地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

ノート型ホワイトボードのNUboard(ヌーボード)使用感について

3月 21st, 2013 | Posted by 社員Y in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話

月曜日に届いていたCANSAY ノート型ホワイトボード NUboard (新書判サイズ) NEWバージョン。今回はその使用感について個人的な意見を書きます。あくまで個人的な使用感です。

購入したのは新書判サイズ。使用目的が、とっさのメモだったのでA4だと机の上では場所を取りすぎますし、価格もA4は3000円と若干手を伸ばしにくいものでしたので、迷わず新書サイズを選びました。ブレスト的なことをするなら、A4必須でしょう。さて、以下からは写真を交えて紹介いたします。

2013032112350001

これは2ページめくったところです。1ページめくると右側のみがホワイトボードになっています。次の2ページ目は写真のように左右ともにホワイトボードです。ちなみに全部で8面(片面サイズ)あります。

2013032112350002

各ホワイトボードの間には、写真のような透明のシートが入っています。これにより、閉じたときの写りを防いでいます。但し、個人的には左右両面に渡って、絵を描いたりしたかったので、この透明シートが邪魔になっています。透明シートにも文字は書けますが、若干消した跡が残るような気がします。

2013032112360000

付属のペン先にあるイレーザーで文字を簡単に消すことができます。ホワイトボードなので当たり前ですが、若干カスのようなものが出るときがあります。消しカスまではいかないですが、微妙なカスです。

2013032112370000

個人的に最も想定外だったのが表紙と裏表紙が紙(厚紙)だったということです。いくら厚紙とはいえ、濡れればアウトかと思いますので取扱注意です。そして、裏表紙についているペン挿しは、出荷当初は簡易テープで貼られていて、個々にユーザーが両面テープなどで好きな場所に固定してくださいとあります。ユーザーの使い勝手を考えて固定していないのは、いいと思うのですが、両面テープがそもそもないので、簡易テープで貼られたまま使っています。

簡単なメモ書きに非常に便利ではあります。ペーパーレスですし。しかしながら、電話が掛かってきてメモを取るときなどは、あまり使っていません。というのも、ノック式のペンとは異なり、キャップを外さないとペンが使えないため、緊急時にキャップを外すという行為自体が面倒で、ついついペンといつものメモ帳に手が伸びてしまいます。

2013032112370001

今後、なれてくれば使いこなしていけそうです。でもまぁ、でも個人的には表紙・裏表紙が紙というのが納得いきません。せめて濡れても平気なものにしてほしかったかなと思います。個人的にですが・・・。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です