地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

生きていること、存在していることは当たり前ではない。

1月 18th, 2013 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

昨年41歳という若さで亡くなった流通ジャーナリストの金子哲雄さんの本を読み終えました。

訃報をニュースで見たときは、あの金子さんだとは思いもせず、ただただ驚きました。人により、受止め方は様々なのは当然ですが、私自身はこの本を読んで、こんなに真面目に、常に全力で生きている方の、あまりにも早すぎる死は本当に悲しすぎまし残酷だと思いました。奥様の書かれたまえがき、あとがきを読むと夫婦というものについて考えさせられますし、何より金子さんの死生観を通して、今自分がここに存在していることの意味や、生きていられることへの感謝など、普段時間を取って考えていなかったことも、考えさせられます。

仕事については、常にグットパフォーマンスを意識していたという、まさにプロフェッショナルな生き方。最後に金子さんが綴った以下の言葉が頭から離れません。

「自分は最後まで、自分に正直に生きてきた。濃い人生だった。そのことを、誇りに思う」

自分は果たして「濃い人生」を送れているだろうか?突然、この世の中から、いなくならなければならなくなったときに、自分自身を納得させることが出来るだろうか?生きているということは、ただ時計の針を先に進めているのではなく、色々な人や物と関わりあいながら、自分自身をこの世に刻んでいくことだと、あらためて思いました。ご冥福をお祈りいたします。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です