地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

明日2月1日、次号が発売になりますが。。

宣伝会議 2012年 1/15号 [雑誌]
宣伝会議 (2012-01-14)

最近定期的に購入するようになった宣伝会議ですが、最近はソーシャルをテーマにする号が多いです。今回も企業がソーシャルメディアをどのように活用することを考えているかという記事が中心でした。

総論的にはPRの一環としてソーシャルメディアに費用をかける方向性がありながらも、効果検証が目に見えにくかったり、エンゲージメント構築から一歩踏み込んだアプローチがどの企業も手探り状態なため、ソーシャルメディアを活用した広告の本当のイノベーションはまだまだこれからという感触です。逆にイノベーションを起こすチャンスはまだあるということを感じました。

今日の朝礼の話題は取締役の板倉さんのお話から。板倉さんは横浜方面に拠点を置いていらっしゃいます。去年まではお子さんと横浜ベイスターズの試合をよく観戦しに行ったそうです。しかしながら逆転負けする試合が多く、今年は違うチームを応援しようと思っていた矢先に監督やGMが変わりました。
監督は元巨人軍の中畑清氏。氏の監督就任後の行動を見て思ったそうです。

●とにかく元気がいい。
●さらにその元気を周囲に伝染させるパワーがある。

たったこれだけのことですが、現役時代から特別に思い入れがあったわけではないのにも関わらず、今年もまた応援してみるかという気持ちになったそうです。このことを自身や会社に置き換えて考えてみると・・・

●朝、出社したときに元気よく挨拶していたか?
●普段から声を出しているか?

以前から板倉さんが繰り返し言っている「声を出せ」。社内で声を出せない人間、元気のない人間が、地域を元気にできるはずなどないと言います。地域を元気にする源は、自分たちの元気から。基本の基本に立ち返って実践すべきことだとあらためて思いました。

今まで準備という準備をしていなかったのですが、ここ最近の地震の頻度を考えると、少しずつでも揃えておいたほうがいいと思い、家に元からあったものと加えてリュックに詰めておきました。何を揃えればいいか参考にしたのは、かなり前に買った以下の本から。

思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳 (青春文庫)
岩波 貴士
青春出版社
売り上げランキング: 26522

そして買い物に行ったTRIALでは、生鮮売り場の端っこでマイクを持って非常にユニークなアナウンスをする方が。例えばこんな感じ。

「2月3日は恵方巻です。今年は北西の方向を向いて食べてください。北西はJR千葉駅の方です。食べるときは話をしてはいけませんので、黙って食べてください。えー、黙って北西の方を向いて食べてください。はい。是非買って行ってください。買ってください。」

文字にすると面白さが伝わりにくい気がするのですが、上記をテンポよく繰り出してきます。そういえば以前来店したときも、思わず耳を疑うようなアナウンスを色々としていました。まぁ、プロなので当たり前ですがマイク片手に話しているところを実際に見たのですが、特に台本があるわけでもなく、よくあんなに人が耳を疑うようなことを連発できるなと感心しました。

TRIALは商品自体も他に比べて安いのでそれを目的に行くのですが、きっと次回はこのアナウンス目当てで半分は行くと思います。これもマーケティングなんですかね。

加賀シリーズは第一作目の「卒業」と「麒麟の翼」以外は読みました。泣けるミステリーという映画の宣伝と予告編の様子から「容疑者Xの献身」のような感じ?と思っていました。

麒麟の翼 (特別書き下ろし)
東野 圭吾
講談社 (2011-03-03)
売り上げランキング: 48

ミステリーのため、詳細は書きませんが、隣の人は途中から号泣していました。テレビが最初で、その作品が劇場版になったとき、最も懸念するのが「これ、実はテレビの2時間ものでも十分だったんじゃない?」ですが、本作品に関しては映画化にして正解だったと思います。新参者のドラマの後、赤い指が2時間スペシャルでテレビで放映されていましたが、今後は映画のみにしてほしいくらいです。

何といっても阿部寛さんがいいです。新参者のドラマもそうでしたが、あの巧みなヒアリングと、切り出し方などの間合いは商談時の参考になります。気になっている方はDVDを待たずにとりあえず劇場へ行ってみては?と思います。

麒麟の翼 劇場版・新参者 オフィシャル・フォトブック
マガジンハウス
売り上げランキング: 2736

今日は打合せ(提案)で都内へ。途中、電車の中からも雪が残っているところが結構あり、都内の方が降ったのか・・・とあらためて思いました。それにしても、以前よりもかなり寒くなったのは間違いないですね。以前は、この時期でもレギンスなんて穿いていませんでしたし、下着も長袖なんて身に着けていませんでした。

さて、昨日も打合せで都内、今日も都内だったのですが、どれだけ本を読んで知識を蓄えたつもりでも、こと営業トークや打合せ時の間合いなどに関しては、場数・経験を積まないとつくづく進歩しないと思いました。まぁ、それでもロープレを繰り返したりするぐらいは、一人でも出来ますので自分のトークを初心に帰って磨いていきたいと思います。

以前も触れましたが、今読んでいる以下の本。最近の営業本は「行動量をとにかく増やす」や「御用利き営業」など効率が悪いことは止めて、もっと効率的に考えて動きなさい的な本が多い気がする中、この本はとにかく行動量を増やすことありきで書かれていて、逆にそれが新鮮というか共感させられます。「営業は気合と根性だ!」的なことも平気で書いてあるのですが、それがきちんと論理的に書かれているので説得力がありますし、これを読んだら営業で行っている地道なことに迷いがなくなります。詳細はまた読了後に。

絶対達成する部下の育て方―稼ぐチームに一気に変わる新手法「予材管理」―
横山 信弘
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 155

社員Fです。

先日より、山陰で「まいぷれ」を運営してらっしゃる、アルテミスビュースカイの方が来社されています。アルテミスビュースカイでは、山陰(島根、鳥取)の特産品や名産品を取り扱っている「まいぷれ笑店」というECサイトを運営されているのですが、山陰の特産品や名産品を首都圏の飲食店でも扱ってもらおうということで営業にいらしてました。

弊社の社員向けにプレゼンテーションいただけるということでしたので拝見しました。「まいぷれ笑店」では、山陰の生産者と、首都圏の消費者を直接結びつけることで、生産者からより高い代金で買い取って、消費者にはより安価に提供しようとされているとのこと。さすがに大きなロットですと、流通業者が持つ倉庫や流通機構が必要になってきますが、小ロットであれば昨今の低温宅配便サービスを利用することで、流通業者の中抜きが実現できるわけですね。まさに地域の課題解決、地域活性化へのアプローチの一つだと感じました。

で。今回、営業のために持ってきてらっしゃった、鳥取県の網代新港で捕れた「はたはた」と「えてがれい」の一夜干しの試食をいただきました。不勉強ゆえに知らなかったんですが、鳥取県で捕れた大きなハタハタ(20cmより大きなもの)を「とろはた」ってブランドで売りだそうとしているんですね。今回、いただいた「ハタハタ」は、まさに「とろはた」でした。大きい!

「とろはた」の一夜干し。

丁寧に下ごしらえされているせいか、臭みもなく、良い塩梅の一夜干しでした。ハタハタならではの、たっぷりの脂がとても美味しかったです。真昼間だったにも関わらず、どこからか「生ビールないの?」って声が聞こえた気がするのも、なんとなく納得です。…で、この一夜干しを、私の実家に送ってもらう手続きに夢中になってしまい、うっかり写真を撮り忘れてしまったのですが、「えてがれい」の一夜干しも美味でした。さすがにハタハタほど脂は強くないのですが、それでもしっかりとした旨みがありました。ハタハタだとビールもいいですが、かれいの一夜干しは日本酒ですね。

このエントリーでご紹介した「とろはた」や「えてがれい」の一夜干しに興味がある方は、「まいぷれ笑店」までお問い合わせを!

社員Fさんこと、藤澤さんにお借りした話題の本です。

情報の呼吸法 (アイデアインク)
津田 大介
朝日出版社
売り上げランキング: 19

はじめに
第1章 情報は行動を引き起こすためにある
第2章 情報は「人」をチャンネルにして取り込む
第3章 情報は発信しなければ、得るものはない
第4章 ソーシャルキャピタルの時代がやってくる
おわりに

新書サイズ。表紙の淡いブルーが美しい本で、書店で見かけた方はご存知かと思いますが、全ページがこの淡いブルーで統一されています。そのせいか、いい意味でペーパーバックのような印象も。

この本は「ソーシャルメディアに溢れる情報とどのように接し、それをどのように自分の行動に結び付けていけばいいか」をテーマに、著者の津田氏が実践していることを、あくまで読者の参考程度に押し付けることなく書かれたものです。

以前読んだ「明日のコミュニケーション」と似たような読後感で非常に読みやすいです。「明日のコミュニケーション」は広告と消費者の関係やソーシャルメディアを「媒体」という観点から紹介していましたが、こちらはあくまでソーシャルメディアを個人の行動に生かすツールという観点で書かれています。

メインはTwitterでの体験が多いように思いましたが、これを読んで情報を得る手段としてのTwitterの活用方法を見直してみようと思いました。「明日のコミュニケーション」のときにも感じましたが、やはり実際に行動を起こしてみないと、ソーシャルメディアの本当の魅力や力は理解できないですね。