地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

社員Fです。

4月1日に3人の新入社員が入社したことは既にお知らせしましたが、会社および社員の指数関数的な成長を目指している弊社とは、ぐいぐいと新入社員のOJTを進めています。新入社員達は座学の研修もそこそこに、早速、「まいぷれ船橋版」でのコンテンツ制作に邁進しております。さっそく船橋に出かけて取材をさせていただき記事を書いていたんですが、この度、その記事が公開されました。

今回の記事を書いたのは「なかにー」を名乗っている新入社員です。なぜだかアンニュイな表情を浮かべている(笑)、彼のプロフィールと写真を転載しておきます。

新入社員「なかにー」

新入社員「なかにー」

女子力を高めようと奮闘しています。が、高まるのは握力ばかりの育ち盛りの22歳男子です。これからどんどん更新していきますので、よろしくお願いします!

今回、「なかにー」は、京成船橋駅から徒歩5分のところにある「古民家カフェ コピエ」さんと、西船橋駅前の「Cafe CAPRI」さんに伺って、ランチを取材してきました。どうぞ、ご笑覧ください。

今後、「なかにー」が船橋の飲食店にランチの取材で伺う機会もあると思いますので、もし、見かけた際はどうぞ優しくしてやっていただければ幸いです。

いきなりですがお昼時なのでマクドナルドの話題を。炭酸ドリンク全サイズ100円やマックフルーリーのラムネやキャラメルなど、キャンペーンが続くマクドナルド。中でも、世界の★★★マックは、BIG AMERICAのようなキャンペーンで、個人的には期待していました。キャンペーンの内容は・・・

「ル・グラン」(フランス)
「ゴールドマサラ」(インド)
「オージーデリ」(オーストラリア)

の3種類のバーガーです。今週末から最後のオージーデリが始まります。以下、ル・グランとゴールドマサラについて簡単な感想を書きたいと思います。

●ル・グラン(フランス)

トマトとポークソーセージの2種があったのですが、トマトを食べました。もちもちした食感のチャバタというパンが特徴。さらに、バターの風味がかなり活かされていて、個人的には上品な味で好きでした。

●ゴールドマサラ(インド)

ホットゴールドマサラとマイルドゴールドマサラの2種とも食べました。ホットゴールドマサラは見た目はビックマック。カレーソースが若干、濃い気がしました。ナゲットにつけるマスタードソースのような感じです。マイルドゴールドマサラは若干甘いのですが、個人的にはこちらの方が好きでした。てりやきバーガーに近い気がします。

●マックフルーリー ラムネ&キャラメルプリン

ラムネは見た目のブルーが結構強烈ですが、これでもか!というくらいラムネの粒が入っていて、それがアクセントとなり飽きません。キャラメルプリンはクランチが入っており、若干甘めでした。個人的にはラムネに軍配です。

と書いていたらマクドナルドに行きたくなりました。お昼ですしね。

社員Fです。

西船橋の弊社のオフィスには残念ながら社員食堂がありません。昼時、ランチを食べることになると、

  • 近所のコンビニなどでランチを調達してきてオフィスで食べる
  • 近所のお店に食べに行く

のだいたいどちらかになります。私はどっちかというと机の上がIT系のパーツなどで埋まっていることもあって、外に食べに行くことが多いですね。

そんなわけで、今日は同僚の社員Sとランチを食べに出かけました。ふらっと入ったのは、社員Sが密かにお気に入りの某カレーチェーン。お気に入りの理由は、ライスの量が選べるからとのことです。いや、他の店にはないご飯の量のオーダーが普通にできてしまうことといった方が正確なのかもしれません。そんな社員Sがオーダーしたのが「チキンカツカレーのライス600g」。ご飯600gというと、普通のサイズのカレーの倍の量になります。このサイズになると、お皿も専用のサイズのお皿で登場することもあって、なんかもう壮観な絵すぎます。

社員Sの日常と、ランチ

なんとなく、カレーの量は「水深」で測った方がいいような気がしますし、ご飯の量は「標高」で測った方がいいような気がする…と、そんな感じです。このとてもボリューム感すさまじいカレーを、ぺろっと食べきってしまう社員Sなのでありました。

こっそり聞いてみたところ、さすがにポークカレーだとこれ以上食べるのは食欲が沸きづらいようでした。しかし、例えば、ビーフカレーだったらもう一皿食べられそう(笑)との回答。いやはや、若いってのはすごいなぁと改めて思いつつ、オフィスに帰ってきてこのエントリーを書いています。そして、社員Sは、何事もなかったように午前中の続きのコーディングをやっています。。。

社員Fです。

今日、いきつけのお店でランチを食べようとしたら、日替わり定食が「秋刀魚の塩焼き」でした。まだ8月下旬なので、さんまというのは少し早いような気もしますが、素直にサンマを食べてきました。

はしりのさんまの塩焼き

焼き具合と塩加減が非常にいい塩梅で、思ったより脂の乗った上質な秋刀魚の塩焼きでした。大根おろしとの相性も素晴らしく、ごはん一杯ではちょっと足りない感じでした。

さて、さんまというと、落語の「目黒の秋刀魚」が有名ですが、殿様はいつごろ「目黒の秋刀魚」を食べたんだろうということがふと気になって調べてみました。どうやら、釧路市漁業共同組合のWebによると、

道東沖を通過する8月~10月にサンマの群れは14~18℃の水温のところを餌となる動物性プランクトンを食べながら移動します。

特に道東沖は暖流と寒流が交差し栄養価が高い海水の為、大型で脂肪を多く含んだ動物性プランクトンが大量に生息します。
その餌を食べ脂がのり丸々と太った釧路サンマが美味しいのは当然の事と言えるでしょう。

サンマの群れは10月中旬以降南下が始まり、本州へ回遊する頃は脂肪含有量がかなり低下するので、釧路サンマは脂がのって美味しいと言われています。

とのことですので、殿様が当時の目黒で秋刀魚を食べよう思っても、まさか北海道まで漁に出るわけにはいかないでしょうから、サンマが北海道から南下して本州を回遊する頃、きっと10月以降の目黒の秋刀魚を殿様は食したのではないでしょうか。

同じページに、秋刀魚の脂肪含有割合が出ていますが、10月以降の秋刀魚の脂肪含有率は、8月や9月頃と比べると少なくなっていますので、殿様が「さんまは目黒に限る」と褒めた秋刀魚は、意外と脂ののった秋刀魚ではなかったかもしれませんね。

…そんなわけで、私はどうやら殿様よりも美味しい秋刀魚を食べてしまったようです。その罰なのか、さっそく、さんまの小骨が喉に刺さってしまいました。小骨なので痛くはないものの、なんとなく喉の奥の方が気持ち悪い午後を過ごす羽目になりました。