地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

広報担当の社員Zです。

弊社の運営する地域情報サイト「まいぷれ」では、各地の編集部が集めたニッチな地域情報を紹介していることもあり、他のメディア様から情報提供の依頼をいただくことがあります。今回の相手はなななんと農林水産省!

農林水産省のFacebookページでは、農業や産業に関する日本の文化を紹介しています。その中で、「まいぷれ川崎」で紹介したとあるものについてとりあげたいという依頼があったのです。そのとあるものとは・・・

躍動感のある金太郎の姿が印象的です

これ、一体なんだと思いますか?

こちらの写真だとわかりやすいかもしれません。

高級なお寿司が乗っていそう・・・

そうこれは「ハラン」。お弁当なんかに入っているアレですね。コンビニのお弁当に入っているプラスチックのものしか馴染みがないのですが、あの形からもわかるように、もともとは笹の葉を使ってつくる職人の技術が光る一品なんですね。

1枚めの写真はとても笹の葉から出来ているとは思えない美しい作品です。まいぷれ川崎の取材記事では、1枚目の写真以外にも数多くの作品を見ることができますので、ぜひご覧ください!

さて、ということで農林水産省様のFacebookページで紹介されたのがこちらで確認いただけます。「まいぷれ川崎」の名前もご紹介いただきました♪ これからもさまざまな情報提供にご対応できるよう、情報収集を行なってまいります!

広報担当 兼 2018新卒採用フォロー担当の社員Zです。

今年もこの時期がやってまいりました。思い返すと昨年もこの時期にブログで告知を始めていますね。ということで、今年も始めます、採用Facebookページ

昨年は新卒採用担当の社員Kと2人で協力しながら更新していましたが、今年はうら若き4名の若者が入社したということで、彼らを中心に更新していきます。さっそく先週から投稿を始めていますが、さすがFLNの新入社員というところで、なかなかに真面目な内容となっております。

ちょうど本日は、今後のFacebookページに使うだとかなんだとかで、就活時についてのインタビューを受けました。社員Zは2014卒採用でしたので、最近のような気もしますが、なんだかとても昔のような気がします。余談ですが弊社代表の石井に「2011年っていなかったっけ?!」と驚かれたのは秘密です。老けているんでしょうか・・・。

話が逸れてしまいましたが、Facebookページではコーポレートサイトでも広報ブログでもない素の社員の姿などを見せていけたらと思っておりますので、今後の企画にもぜひご期待くださいませ♪

ポカリスエットのFacebookページ内で2012年6月15日~7月17日を応募期間として行われていた「ポカリスエット夏のキャッチコピー大募集!」のグランプリや採用作品が発表になりました。何と!!エントリーしたことを忘れていた私のキャッチコピーが!!どこにも見当たりません…失礼いたしました(そもそも何というキャッチコピーを書いたか覚えていませんが)。

エントリーしたことを忘れていた私がなぜ急に思い出したかというと、宣伝会議 2012年 8/15号に結果が記載されているのを見たからです。今回のテーマは以下でした。

夏、水分を欲する人の心境を一言で表現し、ポカリスエットが飲みたくなるキャッチコピー

これを「新聞コピー」「雑誌コピー」「バナーコピー」の観点で考えるという企画でした。グランプリは大野さんという方の作品で、「生まれ変わるより、生き返るほうが簡単だ。」というキャッチコピーでした。他の選ばれたキャッチコピーもそうなのですが、シンプルかつ分かりやすい視点でした。個人的には「全身が泣いた」というとても短いキャッチコピーの作品が印象に残りました。特別な言葉を使っているわけではないのですが、私の頭の中には浮かんできませんでした。

その他、選ばれたキャッチコピーはポカリスエットのFacebookページで見れます。興味のある方は是非。

先日、このブログで紹介した日経ビジネスアソシエのノート術で気になったものを早速入手しました。

クロッキー(CROQUIS)、パイロットの万年筆のインク(インキ)、LAMYサファリのコンバーターです。LAMYのインクはこれまでカートリッジタイプを使っていましたが、カートリッジでは色の選択肢も限られるのと、コンバーターの方が経済的ということで入手しました。とはいえ、パイロットのインクはLAMYの倍なので必ずしも経済的ではないかもしれませんが。

今までは無印良品の「上質紙滑らかな書き味のノートパッド」というのを使ってメモやら考えたことを書いていたのですが、クロッキーの方が大きくて書きやすそうなのと、経済的(結局そこか!)ということで変えてみました。

早速、新しいWEBサイトのサイトマップを書いてみましたが、B4サイズならではのスペースに縛られない発想が次から次へと浮かんでペンの走ること。しかし、本日は肝心のペンをペンケースごと自宅に忘れてきてしまい、一番楽しみにしていた紺碧インクを使うことが出来ていません。それにしてもこの、紺碧というインク。入れ物も外箱も、まるでコスメのような高級感のあるデザインです。

こういった文具品に左右されるのもアレなのですが、モチベーション向上に一役買っていることは間違いありません。