地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

007スカイフォールを観て。

12月 8th, 2012 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

全英、全米でも歴代のボンドシリーズで最高の

興行収入をあげていることや、予告編で観たアクションの

出来栄えから、かなり楽しみにしていた007スカイフォール。

同じように楽しみにしている方は、以下の感想は個人的な

ものなので気にしないで劇場で観てほしいのですが、、

別に期待が大きすぎたとかではなく、個人的には

今まで見たボンド映画の中ではかなり異質であり、

違和感を感じ、かなり退屈な映画でした。

なにが退屈だったのか?細かく書いてしまいますが・・・

●アクションシーンが少ない(予告で観たのがほぼ全て)

●中だるみで眠くなった

●敵の恨みの原因がよくわからない

●ラストの展開(城で敵を待つという)の違和感

●新兵器がしょぼい

カジノロワイヤルでは、ダニエルクレイグが最高のボンド!

と思えたのですが、今作を観るとそれさえも揺らぎました。

やはりボンド役は1~2作が限界かと。

ロジャームーアから007を知った世代なのですが、今思えば

ピアーズブロスナンって物凄くはまっていたなぁ、、と思います。

今回は監督がアクションに関しては初メガホンということもあり

物足りなさを感じているのかもしれません。

細かい話はどうでもいいので、アクション全快、全編エンタメで

やってほしかったというのが正直な感想です。

どこかのサイトで見たのですが、アカデミー賞の作品賞に

ノミネートされる可能性も、、などと書かれていました。

007はそんな映画ではありませんし、そんな線を狙ってほしくないです。

救いなのが作品の本当のラスト。

次回作への布石が張られていて、そういう部分では期待が持てます。

次、絶対に立て直してほしいものです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です