地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

続けて失礼いたします。社員Nです。

少し前にはなってしまいますが、「まいぷれ川崎市版」の「消費者相談」のページがリニューアルしました!新しい動画も4本増えました!

まいぷれ 消費者相談

消費者力を身につけて、賢い選択をしましょう!

この動画、何がすごいって、川崎市の職員さんが声を入れたり歌ったりしていること。

作詞作曲、台本作成、寸劇に登場している人物も、全員職員さんによるものです。

啓発ソングなんて、無意識に口ずさんでしまったり (もちろん作曲から歌まで職員さん)。

キャラクターはどれもかわいくて、啓発グッズも大人気なのだとか。

バイタリティ溢れる職員さんのメッセージ、是非1度ご覧ください。

そして、騙されない、消費者力を身につけましょう!

アニメで見るだましの手口(若者編)
アニメで見るだましの手口(一般編)
寸劇で見るだましの手口
みんなで歌おう!啓発ソング

次世代フェスタへようこそ!

会場の入口

1月15日、16日と、ビックサイトで開催された「ものづくり立国・日本」次世代フェスタに川崎市の最高峰の職人「かわさきマイスター」が出展するということで、私も見学に行ってきました!

このイベント、主催は厚生労働省。

このフェスタの目的は「ものづくり」をより身近に知ることができるように、体験や実演を通して「ものづくり」の魅力を再発見することで、もっと「技能士」を目指す若者を増やしたい、というもの。

当日は、小さい子どもから「技能」に興味のある大人までたくさんの方が来場していました。
「ものづくり」って、実はとても面白いと思います。

来場していた子ども達は「これやりたい!」と積極的に体験に参加し、夢中になって作業をしていました。ウインナーの飾り切りの実演などはお母さん達も拍手喝采!

そして、かわさきマイスターはというと。時計の分解をする飯嶋さん
私がおじゃましたのは2日目で、この日の実演は時計技能士の飯嶋 義弘さん
30分間で懐中時計(機械式)を分解して、再度組み立てをするというもの。
1つ1つの部品はとても細かいので、約80あるパーツを全てバラバラにするだけでも、とても神経を使います。
1度分解したら今度は1つ1つを正確に戻していきます。
「時計ってこうやってできていたんだ」なんて理解は難しくてできませんでしたが、確実な動きは見ているだけでも面白い。
そうやって足を止めて多くの方が飯嶋さんの実演を見ていました。

細かい作業は特殊な虫メガネを使います

飯嶋さん、普段は時計の修理も行っています。修理に必要なパーツがない場合は自分でその部品を作ってしまうというのだから驚きです。
「スイスのメーカーでさえ直しきれないことを、私はできます。」という飯嶋さんは「なかなか動かない時計でも、ある部分に一番軽い油を差してやると動き出すという、ちょっとしたコツがあるのです。」とその技術に確かな自信をお持ちです。

近いうちにまた「職人に学ぶ」のレポートで、この日の様子を紹介します!

このイベント、入場はもちろん無料なのですが、なんと出展も無料らしいです。
国も、先輩技能士達も、後継者が増えるように必死です。

「ものづくり立国・日本」 これからもすばらしい技術・技能が続きますように。

おはようございます。社員Nです。
私もこのブログに参加させていただくことになりました。どうぞよろしくお願いします。

さて、今日のお知らせですが、クイズに答えてかわさきマイスターの作品をもらおう!
「まいぷれ川崎市版」でかわさきマイスターのプレゼントクイズが始まりました!!

かわさきマイスターとは、ものづくりのまち「川崎」で、優れた技術・技能の代表者として、毎年川崎市が認定している匠達です。
「まいぷれ」では、そんな超一流の職人であるかわさきマイスターを「職人に学ぶ」というコンテンツでご紹介させていただいています。
そのすばらしい技をもっとみなさんに知ってほしい!もっとみなさんに届けたい!
ということで、マイスターに関するクイズに答えていただき、プレゼントをお届けする、という企画をほぼ毎月開催しています。

今月は3人のマイスターからのプレゼントです!

■食肉加工士  畑 幸男さんの手作りハム・ソーセージの詰め合わせ 1名様
素材にこだわり、安心・安全な食の教室を開いている畑さんのハム・ソーセージは本場ドイツやオランダの国際コンテストでも金賞を受賞したことがあるほど。私も1度食べてみたい。

■印刷技能士 流石 栄基さんの製作のカラーチャート 1名様
DIC株式会社との共同で作成された、カラーチャートです。 この商品の説明
流石さんは長年雑誌「ぴあ」の表紙を製作しているデザイナーからも絶賛する技術の持ち主です!

■同じく流石さんから てぬぐい 1名様
「何ごともいい仕事をするには、感と度胸と経験と言いますが、経験よりもっと大事なのは感性だと思います。」という流石さんから、古伊万里・有田の名窯、源右衛門窯の伝統技法と意匠を染色工芸に取り入れ、暮らしに豊かさと趣きをそえる製品を作っている、「源コレクション」から、素敵な柄のてぬぐいをプレゼント!

広告看板製作 浅水屋 甫さんの手書き表札 5名様
イベントで大人気の、浅水屋さん手書きの表札です! その場でお客さんの書いてもらいたい言葉を聞いて、目の前で書き上げていくのですが、下書きなどなくても見事なバランス。
今回は当選者の方にメールにて希望の言葉をお聞きし、浅水屋さんに書いていただいたものをお送りいたします。

応募はこちらから

ご応募、お待ちしております!!