地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

社員Fです。

先日より、ThinkPadネタで押してますが…ネタがないのだろうと想像していただいているようでしたら、まさにその通りでございます。私の手元にはセットアップすべきThinkPad Edge E130がまた届いておりまして、相変わらずThinkPadネタばかりでございます(汗)

今、モバイルすることができるけれど、一昔前のネットブックなんかよりもかなり安い、でおなじみになりつつある、ThinkPad Edge E130ですが(汗)、その裏側と言いますか、メモリ増設スロットの感じとか、ハードディスクの搭載され方とかを密かに公開しておきたい(自分用のメモも兼ねているわけですが)と思います。

以前のエントリー「ThinkPad Edge E130をセットアップ中!」でご紹介しましたが、このThinkPad Edge E130は、底面パネルがネジ3つで留められていまして、それを外すと、交換しそうなパーツがだいたい露出します。

ちょうど、こんな感じですね。

ThinkPad Edge E130の裏側

左側に2.5インチHDDが搭載されています。ちょっとSATAコネクタの辺りとか、HDD本体にカバーのように装着されている金属がうっとうしいですが、目の前にHDDが露出してくれるので、かつてHDDにたどり着くまでに部品レベルまで分解しなきゃいけなかった某メーカーのノートPCと比較すると、これはメンテナンス性に優れた設計だと思います(やっぱり、持ち運んだりするノートPCはHDDが故障しやすいですし)

また、右側には2つメモリースロットがあります。写真ではまだ刺していないのですが、デフォルトでは1枚のメモリーが刺さっていますが、もう1枚刺すことができます。ですので、デフォルト2GBで購入したThinkPad Edge E130に、2GBなDDR3なSO-DIMM(確か、Amazonで1000円ちょっと)を増設しました。このThinkPad Edge E130にはTranscendのDDR3 SO-DIMMを増設しました。型番は「JM1600KSN-2G」ってヤツでした。今のところ、快調に動作しております。

ThinkPad Edge E130に搭載したDDR3メモリ

個人的には、Windows7でも4GBほどメモリーを搭載しておけば、Web見たり、オフィス系のソフトを使ったりする用途であれば、困らないのではないかと思っています。

一応、他にもMini-PCIの無線LANモジュールとか見えています。一応、交換可能なモジュールっぽいですが、そう簡単に壊れるモノでもなさそうですし、この辺はあんまり手を出さないで済むかなぁと思っています。

あとは、右側の奥にCPUファンらしきものが見えています。これまた個人的な印象で申し訳ないのですが、ThinkPadの弱点の一つがファンのような気がしています。過去2回ほど、ThinkPadのCPUファンを交換作業を行った記憶があります。ThinkPadは(他のノートPCでは経験ないので)CPUが動かないとBIOSが起動をやめちゃってPCとして使えなくなるんですよね。まぁ、熱暴走や、発熱によるハードウェア障害を防止する機能なんですが、ここぞって時に「Fan Error」で起動しないってことを体験しました(汗)まさにマーフィーの法則を地で行くような体験でした。

社員Fです。

なんとなく連続ポストをしておいた方が良い雰囲気なので、連続ポストです。…とはいえ、やっぱりネタがないので、とりあえず、ThinkPadを安く買うネタでも書いておきましょうか。

さてさて、とりあえず、ThinkPadでも買うか、となった時にどこでThinkPadを買えば、安く買うことができるでしょうか。例えば、秋葉原でも安いお店はありますし、近所の電器屋さんも意外と安かったりするから見逃せません。また、ThinkPadの販売元のレノボさんも自社サイトの一部でECをやっていますので、直販で仕様をカスタマイズして購入することも可能です。

どこで買うか決まってなくて、安いThinkPadを探しに、ふらっとアキバでも行くかというのであれば、ちょっとちらっと覗いてみて欲しいのが、楽天の「レノボ・ショッピング 楽天市場店」。

端的に書けば、楽天市場で、レノボさんが直販しているわけですね。メーカーが直販サイトをやっているわけだから、そこが一番安くて、楽天市場だとそんなに安くないんじゃないかと考える人は少なくないのかもしれませんが、これが意外と安い。

例えば、ThinkPad Edge E130のエントリーモデルですが、29,800円(一応、このエントリーを書いている8月23日時点では)で売ってたりします。直販サイトもThinkPad Edge E130を売っていますし、あちらはクーポンコードなんかも使えるわけですが、個人的には、ここまでは安くなんないような気がしますが…どうでしょうか。

追記:ThinkPad Edge E130のCeleron搭載モデルがレノボショッピング@楽天市場から削除されてしまったみたいなので、同価格帯で、同じようなスペックのThinkPad Edge E135にリンク先を変更しておきます。

さらに追記:Windows8のプリインストールが可能になって、ThinkPad Edge E130が復活してたので、リンクを追加。

ただ、レノボさんの直販サイトと、楽天市場では領収書の扱いが異なっていたり(例えば、レノボサさんの直販サイトでは領収書の発行依頼できますが、楽天市場で買ったらNGとか)しますので、細かい購入条件は確認していただく必要はあろうかと思います。また、直販の場合は、購入後に注文生産@中国ですので、意外と納期が長いのが難点です。できるだけ速くThinkPadを入手する必要があるといった場合は、オススメできません。

また、楽天市場で買うと、一応、楽天ポイントが貯まるのもメリットかもしれません(安いThinkPadであっても、X万円のオーダーですからね、はい)

会社のPCを調達する仕事をやってたりすると、安売りのThinkPadを追い求めて、こういうノウハウばかり溜まっていくんですね、いやはや(汗)

相変わらず、ThinkPadをいじっている社員Fです。

ThinkPad Edge E130のセットアップも終盤…と思ったら、大事なことを忘れてました(汗)

最近のThinkPad(…だけではないとは思うんですけど)は、リカバリー用のメディアが付属していません。一昔前なら、ノートPCを購入したら、リカバリーCDとかリカバリーDVDとかが2,3枚付属してたものですが。もちろん、本体内蔵のHDDにリカバリー用のデータが保存してあって、Windowsがおかしくなったなどの障害時には、工場出荷状態まで戻すことができます。

しかし、HDDにデータが記録されているので、HDDが壊れるといった障害には対応できないんですね。先のエントリー「ThinkPad Edge E130をセットアップ中!」で書いたとおり、ThinkPadはHDDの交換が簡単ですので、HDD障害時にHDDは交換できてもWindowsが戻せないというのは、さすがに切ない事態です。

…でも、ThinkPadには対策が用意されてるのです。あんまり目立つ機能ではないのですが、HDDに記録されている、リカバリー用のデータをUSBメモリーやDVDに書き込む機能が搭載されています。転ばぬ先の杖ではないですが、HDDが故障する前に、リカバリー領域のバックアップを取得しておくのが吉です。ただ、まぁ、仕方ないといえば、確かに仕方ないのですが、とある1台から取得したリカバリー用のデータは、その1台でしか使えません。つまり、社内にThinkPadが10台あるとして、USBメモリーにバックアップを取るとしたら、10本のUSBメモリーが必要になります。

こんな感じ(汗)

ThinkPad リカバリー領域のバックアップ用USBメモリ

今回使ったのは、Amazon Basics(ま、Amazonのプライベートブランドですね)のUSBメモリです。8GBだとビミョーに足りなかったので、16GBのものを買いました。で、Lenovo的には、USBメモリの下ごしらえが必要って書いてあったので、下ごしらえをして、リカバリー領域のバックアップを取っています。

で、ケータイのストラップみたいなモノを付けて、本体のシリアル番号を記入して分け分からない状態にならないようにしています。

社員Fです。

やっぱり今日もThinkPad E130のセットアップが続いています。セットアップ作業の中で、ThinkPadのシリアルナンバーを確認する必要が生じました。最近のThinkPadはシリアルナンバーが書かれたシールを本体に貼っていないので、BIOSでシリアルナンバーを確認する必要があります。そして、BIOSに入ると、ThinkPadの電源を入れてWindowsが起動し始める前にF1キーを押します。

ところが、何回かやってもBIOSの画面が開かないのでかなりとまどいました。何回か試みているうちに、ふと、思い立ってセットアップ中のThinkPad E130のキーボードをよく見ると、こんな感じになってました。

ThinkPadのファンクションキーの切り替え

従来は、Fnキーとファンクションキーを押すことで実現されていた機能、例えば、無線LANのOn/Off切り替えや、液晶ディスプレイの輝度の調整、さらに音のボリューム調整などのアイコンが、ファンクションキーのプリントよりも大きいんですね。…ということは、デフォルトが各種切り替え、調整機能になっていて、Fnキーを押すとファンクションキーとして機能するのかな、と。そんなわけで、BIOSに入るときに、FnキーとF1キーを押すと無事に入れました。

Fnキーとファンクションキーを同時に押さないといけないことによって、無線LANのOn/Offなどで戸惑ってしまう人もいるのかもしれませんが、そもそも、日本語入力で入力した内容を半角英数字にしたりするときには、ファンクションキーを使うわけで、どっちかというとそっちの頻度が高いような気がするのですが、PCの初心者の人たちにとっては意外とそうではないのかなぁ…などと思いつつ、ThinkPadの起動直後にFn+F1キーでBIOS画面を開いて、「Config」に入って「Keyboard&Mounse」から「Change to “F1-F12 key”」って設定項目を「Legacy」にしました。(ま、確かに従来通りの設定ではあるけれど、「Legacy」と言われると…)

これによって、ThinkPadのファンクションキーはFnキーを押さなくても機能するようになりました。めでたしめでたし。

社員Fです。

最近、社内のノートPC需要が大きくなっております。そのため、せっせとLenovoの「ThinkPad Edge E130」を買ってきては、セットアップを行っています。(ノートPCの調達から、セットアップまで一気通貫で担当させていただいております)

ThinkPad E130 セットアップ中

LenovoのThinkPadシリーズのいいところは、ノートPCでありながら、HDDやメモリに簡単にアクセスできることですね。この「ThinkPad E130」をひっくり返して、小さなネジを3つ外せば、裏面のパネルが外れます。そのパネルを外すと、メモリーソケット、HDD、Mini-PCIスロットにアクセスすることができます。だいたい、メモリは増設したくなるものですし、HDDは故障しやすいパーツです。どっちのパーツもアクセスしづらいところに配置することは、ノートPCの保守の観点から誰も得しないにも関わらず、意外とそういうところがうまく設計されてないノートPCは意外と多いような気がします。

とりあえず、今回は、「ThinkPad Edge E130」3台に、DDR3-1600なメモリを増設しました。Windows Updateを実施して、Lenovo製のドライバを更新して…と、まだまだやらなきゃいけないことが山積しています。さっさとセットアップを完了して、「ThinkPad Edge E130」を利用可能な状態にしたいと思います。