地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

カカオトークを使ってみた。

12月 17th, 2012 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

a0001_011707

スマートフォンを購入して、比較的すぐに使い始めたアプリがLINEでした。なぜ、LINEを使ったかというと、自分が知っていたからです。世間的に知名度が高いとか、利用者が多いとかは気にしていませんでした(但し、知っていること=知名度が高い=利用者が多いになりますが)。

その後、commとかKakao Talk(カカオトーク)がテレビでもCMを打ち始め、一応どんなものか使ってみるかと思いました。LINEで特に不便を感じているわけではない人からすれば、乗り換えるのはハードルが高いと思います。これはどんなサービス・習慣においても当たり前のことではあります。

●特に不便を感じていない
●乗換手続きが面倒(ID登録とかアプリインストールとか設定とかもろもろ)

それでも使ってみようと思ったのは、後追いサービスの方が先行サービスよりも使い勝手が改善されていたり、面白い試みがなされていることもあると思ったからです。で、使ってみた感想は、個人的にはLINEでいいかなというものでした。あくまで個人的な感想ですが、

●背景の種類、スタンプの種類は沢山あるが表示が重たく感じた
●LINEは相手が読んだ場合、「既読」表示があるがKakaoには目安がない
●写真を送ったときにタイムライン上で見れるのはよかった
●アドレス帳の中で、既に利用しているユーザーは友達リストに表示される
※これは設定のせいなのかもしれませんが、相手に見えてほしくない場合もあるわけで個人的には不要

LINEも、音声通話で使っていないので音質については未体験です。ほんのちょっとしか使っていないのでアレですが、私のようなヘビーではないユーザーでさえも、他のサービスに乗り換えさせるのは至難の業というのをあらためて思い知らされました。自分たちの仕事にもそれは当然言えるわけで。どうすれば形勢を変えることができるのか。よく考えてみます。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です