地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

広報担当の社員Zです。

実は私、広報業務と他の業務を兼任しておりまして、世田谷区の地域情報サイト『まいぷれ世田谷区』内にコンテンツを連載しているのです。
その中で実にゆるーりとした(笑)コンテンツ『せたがやさんぽ 番外編』というものがありまして、今回はそのコンテンツ取材の裏側を紹介しちゃおうと思います。

せたがやさんぽ 番外編

本編はないけど番外編。
それがこのコーナーのコンセプトです。

穏やかで豊かな環境がお散歩にぴったりな世田谷区。
巷ではたくさんのお散歩コースが紹介されています。
まいぷれは番外編的視点から新しい世田谷の楽しみ方をお届けします。

「普通のお散歩コンテンツじゃ物足りない!」という気持ちで始めたコンテンツでありまして、『世田谷ボロ市』の前日レポートをしてみたり、自由が丘(目黒区)と奥沢(世田谷区)の境目に迫ってみたり、下北沢の休憩スポットを集めてみたり、ほぼ社員Zの趣味で“ちょっと変わった世田谷”を探して更新してきました。
そんな『せたがやさんぽ 番外編』の最終回となる第6回のテーマはずばり「世田谷線沿いを歩く」
世田谷区にかかわるようになってから、いずれやりたいと思っていた世田谷線特集をついに実現させたのでした。

DSC09051

この車両の感じがたまりません。

社員Zの故郷には路面電車が走っておりまして、路面電車に対して人知れず親近感を抱いております。
そういうこともあって、いつか世田谷線特集を組みたいと思っていたのですが、そこは『せたがやさんぽ 番外編』。世田谷線沿線の◯◯特集、で何が一番“番外編”的かなぁ……と考えていたところで、「世田谷線は路面のない路面電車」という意見を耳にした社員Zは、「世田谷線沿線の路面特集にしよう!」と思いついたのでした。とはいえ流石に路面だけを取り上げてもどうにもならないので、世田谷線沿いを歩いているような気分になれるよう、実際に歩いてみた景色を集めてみる、という特集に落ち着いたのですが、結局最終回にして“さんぽ”という大前提に戻ってきたともいえて、なんだか感慨深いものでした。

そんな感じでうまれた『せたがやさんぽ 番外編』の最終回。ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

路電の日(6/10)に世田谷線沿線を歩く 番外編

せっかくなので入りきらなかった写真も何枚か公開しちゃいます。
個人的に最近「どうやら植物の写真が好きらしい」ということに気付きました。

DSC09020DSC09025DSC09037DSC09055DSC09134DSC09155

ちなみに……こんなものもつくってみました。

setasen2

余談ですが、gifアニメってついついぼーっと眺めちゃいます。
古き良きって感じがして良いですよね。

さて、最後までご覧いただきありがとうございました。
次回の更新もお楽しみに♪

“フリーアドレス美化委員”の社員Zです。

弊社のオフィスはこれまで一部に“フリーアドレス制度”を導入しておりました。
フリーアドレスとは、社員が個々に机を持たず、自由に席を選んで仕事をするというスタイルです。
一般的にコミュニケーションが活発になり、オフィスが活気づくということで導入されることが多いようです。
弊社はこれまで、「まいぷれ」の運営や営業を担当する「まいぷれ編集部」や、企業向け営業部隊の「地域ソリューショングループ」がフリーアドレスを導入していたのですが、今回、「まいぷれ」を日本全国に広げる「事業開発部」、自治体向け営業部隊の「公共ソリューショングループ」、システムを担当している「制作技術部」がこのフリーアドレスに参入することになりまして。。。大幅なレイアウト変更を行うことになったのです!

ちなみに私は以前よりフリーアドレスの対象部署で働いているので、フリーアドレス美化委員として皆さんの忘れ物や整理整頓の徹底をちくちく指摘したり、これみよがしに床をコロコロしたりして活動していました。

さて、そういうわけで行われたレイアウト変更(弊社では当たり前のように『レイヘン』と略されています)ですが、まずはレイヘン前の弊社の様子からお見せいたします。

1

手前が事業開発部のデスク。 レイヘン前なので比較的片付いています。

2

奥が制作技術部のデスク。 モニターが必須の部署がフリーアドレスになるということが 今回のレイヘンの一番の注目でした。

これらの写真が撮られたレイヘン前日は、固定机からフリーアドレスになる社員が片付けに追われている姿が目立ちました。
なんでもシュレッダーは一日中稼働させられ、何度もオーバーヒート状態になっていたとか……(笑)

レイヘン当日は土曜日の朝でしたが、若手の男性社員を中心にスムーズに行われました。

4

みんなで新しい机をつくりました。

5

重い机の移動は、今年入社した彼にお任せ!

ちなみに社員Zは昼前に顔を出したのですが、ほとんど終わっていました。
新人の女の子たちが掃除などの細かな部分を手伝ってくれていたようです。

そんなこんなでレイヘンした弊社の様子がこちら!

3

(ほぼ)ぜーんぶフリーアドレス!

6

集中したい人、テレアポをしたい人向けのパーテーションありのブースもできました。

7

今回新設された円卓ではガールズトークに花が咲きます。

8

広々としたことで、コミュニケーションがとりやすくなりました。

社内のほとんどの人がフリーアドレスになったことで、より賑やかな感じになりました。
部署を超えて気軽にお話できるようになったのは良いことだと思います。

9

1年目の彼もゴキゲンです。

 

ちなみに私はどさくさに紛れて個人机を手に入れ、フリーアドレスを卒業してしまいました。
今は賑やかなフリーアドレススペースを横目で見ている状態ですが、これからは“全社”美化委員として活動していこうと思っておりますので、社員の皆様には覚悟していただきたいところです。

こんにちは。広報担当の社員Zです。
甘いものには目がありません。

先日、“元祖くず餅”こと船橋屋の広報さんとお話する機会がありました。
船橋で船橋屋といえば(わかりにくい)、東武百貨店船橋店に入っていますよね。
しかしなんと船橋屋の本拠地は船橋ではないんです!!
(「知ってるよー」と笑われそうですが、お上りさんなもので。。。)

でもですよ。東武船橋に入っている『船橋屋』なんて船橋発だと思うじゃないですか。
某口コミサイトにも「子どもの頃は船橋のお店だと思っていた」という方がいらっしゃって、「ほらー!!」という気持ちになりました。

どうやら『船橋屋』の創業者の方が船橋出身だったので『船橋屋』という名前がつけられたそうです。
現在船橋屋は本店の亀戸を中心に、東京・千葉・埼玉に20店舗以上展開しているんだとか。
その歴史は江戸時代に遡るという老舗のお店です。
みなさん知っての通り、くず餅やあんみつが有名ですが、夏の時期はかき氷も食べれるんだそう……。

ここまで『船橋屋』のことを知ってしまったからには、船橋ではたらく社員としてこのまま黙っているわけにはいかないですよね。
ということでせっかくなので(?)船橋ではない本店で食べてみようじゃないかと、別のお仕事のついでに寄ってきちゃいました。
決してくず餅が食べたかったとかそういう理由ではありませんので。

1

亀戸天神のすぐとなりです。

なんと趣きのある外観でしょう。
船橋屋亀戸天神前本店は、亀戸駅から徒歩15分のところにあります。
すぐ近くに亀戸天神があり、下町の雰囲気がたまりません。

ちなみに余談ですが、この写真を撮ろうと鞄からカメラを取り出そうとしたときに、長財布を落としたことに気付かず数メートル歩いてしまったのですが、背後を歩いていた綺麗なお姉さんに拾っていただきました。亀戸は良い町です。

2

店内の様子

ここ本店では商品を店内で食べることもできるんです。
窓の外には緑も見える和風モダンな雰囲気に癒されます。

よく店内でも食べられる和菓子屋さんってありますが、そのスペースが狭くてあんまりゆったりできなかったりしませんか?
こちらは席数も多いので、そういった心配もなくて嬉しいなぁなんて思いました。

さあ、そうこうしているうちにくず餅の登場です!

3

くず餅(¥545)

くず餅は弾力があって歯ごたえ抜群。
見た目以上にとってもボリュームがありました。
さらにたっぷりのきなこと黒蜜が、くず餅の美味しさを引き立てます。
個人的には黒蜜が好みの味で、単体で飲みたくなるほどでしたよ。

船橋から亀戸までは電車で20分程度です。
意外と近場なので、東武船橋の船橋屋さんファンだという人も、実は初めて知った!という人も、一度本店の方にも行ってみてはいかがでしょうか?
テイクアウトとはまた違った味わいが楽しめるかもしれませんよ。

ちなみに社員Zは今回船橋屋初体験だったので、次回はぜひテイクアウトしてみようと思っています♪

6月より広報担当として働くことになりました社員Zです。はじめまして。

といっても、転職してきたわけでもなく、新卒入社2年目のぴちぴち社員であります。
私のことは追々話していくかもしれないとして、まずは記念すべきはじめての“広報”のお仕事となったキックオフミーティングについてお話ししますね。

弊社では、3ヶ月ごとにキックオフミーティングという機会を設けています。
詳しくは以前にも書かれているのではありますが、3ヶ月に一度、社員全員が出席し、社長による振り返りと今後の方針についてのありがたいお話や、各部署の部長・マネージャーによる目標の共有などが行われるものです。

1

表紙もつくりました!

「どうしてこれが“広報”の仕事なの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
実際に、私は社内でいわれることがありました。

“広報”という言葉をきくと、どうしても社外に向けた情報発信というイメージが先行してしまいますが、社内に向けた情報発信も立派な広報のお仕事のひとつなのです。
弊社は小さな会社ですが、実は幅広く事業を行なっておりまして、人によっては「あの部署は何をしているんだろう?」という思いを抱えている……というようなことがあります。特に私にとってはじめての後輩となる今年の4月に入社してきたばかりの新入社員は、目の前の業務や身の回りの社員にいっぱいいっぱいで、少し離れた席の部署のことは見えづらいかもしれません。ええ、一年前の私がそうであったように。

日頃から風通しをよくしておくことももちろんですが、普段は営業で社外にでている社員も多い弊社ですので、3ヶ月に一度のキックオフはとても大事な情報共有の場なのであります。

2

社長からのありがたいお話

ということで、大勢の前で話すと呼吸を忘れてしまうほど緊張しいの私・社員Zが進行を務めた2Qのキックオフミーティングは、やや時間オーバーしてしまうところはあったものの、無事に終了しました。
今回のキックオフでは、先に書いたような社長・部長・マネージャーからの共有に加え、「社内新規事業公募制度」の表彰、さらに有志が企画した「防災シンポジウム」なるものも開催いたしました。

「社内新規事業公募制度」とは、その名のとおり社内で新規事業を公募する制度で、前回のキックオフミーティングにてその開催が発表されました。30以上のエントリーの中から、書類審査・一次審査・二次審査を経て、事業として採択されたのが2案、社長賞として今後の実装が見込まれるのが1案、という結果になりました。
ちなみに私も応募したのではありますが、一次審査で落選となってしまいました。個人的には、事業として採択されたのが上司、社長賞を受賞したのが同期であるので、次回こそは!と燃えているところであります。

3

防災シンポジウムの様子

そして「防災シンポジウム」では、東日本大震災のときに弊社では何が起きたのか、今後「まいぷれ」は何ができるのか、ということについて、社長やその当時を知る社員が話しました。私はもちろん、2011年に弊社にいなかった社員も増えてきている中、その当時何が起きたのか、また何ができなかったのか、という話を改めて聞くことができたのは、とても良い機会となりました。

全体的に充実した内容のキックオフミーティングになったと思います。
時間配分・事前準備の部分など、まだまだ課題はありますが、今後はよりいっそう良い時間をつくれるよう精進してまいります!