かやってもBIOSの画面が開かないのでかなりとまどいました。何回か試みているうちに、ふと、思い立ってセットアップ中のThinkPad E130のキーボードをよく見ると、こんな感じになってました。

ThinkPadのファンクションキーの切り替え

従来は、Fnキーとファンクションキーを押すことで実現されていた機能、例えば、無線LANのOn/Off切り替えや、液晶ディスプレイの輝度の調整、さらに音のボリューム調整などのアイコンが、ファンクションキーのプリントよりも大きいんですね。…ということは、デフォルトが各種切り替え、調整機能になっていて、Fnキーを押すとファンクションキーとして機能するのかな、と。そんなわけで、BIOSに入るときに、FnキーとF1キーを押すと無事に入れました。

Fnキーとファンクションキーを同時に押さないといけないことによって、無線LANのOn/Offなどで戸惑ってしまう人もいるのかもしれませんが、そもそも、日本語入力で入力した内容を半角英数字にしたりするときには、ファンクションキーを使うわけで、どっちかというとそっちの頻度が高いような気がするのですが、PCの初心者の人たちにとっては意外とそうではないのかなぁ…などと思いつつ、ThinkPadの起動直後にFn+F1キーでBIOS画面を開いて、「Config」に入って「Keyboard&Mounse」から「Change to “F1-F12 key”」って設定項目を「Legacy」にしました。(ま、確かに従来通りの設定ではあるけれど、「Legacy」と言われると…)

これによって、ThinkPadのファンクションキーはFnキーを押さなくても機能するようになりました。めでたしめでたし。

The following two tabs change content below.
社員F

社員F

社内のPCやWiFiの管理から飲み会のセッティングまで、種類と飛び先を選ばず飛んでくるタスクを片付けるために右往左往しているらしい。一応、インフラエンジニア風の仕事をすることが多いらしいが、結局のところ、ただの雑用係だと社内ではささやかれている。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

One Response



Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です