地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

アウトレイジビヨンドを観て

10月 6th, 2012 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

今日はお休みということで、話題もお休みっぽく映画の話題を。

前作「アウトレイジ」を観終わったとき、正直あまり面白いとは思いませんでした。北野武作品は、多分半分ぐらいは劇場で観ていますが、個人的なベスト1は3作目の「あの夏いちばん静かな海」で、その次が「ソナチネ」でした。が、今回の「アウトレイジビヨンド」は、この2本を揺るがすような傑作でしたよ、バカヤロー!(ってかなり強引ですが)。

あくまで個人的な感想ですが、前作は今思い出そうとすると、真っ先に出てくるのが椎名桔平さんの顔です。他にも色々な名優さんが出ていましたが、椎名桔平さんの存在感が強く残った映画でした。あとは加瀬亮さんのクールな殺し屋的演技も凄みがありました。

前作は北野武監督が言っていたとおり「殺し方」にこだわった映画でしたが、今回はストーリーにこだわった映画で、エンターテインメントに徹したのが非常に良かったのだと思います。あと、役者さんも前作以上に名優揃いで、誰もが演技を楽しんでいるのが伝わってきました。映画がいきいきして見えました。

今回は、小日向文世さんの演技が特に素晴らしかったです。前作と同様に刑事でありながら、実は一番ワルなんじゃないかという人間の二面性を見せる演技には引き込まれます。前半はかなり登場シーンも多く、小日向さんの主演作のようです。

そして、今回は前作で敵対していた中野英雄さんとの男気溢れる関係が後半のストーリーの核となるのですが、中野さんと北野武さんのシーンは本当によく出来ていて、感情移入させられました。

前作は殺しのシーンにこだわりすぎて、客観的にしか見れなかったのですが、今回は感情移入できたというのが最大の違いです。興味のある方は見て損はないと思います。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です