地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

マインドマップです。easy stepさんのサイトで描かせていただいたものです。WEB上でクリックして簡単に描けるので、非常に重宝します。しかしながら、なぜか実際に手で描いたときよりも、頭の中に落ちていないような。

このツールを使って下描きをして、その上から手描きでイメージをふくらませていく使い方を試してみようと思います。いやー、本当に綺麗に描けるのでいいです。

社員Fです。

今、弊社はオフィスの増床準備中ですので、広大な空き空間が広がっています。そこで、すごい会議をしている人たちがいましたので、写真を撮ってみました。

FLN的すごい会議風景 その1

いろんなブログで、都内のIT系の会社のオフィス環境を見る度にすごいなぁと思うわけですが、西船橋の弊社も負けていません。

会議室という枠組み、それも、会議室にお馴染みの椅子や机、ホワイトボードなどの備品などを廃し、ただの空虚な空間、言い換えるならば、エア会議室とも言える空間で、車座になって会議を行います。一見すると、人が集まって話し合いをするという会議の概念が誕生した頃の原始的な会議環境に立ち戻ったように見えますが、これこそ、Back to the Basics。これぞ、FLN的すごい会議です!

FLN的すごい会議風景 その2

結局、オフィスの端っこで何か話してたので、具体的に何話していたかはわかりませんので、世の中的な文脈での「すごい会議」であったかどうかは定かではありません、あしからず(汗)

…ネタがないからって無理にエントリーを書こうとするとこんな記事になっちゃうんですね(汗)

本来は「沢山の人に見てもらうために面白い記事を書こう」と思うべきなんでしょうが、「検索エンジンで沢山の人を確保するために記事を書こう」という流れが出来たのはいつ頃からでしょう。まったく意識していないといえばウソになりますが、個人的にはさほど意識はしていないものの、やはり今日書いた記事、最新記事よりも検索エンジンからの流入が多い過去記事の方が多くなる(いわばロングテールというものですが)のは、ちょっとがっかりな気がします。

とはいえ、今日書いている記事や明日書く記事が、未来のロングテールになる可能性はあります(と信じたい)。今月も目標まで山頂も見えない位置にいますが、今日書いた記事でバズるというか、いきなりページビューを稼ぐというのは、他の媒体やメディアにでも取り上げられなければ難しいことを考えると、今月のブログのアクセス目標(6,000PV)も未達に終わってしまいそうです。

監督としては3作目となるベンアフレック監督・主演の「アルゴ」を土曜日に観て来ました。

TVCMは頻繁に流れていましたし、チケットショップにも券が流れていなかったことから、かなりの混雑を予想していましたが、地元の映画館は20人ほどでした。しかしながら、地元の集客数に反比例して、映画自体はとても素晴らしい作品でした。

実話というのに驚かされますが、とにかく最初から最後まで緊張感がとぎれない映画です。こういう作品をエンターテインメントとして仕上げてしまうあたり、ハリウッドは凄いなぁ、、と思います。内容の細かい部分には触れませんが、エンドロールでは実際の人物と映画の人物の写真が並べられるのですが、よくまぁここまで似せたなぁというくらい当時の方々にそっくりです。

題材の取り上げ方、映画の色、演出。真似という意味ではなく、クリントイーストウッド作品に近いものを感じました。間違いなく、巨匠の後を継ぐ才能を持っていると思います。今後の作品にも期待しています!

週末に現オフィスと隣の空き室の壁が取り払われ、オフィスと空き室が貫通しました。その写真が1枚目。そして、今週末には会議室やら、机・椅子の搬入により埋まってしまうであろうスペースを貸切状態で独占してのミーティングの模様が2枚目です。

まさに、これは今しか出来ないことの一つです。そういったことを徹底的にやるというのがモットーです。決して孤立しているわけではありません。(^^;

人数も増えてオフィスがかなり狭くなってきました。というわけで11月中旬から少し広くなる予定です。隣のオフィスがお引越しされたので、現在そこを改装中(?)です。オフィスが広くなるのは嬉しいことですが、喜んでばかりはいられません。なぜなら、オフィスが広くなるということは、出ていくものが今よりも増えるわけで。その分はしっかり取り返さなければなりません。いえ、それ以上のものを取り返さなければ・・・。

というわけで、色々と新しい試みも進んでいます。我らがセールスプロモーションチームでは、本日は企業様への突撃訪問をさせていただきました。またの名を飛び込みです。テレアポもそうなのですが、最初の一歩のアウェー感というか、緊張感がたまりません。その一歩を踏み出してしまえば、後は使命感というか、情熱というか。そういう物に突き動かされているだけです。

なので、予定していたことが終わると、充実感もありますし、同時に課題も見つかります。オフィス内で思考をめぐらす時間も必要ですし、このように外に出てダイレクトに反響を見るのも必要です。充実感を得て課題を見つけて終わりではなく、結果につながるように次の一歩に向けて動きます。

先日、たまたま東京駅で降りる機会がありました。改修工事を終えた丸の内駅舎には、天井に向けてシャッターを押す人が沢山いらっしゃいました。以前は東京駅の丸の内口に降りても、正面に大きな郵便局があるだけで、ほとんど商業施設らしいものはありませんでした。それが今から10年前に丸ビルが開業し、新丸ビル、オアゾと商業施設が次々開業してから変わりました。そんな中、郵便局跡地に建設された高層ビルJPタワーが完成し、来年3月には商業施設もオープンするとのニュースが今朝の日本経済新聞ほかで出ていました。

名前は切手に掛けて「KITTE」。どんな商業施設が入るかは発表されていませんが、98店舗とのことで丸ビルの140店舗に比べると若干少ないものの、東京駅近辺のショッピングゾーンにまたひとつ、新たな名所が誕生することで多数の観光客が訪れることになるでしょう。WEBサイトは既に公開されていますので、今後の動向が楽しみです。

KITTE公式サイト