地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

映画の日

12月 1st, 2012 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

今日は休業モードの記事をいくつか。

毎月1日に映画の料金が1000円というサービスをおこなっている

映画館(劇場)は多いと思います。

元々は12月1日が元祖映画の日でした。

寒い日ではありますが、天気がいいので行楽日和。

とはいえ、映画の日で土曜日ということもあり、混雑が予想されます。

当ブログには記載しませんでしたが、来年度のアカデミー賞候補にも

なると噂されるベンアフレック監督・主演作品「アルゴ」や、

クリントイーストウッドが久しぶりに監督をせずに主演した

「人生の特等席」を最近は観ていました。

アルゴはこれが実話か!?と驚くような内容でした。

特にラストの緊迫感は凄いです。

飛行機の中で見せたベンアフレックの表情は俳優としても

円熟味を増してきて素晴らしいです。

クリントイーストウッドの監督としての手腕を継承するのは

ベンアフレックだと確信した作品でした。

そして人生の特等席は、久しぶりにこういう映画見たかったんだよなぁ、、

という、いい意味でご都合主義な映画でした。

以前、アメリカでは大ヒットしたサンドラブロックの「しあわせの隠れ場所」

や、古くは「大草原の小さな家」みたいな雰囲気の、

いいアメリカ映画でした(話や展開はまったく異なりますが)。

日本における今年のクリスマスムービーは、個人的には盛り上がりに欠ける気がします。

大作だと今日から公開になる007、中旬以降ではホビット、レミゼラブルぐらいしか浮かびません。

昔はもっと話題作が沢山あったような。。

そんな中で個人的に気になるのがホビットの上映前の予告編。

日本で上映されるのか不明ですが、アメリカではホビット上映前の予告編で

Man of steel(スーパーマン)やInto the darkness(スタートレック2)が

流れるそうです。Man of steelは既に予告編が作られていましたが

アートっぽいイメージ映像が続く意味深な予告で全貌は見えません。

Into the darknessは今回が初めての映像のため楽しみです。

というわけで、思い切り休業モードの記事でした。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です