地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

社員Fです。

唐突にまいぷれのコンテンツの紹介をさせていただきます。1月も下旬になって、吹きすさぶ風もほんの少しずつ春めいてきたような気がしませんか。で、春といえば、イチゴ狩りの季節です(断言)。

千葉県は首都圏にありながら、屈指の農林水産県ですので、イチゴ農園も数多くあって、イチゴ狩りを楽しむことが出来ます。これからの季節、イチゴ農園に出かけてイチゴ狩りというのもなかなか楽しいのではないでしょうか。

…というわけで、きっと千葉県にある、イチゴ狩りができるイチゴ農園の情報は多くの人が見たいと思っているに違いない!と思ってまとめようとしたんですが、さすがは千葉県、数が多すぎて大変でした(汗)とりあえず調べられるだけのイチゴ農園をまとめたコンテンツを公開しました(かなり、山武市に偏っているのは…ご愛敬と言うことで…)

「イチゴ狩りに行こう!」
143644.banner_1

社員Fです。

いきなりですが、船橋のプロバスケットボールチームと言えば、「千葉ジェッツ」ですよね。千葉ジェッツといえば、去年の今頃には、個人的に試合を観戦させていただきましたし、昨年の夏頃にはジェッツの選手にオフィス訪問していただきました。そして、まいぷれには「GO!GO! 千葉ジェッツ」ってコンテンツもあります。…と行った具合に、千葉ジェッツのみなさんには、色々とお世話になっています。

そして、今日。

さきほど、仕事の合間に休憩のためにジュースを買いに行こうとオフィスを歩いていたら、柱にジェッツの新しいポスターが貼ってありました。どうやら、「GO!GO!千葉ジェッツ」でお世話になっている社員Mが新しいポスターをもらってきたようです(…少し斜めに貼っちゃったのは社員Yなんですが…)

jets_poster

実は、この柱の隣の面には、昨年、宮永雄太選手と上江田勇樹選手のサイン入りポスターが貼ってありますので、弊社にはジェッツポスター専用柱というのが存在している状況です(笑)

さてさて、みなさま。3月29日、30日と、4月19日、4月20日には船橋アリーナのホームゲームが控えているそうですよ。あと、2月7日、8日の墨田区総合体育館と、2月15日、26日の浦安市運動公園総合体育館も、そんなに船橋から遠くないですので(なぜか船橋の方が見てる前提)、お誘い合わせの上、千葉ジェッツの応援に出かけてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、千葉ジェッツの詳しい試合日程はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

毎年節分の夜には、社内で豆まきが行われます。
今年で5回目くらいになるでしょうか。

基本として、年男や年女が鬼に向かって豆をまきます。
まく側は干支によって変わりますが、鬼役はなぜか毎年変わりません。「痛く投げられるのが好き」と鬼が言っていたという話も聞いています。

さて、節分といえば、その年の厄除けを願い、「歳の数だけ豆を食べる」と言われていますが、だんだん歳を重ねてくると、数だけ食べるのがつらくなってきたり…しますよね。

でも、厄を避けるために胃がもたれるほど豆を食べるというのもどうなんでしょう。歯が弱ってきたら厄を一気に引き受けなくちゃいけないってこと!?

いやいや、ちゃんと方法はあるのですよ。

豆を食べられない。
そんなときには福茶に豆を入れて飲み、厄除けを願うという方法があるのをご存知ですか?

関西の地域では、新年に、梅や昆布を入れた「大福茶(おおぶくちゃ)」を飲み、その年の悪気を払うという風習があります。
節分にはそこに豆を3粒入れて「福茶」として飲むと、年の数だけ豆が食べられなくても、同様に厄除けができると言われています。福豆3粒、梅干し1個、塩昆布少々に熱湯を注ぎ、飲みます。

香ばしい梅こんぶ茶、という感じですね。

私も今年からは福茶にしようと思います。
もう歳の数食べるのは…

 

DSCF3168

上は2009年の豆まき開始の写真。

この頃から鬼はこの2人と決まっています(特に本人の承諾はありません)。

今年もきっと活躍してくれることでしょう。

お面募集中!

以前、ニイカワポータルの三井社長におすすめいただいた以下の本に掲載されているエンパシーチャートを活用した研修を中川さん・遠藤さんが中心となり、まいぷれ編集部メンバーで行っていただきました。

このエンパシーチャートは、あるテーマに沿ってポジティブな面、ネガティブな面などを洗い出し、それをカテゴライズするなどして頭の中を整理していくものです。今回は、まいぷれの掲載に至るまでについてをやりました。

DSC_1579

DSC_1588

ひとりの力は、やはりひとりの力。メンバー全員が意見を出し合うと、強いものが生まれます。頭を整理するだけではなく、同じ方向を向いて仕事をするという意思疎通を図るのにも長けた方法でした。

これを今後どう活かしていくかはしっかり考えたいです。

今回は新書本からの紹介です。著者の丹羽宇一郎氏は伊藤忠商事の社長を6年務めた方です。1999年に約4000億円に上る不良資産の一括処理に成功し、翌2000年度の決算では史上最高益を計上した手腕を持つ経営者です。

本書を読んでみての感想は、とにかく地道に当たり前のことを実行するということにつきると思います。人間とは何ぞや?を学び、人間力を磨き続けるという姿勢は、稲盛和夫氏の「生きる」にも通じる教訓のように思いました。

リーダーまたは上司という立場の人間の心構えを再認識させられました。リーダーの入門書というよりは、既にリーダーや上司という立場の人が読み返す本のように思います。今日のある方は是非手に取ってみてください。

社員Fです。

このエントリーが、私の2014年の初エントリーです。相変わらずの駄エントリーばかりで恐縮ですが、今年もどうぞよろしく御願いいたします。

さて、弊社では新卒採用を行っています。説明会は都内の会議室を借りて行っていますが、1次面接は西船橋の本社で実施していますので、今、弊社のエントランスにはこんな紙が貼ってあります。そして、リクルートスーツを着込んだ学生さんにお越し頂いています(いやはや、西船橋くんだりまでお越し頂いて申し訳ないです)

新卒採用やってます。

そういえば、2,3年前の新卒採用の面接のために、リクルートスーツを着て面接に来ていた元学生と一緒に働いていると思うと、なかなか感慨深いものがありますが、”情報”を扱うビジネスを営む弊社は人材がすべてです。優秀な若者に入社してもらえることを期待してやみません。

ちなみに。1次面接が始まってはいますが、まだまだ説明会の日程も残っていますので、もし、弊社に興味を持って頂いた方は、リクナビに掲載しているフューチャーリンクネットワークのページを覗いてみてください。

w160_entry4

早いもので年末年始のお休みも、カレンダー通りの方にとっては明日で終わりです。先日、ボールペンを紛失し、新しく購入した話しを書きましたが、そのボールペンと同じブランドというかメーカーのペンケースも購入してみました。

DSC_1547~01

2年ほど使っていたペンケースはかなり重宝していました。スペース的に余裕があり、かなり色々なものが入りましたので、ICレコーダーなどの持ち運びにも便利でした。以前使っていたのはペン立てにもなる以下のペンケースです。

1点だけ個人的に難を挙げるとするなら、中に入れたペンがゴロゴロしてしまうことでしょうか。ボールペンはいいのですが、万年筆などは上下に揺られてしまうとインクがペン先に溜まってしまうことがあり、ふたをあけてみるとかなり汚れていたりしました。入れ方も悪かったのかもしれませんが、スケルトンの万年筆などは揺られすぎて他に入れているペンとぶつかり合い、若干ボディに細かい傷が入ったりしているのも気になっていました。そんなわけで、ペンケースの中で動かないように固定できるものがほしくなりました。

今回購入したペンケースはペンを収める仕切りもありますので、以前のように揺られることもなさそうです。仕事始めのモチベーションをあげるために、新しい文具を使うというのも手段のひとつとしてはアリだと思います。勿論、文具がなくたってモチベーションや仕事の質は高くありたいものですが・・・(^^;

ちなみに購入したのはブラウンですが、他にブラックとホワイトがあります。興味のある方はチェックしてみてください。