地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

映画「渾身」を見ました。

1月 12th, 2013 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

今年1本目の映画は96時間リベンジになる予定だったのですが、ふと思い立って、「渾身」という映画を見ました。渾身は原作がベストセラーになっていたようですが、本のことは一切知りませんでした。

元々、この映画を知ったのは、別な映画を見たときにチラシが置いてあったのを見てです。相撲が題材?そして主演の俳優もまったく知らない人だったので、最初は日本以外のアジア映画かと思いました。テレビで何度かCMは見ましたが、さほど宣伝に力を入れていないところに余計に興味を惹かれました。

その、宣伝をしていない効果というか、見た回は自分を入れて4人しかいませんでした。そして肝心の映画はというと、「The 日本映画」という言葉がふさわしい、ど直球の日本の映画でした。元々、それはわかっていたことなのでそれについては驚きませんでした。雰囲気というか、根底にあるものは「剣岳」と似ています。特撮・CGなどは使わず、丁寧に手作りでチームで創り上げた映画。

映画評が集まる、とあるサイトでは公開前に試写会で見た人の書き込みでホシ5つが沢山並び、どうみてもステマっぽい雰囲気が否めませんでしたが、個人的にもホシ4つぐらいという感じでしたので、まずまずよかったです。

丁寧に作られていることが伝わってくる映画で、泣きそうになった場面もいくつかありました。こういう日本人だからこそ理解できる映画は、地味だろうと、古臭いと言われようとも、見る価値があるものだと思います。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です