地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日を観ました。

1月 26th, 2013 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

グリーンデスティニー(古い)のアン・リー監督によるアカデミー賞にもノミネートされている作品を観ました。原作本は以下にて。

何の予備知識もなく、ただ宣伝で映像が綺麗そうだということだけを何となくわかった上で観ました。個人的には1月に観た中では1番良かったです。詳しい内容には触れませんが、理由は以下のとおり。

●不思議な話(今まで観たことのない類の映画)、オリジナリティがある
●ぶっちゃけ虎と少年の漂流だけで2時間近く飽きずに見せる監督の力量
●物語自体は色々な風に取れるので賛否両論は必至な点

美しい映像はCGによるものではありますが、そこに何を写して、どの方向から写すかというのはセンスです。それがかなり自分の感性に響きました。今まで観たことのない映画、斬新という点において、個人的には過去に観た「ウォッチメン」や「ドクターパルナサスの鏡」といった個性的な映画にも負けないインパクトがあったと思います。まぁ、ジャンルや伝えたいことはまったく違う映画ですが。

一言でこの映画を表現するとしたら、ずばり「哲学」ですね。台詞もそうですし、トラと漂流しているときの行動や思考など考えていくと生きていくことについて考えさせられます。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です