地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

広報担当の社員Zです。

明日、2016年になって初めての船橋漁港の朝市が開催されます。船橋漁港で水揚げされた新鮮な魚介類をはじめ、船橋産の農産物・加工物などを楽しめる大人気の朝市ですが、12月・1月は開催をお休みするため、実に2ヶ月ぶりに行われるんですよ!

日時:2016年2月20日(土) 9:00~11:00
場所:船橋漁港

DSC01899

昨年11月の漁港での「まいぷれ」ブース

弊社のブースでも恒例の「まいぷれポイント」プレゼントと、今回は幻想堂かふぇさんのジャークチキンのサンドイッチ販売を行います。船橋市内でも珍しいジャークチキンですが、なんと朝市限定のメニューなんです。また、もちろん来場していただくと船橋市内の加盟店で100円として使えるポイントをプレゼントします。実は来場だけでなく、「ひらの農園」さんの小松菜や、「かねはち水産」のホンビノス貝などをご購入でもポイントを貯めることができるので、ぜひ、お買い物をしてから「まいぷれ」ブースにお立ち寄りくださいね。

ポイントといえば、2月17日付の日経新聞朝刊にて、Tポイントが1日8000歩以上、早歩きなどの運動を20分以上つづけると1ポイント貯まるというサービスが始まることが発表されましたね。今後「健康」をキーワードにポイントを交えた施策が増えていくのではないかと予測されます。

「まいぷれポイント」も、漁港の朝市のようなイベントはもちろん、ボランティアへの参加など幅広い活用が可能なしくみを使っておりますので、今後もさまざまなかたちで皆様の生活のお役に立てるよう邁進します!

FLN広報担当の社員Zです。

神戸市のホームページがリニューアルし、大胆でありながら利用者に寄り添ったかたちのデザインが話題になりました。このように市民の方々のために、さまざまなことを良くしようとしている地方公共団体は多く、弊社もいろいろなかたちでお取引させていただいております。千葉県の習志野市もそのひとつで、『まいぷれ習志野市』は習志野市と締結して情報を発信しています。

そんな中で、今回習志野市が計画をすすめている『公共施設再生計画』について市民の方々によりわかりやすく伝えるべく、Webコンテンツの制作を弊社が担当させていただきました。現在、『まいぷれ習志野市』上で制作したコンテンツの公開が始まっています。

よくわかる『公共施設再生計画』 - まいぷれ習志野市

習志野1

字面とイラストのギャップがポイントです

その名も“よくわかる『公共施設再生計画』”。まいぷれ先生がわかりやすく公共施設再生計画のポイントをお届けします。“公共施設再生計画”といわれると「堅苦しくて難しい計画なのかな」と思われてしまうかもしれませんが、「地域のために必要な施策なんだ」ということを知ってもらえるように、丁寧でわかりやすい記事を作成しました。また、『まいぷれ』の中にあることによって習志野のお店やイベントなどの情報を探しにきたユーザーの方の目にもとまることになるので、誰もが楽しく読める記事でなくてはいけません。そのため文章は少しやわらかく、イラストや図をつかい、親しみのあるコンテンツを意識して制作しました。

習志野3

中身をちょこっと紹介。手前味噌ながら勉強になります。

習志野市の公式ホームページにも、リンクが貼られています(習志野市 よくわかる「公共施設再生計画」)。いまは第2回までの公開となっていますが、これから順次公開を進めていきますので、ぜひご覧になっていただければ嬉しいです。より多くの方々にこの計画のことを知っていただけるよう、いっそう活動に力をいれてまいります!

FLN広報担当の社員Zです。

本日2月3日は節分ですね。イベント事を大事にしている弊社としては一昨年昨年も社内で鬼退治を行いました。

DSC01719

今年の鬼です。

本来は2月3日が節分当日でありますが、週中日で弊社の出張部隊が参加できないということで、ちょっとフライングして2月1日(月)に行いました。今年は年男・年女が比較的多い年ということもあってか、大いに盛り上がりました。ちなみに鬼を務めてくれた社員Nも年男でしたが、新人を代表して鬼になってくれました。

DSC01722

千葉の名産・落花生をまきます!

ちなみに弊社の豆まきは落花生と大豆、どちらもまきます。社員Zは特に違和感を覚えなかったのですが、大豆をまくのが一般的なようですね。社内でまくということもあるので、後掃除のしやすさがいちばん!という裏事情もあります。ちなみに大豆はパックに入ったものをそのまま投げます。あたると結構痛いです。

DSC01729

鬼はー、そとー!

ということで、2016年も無事に鬼退治が完了しました。もちろん投げた豆はスタッフみんなで美味しくいただきました。「大豆ってこんなに素朴な味なのにとまらないよね……」と言いながら仕事をする社員の姿が微笑ましかったです。今年も「まいぷれ」に良いことが起こりますように!