地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

社員Fです。

いやー、御盆は過ぎたとはいえ夏ですね。暑いですね。暑い夏にはやっぱり素麺!ということで、先日、社内で”流し素麺”を敢行しました。(さらっと書くようなことではないんですけどもさん…)

その模様は「編集長、私に1000円ください。」の「1000円で流しそうめんをしました!」にまとめられています。何をやったのかの詳細はどうぞ「編集長、私に1000円ください。」をご覧ください。いくら昼休みだからといって、”流し素麺”を挙行できるのは船橋広しといえども、弊社くらいでしょうね!

えー、というわけで、「編集長、私に1000円ください。」のロケ現場(といっても弊社のオフィスなんですけど)で撮影した、おまけ写真をいくつかご紹介します。

まずは、流すための素麺はどう準備されたかということなんですが、社員Nさんがご自宅で茹でてきてくださいました。プラダンから素麺まで、「1000円で流しそうめんをしました!」は、社員Nさんの周到な準備なくしては成立しない企画でした。

社員Nさんがご自宅で茹でて持ってきてくれた素麺。

社員Nさんがご自宅で茹でて持ってきてくれた素麺。

白昼堂々と”流し素麺”を実行してしまう弊社ですので、どことなく「普通に素麺を流してもしょうがない」というコンセプトが共通認識としてありまして、とにかく、いろんなものがプラダンの上を流れて行きました。まずはチーズ。一見すると、素麺のようですが、実は裂けるチーズです。

太い素麺かと思いきや…さけるチーズ

太い素麺かと思いきや…さけるチーズ

次にご紹介するのは、「かにかま」です。裂けるチーズと極めて酷似した形状ですので、「ま、きっと流れるだろう」ということで。素麺と絡められた「かにかま」からどうぞ。

素麺と絡んだ「かにかま」

素麺と絡んだ「かにかま」

そして、流す水が不足していたのか、ちょっと流れ残る「かにかま」の様子です。かにかまの摩擦係数はやはり素麺よりは高いのでしょうか…。

流れ残りの「かにかま」

流れ残りの「かにかま」

ここまで来ると横暴のようにも見えなくもないですが、一応、「魚肉ソーセージ」も流されるべくプラダンの上に乗っかりましたが、さすがに縦置き(?)ではなかなか流れて行きませんでした…(汗)

やはり、流れない「魚肉ソーセージ」

やはり、流れない「魚肉ソーセージ」

あと、ちいさなカップ入りゼリー。豪快に勢いよく流れて行ったのはよかったんですが、なかなか箸でキャッチすることができず、ゼリーがザルに溜まっていました(汗)このザルからのゼリーのサルベージが結構難しくて、箸で引っ張り上げてはゼリーが崩れて難航していました(汗)あ、ザルには刺身こんにゃくも混じってますね(汗)

プラダンを流れ終わって、ザルで一息つくゼリー

プラダンを流れ終わって、ザルで一息つくゼリー

これは流したわけではありませんが、「流し素麺」を1回の食事として成立させようとしたときに、なんとなく欠けていると感じるのは、そう、おかずです。というわけで、近所のスーパーでてんぷらを購入してくる猛者がいたことも付け加えておきます。

流し素麺のおかずにてんぷら。

流し素麺のおかずにてんぷら。

上記のこれらの写真は「昼の部」の写真でした。営業に出ていて「昼の部」に参加出来なかった皆さん向けに「夜の部」も行われました。そして、「昼の部」と「夜の部」の間、打ち合わせ宅の上にプラダンの流し素麺マシン(?)がずっと鎮座していたのは、弊社らしい光景でした(笑)

社員Fです。

先日、ご紹介した「まいぽん」に関する続報です。新しいお知らせは以下の2点です。

  • 「まいぽん」がブラウザで見られるようになりました!
  • 「まいぽん」の配布場所を(もう少し細かく)お知らせしています!

詳しいことは、まいぷれ船橋版に特設された”地域情報マガジン船橋版「まいポん」“のページをご覧ください(下のバナーを踏んでいただいても飛べます)

特設ページの真ん中のあたりに、ネットで「まいぽん」をブラウザで読めるページへのリンクがあります。また、「まいぽん」が置いてある場所については、ページの下の方でご紹介しています。

社員Fです。

突然ですが、「まいポん」が刷り上がりました!船橋市近郊のイオン各店と、まいぷれポイント加盟店の店頭に置いてありますので、どうぞ手にとってご覧ください。

「まいポん」はこんな感じの表紙です。

「まいポん」はこんな感じの表紙です。

あ、ちょっと雑でしたか(汗)

「まいポん」は、地域情報サイト「まいぷれ」と、地元で貯めて地元で使える、地域共通ポイント「まいぷれポイント」、イオンの電子マネー「WAON」の連携から生まれた、地元の情報を紹介するフリーペーパーです。まいぷれポイントを展開している船橋と山陰、それぞれのエリア向けに2種類制作しましたが、上で紹介したのは船橋版になります。

イオンの店頭では、大きなラックに収められていますが、まいぷれポイントの加盟店ではこんな感じのラックに収められて並んでいるはずです。

ラックに収まった「まいポん」

ラックに収まった「まいポん」

「まいポん」では、地元船橋に密着した特集を組んでいて、創刊号では「唄え!小松菜」というタイトルの特集です。船橋の地元の食材である小松菜にスポットをあてて、西船橋の小松菜農家さんのインタビューや、小松菜を使った料理の紹介をしています。手前味噌で恐縮ですが、この特集はなかなかクオリティも高くて、おもしろいですよ(笑)

雰囲気だけ「まいポん」の中身をちらっとお見せしますと、こんな感じです。

ちらっと「まいポん」

ちらっと「まいポん」

冒頭でも書いちゃったことですけれども、「まいポん」は、船橋市内のイオン各店と、まいぷれポイント加盟店の店頭に置いてありますので、どうぞ手にとってご覧くださいませ!

社員Fです。

先日、弊社の社長と、若手社員が社内で何かこそこそやってたんですが(汗)、どうやら、千葉テレビの番組「東国原英夫のそのまんまでは通しません!」に出演する準備をしていたようです。いつの間にか収録も終えていて、その模様が今週の土曜日(8月9日)の21時から放映されるようです。弊社からのお知らせはこちらに掲載してあります。

チバテレ「東国原英夫のそのまんまでは通しません!」に出演します:
http://www.futurelink.co.jp/news/140805_nr.html

追記:下記の画像をクリックすると、番組のWebサイトの弊社社長と社員が出演した模様がご覧いただけるページに飛びます。
higashi

「東国原英夫のそのまんまでは通しません!」という番組は、東国原さんに出演企業の社員がプレゼンをして、ジャッジをしてもらうというバラエティ番組です。どうやら、地域情報サイト「まいぷれ」と、最近、リリースしたiOSアプリの「まいぷれHeadline」のプレゼンを行ったらしいのですが、果たして弊社社長と社員によるプレゼンは東国原さんに通していただけるのでしょうか!

どうぞご覧ください。