地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

FLN事業開発部社員YSです。
FLN事業開発部は全国にまいぷれを広く・早く・深く根付かせることをミッションとしています。まいぷれを各地に広めることは、地域情報の流通を促すことを目的としています。
それゆえ、弊社が構築を目指す地域情報プラットフォームと、最近官公庁・地方自治体で叫ばれている「地域情報化」とは、切っても切れない関係にあるかと思います。今回はそんなことをエントリーしてみます。

私が考える地域情報化とは『地域にあるさまざまな情報を、最適なメディアで取得できる環境がどれだけ整備されているか』表す言葉だと思います。

地域情報と一口に言っても、飲食店などお店の情報やイベント情報、サークル団体・NPOの情報、自治体が発信している行政など、実に様々です。それらを抽象するなら、自宅や会社から数百m歩いた先の街角で起きているモノ・コトの全部だと思います。それゆえ、スーパーマーケットの特売情報も、近所のゲートボール大会の試合結果も、地域で起きていることはすべからく地域情報であると言えます。

地域情報は従来、地域新聞や折込チラシ、回覧板、電柱広告、会報誌などのメディアで情報伝達されています。様々なメディアがあるなかで、インターネットとともに携帯電話・PC・スマートフォンが登場しメディアの機能的住み分けが始まりました。そして必然と、必要な時、必要な場所で、必要な量の情報を容易に取得できるメディアが求められるようになりました。
そこで、各メディアが持つ情報が集約され各配信機能も包括している、ワンストップのプラットフォームメディアが、昨今求められていると思います。

まいぷれが目指している地域情報プラットフォームでは、地域情報を幅広く集め、様々なメディアをもって情報を配信しています。まいぷれはWebサイトだけではなく、提携している他のWebメディアや、デジタルテレビのデータ放送枠・デジタルサイネージに地域情報を配信したり、冊子や折込チラシ、地域イベントでも情報をお届けしています。それによって、あらゆる地域の方々にとって「まいぷれ」だけで地域情報を手軽に取得できる環境の整備を推進しています。

地域情報プラットフォーム「まいぷれ」は、今後さらに情報の流入・配信を大きくし、地域情報のインフラを担いたいと考えています。これは1社だけで実現させるには難しく、地域の方々や団体、企業・自治体の協力が必要です。地域のあらゆる方と地域活性化を目指してさらにこの事業を発展させていきたいです。

…なんて固い感じのことを年の瀬にさらっと書きましたが、皆様よいお年を!

まいぷれFC運営パートナー募集についてのお問い合わせは、こちらから

いまさらながら気づいたのですが、2012の日記帳で愛用している赤いモレスキンと2013で利用する黒いモレスキンでは若干仕様が異なっていました。赤いモレスキンの2013は見ていないのでわかりませんが。

image

image

表紙裏に黒いモレスキンはメールアドレスがありません。

image

カレンダーが赤は一ページ一ヶ月だったのに対し黒は一ページに二ヶ月で表示も異なります。

image

そして最後の無地ページが赤のほうが多く、黒はカレンダーに貼れるシールがついていませんでした。

日記帳としては何の支障もないことですが、購入を検討されている方の参考

私ごとで恐縮ですが去る12月24日に以下のことを決めていました。

・12月30日に臼井に行く。
・その際、夜は地元でも美味しいと評判の老舗「喜楽(中華料理)」に行く。

喜楽は地元では50年以上も営業を続けている、まさに地元密着の愛されているお店。実際に美味しいので50年以上も続いているのだと思います。喜楽には、実は過去に1回しか行ったことがないのですが、そのときに食べた天津丼や餃子がとても美味しく、その後も臼井に行くたびに、食べに行くチャンスをうかがってはいたのですが、まぁ、地元密着のお店だし、いつでも行けるかぁという思いが私自身にもありました。

ところが12月25日に、船橋ではたらく社長のブログを拝見し、何と行くことを決めた12月30日に喜楽が閉店するとのことを知り愕然としました。これは絶対に行かねば。

というわけで本日、50年の歴史に幕をおろすという喜楽に行ってきました。ランチの後、午後5時まで休憩とのことで、午後5時過ぎに行ったのですがほぼ満席。やはり最後の日ということで、沢山のファンの方々が詰め掛けていたのでしょう。おすすめの肉そばや餃子、チャーハン、中華丼、麻婆豆腐、かたやきそばんど、行った人数の割りには尋常ではない数の料理を注文し、すべて完食して帰ってきました。

中華丼にはスープとお新香のほか、冷奴までついていたりして。とにかくおなか一杯です。が、本当にどの料理も美味しく、もっと早く何度も通えばよかったと後悔しつつお店を後にしました。このような街の名店がなくなるのは寂しい限りです。最後に写真でご紹介いたします。

お店の外観です。

お店の外観です。

とにかく混雑。

とにかく混雑。

これが自慢の肉そば。とろみが最高!

これが自慢の肉そば。とろみが最高!

中華丼はシンプルながら深みのある塩味。

中華丼はシンプルながら深みのある塩味。

餃子は家庭料理のような素朴な味でとにかく美味しい!

餃子は家庭料理のような素朴な味でとにかく美味しい!

昨日、フューチャーリンクネットワーク社内で行われた納会の模様をいくつかの写真でご紹介いたします。

仕事の手を休めてひとまず会議室に集合しました。

仕事の手を休めてひとまず会議室に集合しました。

金井さん、鶴谷さんが中心となって納会をまとめてくださいました。

金井さん、鶴谷さんが中心となって納会をまとめてくださいました。

納会中にデスクに戻ると何やら天井にお飾りが。

納会中にデスクに戻ると何やら天井にお飾りが。

小林様、金井様、営業の目標達成者の席の上に祝いのボードが貼られていました。

小林様、金井様、営業の目標達成者の席の上に祝いのボードが貼られていました。

社内にいてもなかなかつかまらず、用事があってもなかなか話せないN川さんも今は話せそうな雰囲気(でも、忙しそうですが)。

社内にいてもなかなかつかまらず、用事があってもなかなか話せないN川さんも今は話せそうな雰囲気(でも、忙しそうですが)。

二人が調整しているものは果たして??

二人が調整しているものは果たして??

非常に残念なことですが、営業の山崎さんがこの日を持ってFLNから別のステージへ進むことになりました。

非常に残念なことですが、営業の山崎さんがこの日を持ってFLNから別のステージへ進むことになりました。

鶴谷さんが司会で始まった、毎年恒例のFLNの一年を振り返るOYAKATA MOVIEの始まり。

鶴谷さんが司会で始まった、毎年恒例のFLNの一年を振り返るOYAKATA MOVIEの始まり。

上映後に藤澤監督より解説がありました。

上映後に藤澤監督より解説がありました。

そんなわけで今年もOYAKATA MOVIE(上映時間約30分)を観て、仕事納めとなりました。今年というか、今年・来年の区別なく、常に前進あるのみで、これからもいきます。

昨日で2012年の仕事納めとなったフューチャーリンクネットワーク。昨夜は社内で仕事をしつつ、納会が開催されました。納会の模様は後程お届けいたしますが、今日は朝から毎年恒例の卸売市場へ行ってきました。

カニなどはネットで購入してあるのですが、お刺身やお刺身やお刺身など…考えてみると刺身しか購入していませんが、滅多に行かないので鮮度の高そうなものを目で選びつつ、購入しています。以下、簡単に写真でその雰囲気をご紹介いたします。

DSC_0104-1

DSC_0092-1

DSC_0097-1

DSC_0114

a1180_005375

今朝起きたら、突然テレビで松井選手の引退記者会見が流れてきました。熱烈な野球ファンではありませんが、人として尊敬できる人物でした。あの会見を見て「引き際を自分で決めれる人はかっこいい」と思いましたし、「引き際について人がとやかく言うものではない」とも思いました。

スポーツに限らず、ビジネスの場、それこそ人生においても、最も輝ける「全盛期」というのは確かにあると思います。全盛期というものが「ピーク」だとしたら、そのピークに向かって挑戦できるうちは、引く必要はないと個人的には思います。そして、それは周りが「いくらやっても無駄だからやめちまえ!」と決めるのではなく、挑戦できなくなったと感じたときにその本人が決めることだと思います。

松井選手が会見の中で「最も印象に残っていることは?」と聞かれたときに、「長島監督と素振りをしたこと」と応えたのは松井選手がいつまでも原点・基本を忘れずにいたことを深く印象付けてくれました。私なら、表舞台で活躍していたときのことを真っ先に言ってしまいそうです(^^;

人はこうあるべきというのを見せられた会見でもありました。これからのご活躍をお祈りしております。

2011年の7月から2012年12月まで活躍してくれたモレスキンの18ヵ月ダイアリーに続き、2013年(正確には2012年12月3週目から)はトラベラーズノートをメインの手帳で使っています。あまりそのようなサイトを見かけないので、ひょっとしてビジネス向きではないのか?という検証もしつつ、使用感について書きたいと思います。

2012122709030000

トラベラーズノートにしようと思ったきっかけは、この皮の質感でした。値段も3000円以内ですしコストパフォーマンスにも優れていると思います。かばんに忍ばせたときに出来る薄い傷も、使い込んだ証・味になっていくことでしょう。今後使い込んでいったときにどのような色になっていくのかも楽しみです。

2012122709040002

購入した初期状態では、写真右の無地ノートが1冊ついていました。左のオレンジ色の表紙のノートは別売りの2013年ダイアリーです。このように、オプションで追加することができるのがこの手帳の自由さ、柔軟性、魅力かと思います。

2012122709050001

2つのノートは、あらかじめトラベラーズノート本体に付属しているゴムに引っ掛けているだけです。購入パッケージでは、2冊まで。3冊目を追加したい場合には、別売りの紐が必要になります。手帳として持ったときの厚みは、もう1冊挟んでもいいかなと思いますが、使用用途を考えると個人的には2冊で充分でした。

2012122709040001

2013年ダイアリーはバーチカル見開きという商品を購入しました。これは、1月から6月で1冊、残り半年で1冊の2冊で1800円と若干お値段は高めでしたが、万年筆のインクが裏写りしないので個人的には良いと思います。

2012122709040000

さらにページをめくると1週間単位の時系列(7時~23時)が月曜始まりで現れます。トラベラーズノート=旅行用と考えると、土日が平日よりもスペースが少ない(AM/PMしかない)のは若干??な気もしますが、スケジュール帳と考えると平日メインな作りは仕方ないのかもしれません。ビジネスで使う分には、申し分無しです。

2012122709050000

ダイアリーの後に挟んでいる無地ノートは、最初からパッケージに含まれていたものです。個人的にはモレスキンで使っていた方眼が使いやすかったので、既にオプションで方眼のノート(315円)を購入済で、無地ノートが終わったら差し替える予定です。

2012122709060000

トラベラーズノートで検索すると、ユーザーのさまざまなカスタマイズを見ることができます。とはいえ、物凄いカスタマイズを施したいわけでもなかったので、簡単にできるゴムバンドのアクセサリーと、しおりにつけるアクセサリー(チャーム)のみ、良さそうなものを探してつけています。ゴムバンドにはカメラを、チャームはエッフェル塔をつけています。いずれもユザワヤで購入しました。

2012122709060001

というわけで今のところ特に問題なく、普通にビジネス手帳として使っています。元々、デザインや質感が気に入って購入したものなので、満足度は高いです。使っていくうちに、何か発見したらまたご紹介いたします。