地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

山の上ホテル

10月 4th, 2012 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

2012年10月4日の日本経済新聞の朝刊、春秋にも書かれていた東京神田駿河台の山の上ホテルの話題。まさにこの春秋に書かれているとおり、池波正太郎氏の「池波正太郎の銀座日記」を読んで、氏が作品をしたためる際にこもったとされる、この山の上ホテルに、いつか泊まってみたいと思ったものでした。

そんな老舗ホテルが、下水道料金をごまかしていたというニュースに、ショックを覚えた方も多いことでしょう。山の上ホテルは、泊まったことはありませんが、仕事で神田や神保町を訪れる際に、何度か遠目に見たことはありましたが、大通りから一つ奥まったところにある静観なたたずまいは、威風堂々と見えました。池波氏がまだ生存していて、利用し続けていたら何と言ったか考えてしまいます。同じような残念な気持ちを最近感じたことを思い出しました。

先日の市川まつりに参加したときのこと。スーパーボールすくいや金魚すくいで、明らかに「ポイ(金魚やスーパーボールをすくうもの)」ではなく、すくった後に入れるボールで、すくってしまうお子さんが、ときどきいます。やり方がよくわからなかったり、興奮していれば、誰でもそのようになることはありますし、お祭りを楽しんでほしいので、それで金魚やスーパーボールが10数個も取れていなければ、次からはこうしてね…とすくい方を教えてあげます。

ご両親が一緒に来ていて見ていれば「今のはだめよー」と言ってくださる方が大半なのですが、中には見ていても何も言わない人もいます。たかが、おまつりの金魚すくいではありますが、こういうところで、きちんとルールを説明しないことにより、正しいことを理解しないまま、正しくないことをルールとして覚えてしまう危険性があると思っています。JALを再建した稲盛氏も「生き方」の中で説いています。

判断に迷ったときは、人として正しいか、正しくないかで決める

と。人として何が正しいか、正しくないかも分からない人間にはなりたくないですね。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です