地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

ビジ本紹介/10年後、仕事で差がつく戦略思考―一生役立つ「考えるスキル」の磨きかた

9月 8th, 2012 | Posted by 社員Y in ビジネス本

予告編に続き本編の感想です。読み始めは若干とっつきにくく感じたこの本。

東大卒。電通でスポーツを担当した後、スポーツナビを設立した著者。この本は以前読んだ「武器としての決断思考」に近いです。武器としての…がディベートをいい意味で広く浅く網羅していたのに対し、こちらは戦略的な思考術について深く掘り下げています(どちらも個人的にはとてもいい本だと思っています)。

著者がスポーツと深く関わってきたため、日本代表前監督に岡田氏のエピソードを交えたり、例えも非常に豊富でわかりやすいです。以下、個人的に使えそうだと思った箇所を抜粋いたします。

●「目先」にとらわれない。どのように生きるかという方法論(HOW)に偏らず、肝心な本質論(WHY?)を見失うな。

●敵に勝つためにはどのフレームで勝つか(競争優位な領域(ドメイン)を見つける)を考える。

●成果と稼動は違うという点を常に意識する。仕儀とで知識を生かしただけではまだ稼動レベルかもしれない。生かしただけでなく、結果を出して初めて成果といえる。一つのアウトプットが次のインプットになることを意識する。

上記はほんの一部で、この本は久し振りに付箋だらけになりました。戦略的思考はこうやって考えるんだよ!という明確な方法が記載されているのではなく、なぜ?から考えるというヒントが書かれている、まさに自分で考えて見つける戦略本。考える頭を持ちたい人におすすめです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です