地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

社員Fです。

今日、いきつけのお店でランチを食べようとしたら、日替わり定食が「秋刀魚の塩焼き」でした。まだ8月下旬なので、さんまというのは少し早いような気もしますが、素直にサンマを食べてきました。

はしりのさんまの塩焼き

焼き具合と塩加減が非常にいい塩梅で、思ったより脂の乗った上質な秋刀魚の塩焼きでした。大根おろしとの相性も素晴らしく、ごはん一杯ではちょっと足りない感じでした。

さて、さんまというと、落語の「目黒の秋刀魚」が有名ですが、殿様はいつごろ「目黒の秋刀魚」を食べたんだろうということがふと気になって調べてみました。どうやら、釧路市漁業共同組合のWebによると、

道東沖を通過する8月~10月にサンマの群れは14~18℃の水温のところを餌となる動物性プランクトンを食べながら移動します。

特に道東沖は暖流と寒流が交差し栄養価が高い海水の為、大型で脂肪を多く含んだ動物性プランクトンが大量に生息します。
その餌を食べ脂がのり丸々と太った釧路サンマが美味しいのは当然の事と言えるでしょう。

サンマの群れは10月中旬以降南下が始まり、本州へ回遊する頃は脂肪含有量がかなり低下するので、釧路サンマは脂がのって美味しいと言われています。

とのことですので、殿様が当時の目黒で秋刀魚を食べよう思っても、まさか北海道まで漁に出るわけにはいかないでしょうから、サンマが北海道から南下して本州を回遊する頃、きっと10月以降の目黒の秋刀魚を殿様は食したのではないでしょうか。

同じページに、秋刀魚の脂肪含有割合が出ていますが、10月以降の秋刀魚の脂肪含有率は、8月や9月頃と比べると少なくなっていますので、殿様が「さんまは目黒に限る」と褒めた秋刀魚は、意外と脂ののった秋刀魚ではなかったかもしれませんね。

…そんなわけで、私はどうやら殿様よりも美味しい秋刀魚を食べてしまったようです。その罰なのか、さっそく、さんまの小骨が喉に刺さってしまいました。小骨なので痛くはないものの、なんとなく喉の奥の方が気持ち悪い午後を過ごす羽目になりました。

社員Fです。

先日、丸ビルまでお買い物に行ってきました。その帰りに、東京駅を眺めてみると、工事中でした。鹿島さんのWebサイトによると、丸の内駅舎の保存・復原工事をやっているみたいです。

工事中の東京駅

なんだかおもしろいなぁと思ったのは、工事現場につきものである「プレハブ」が丸の内にも出現していた事です。きっと、日本で最も地価の高いところに建ってるプレハブではないかと思います。

東京駅近くの建設現場のプレハブ

おそらくは面積を確保するのが難しかったのか、5階建てくらいのプレハブが建ってます。5階建てのプレハブってのもなかなか興味深いです。

で、新丸ビルとプレハブ。ま、その2つを対比したからどうなんだって世界ではありますが、今の東京駅でしか撮れない、ちょっとレアな写真です(汗)

東京駅近くの建設現場のプレハブ

社員Fです。

またもや社員Yさんにブログを書いてくださいよぉとお叱りを頂戴したので、何か書いてみようと思います。

先日、「良心的冷やし中華の謎@西船橋某所。」から始まって「良心的冷やし中華の真相@西船橋某所」といったエントリーを書きました。まぁ、かなりしつこいようですが、その続編です。

1つ前のエントリーでは、良心的冷やし中華のごまだれ味について書きましたが、実は良心的冷やし中華にはしょうゆダレが存在していたのです!そんなわけで、しょうゆダレの良心的冷やし中華をたべに行ってきました!

良心的冷やし中華の結末@西船橋某所

ごまだれと比較して、しょうゆだれは酸味が効いているので、さっぱりといただけました。麺をきっちり冷やしてあるので、その歯ごたえと、きゅうりや卵の食感のコントラストがなかなかいい感じです。ちなみに、しょうゆダレの冷やし中華は、温泉卵が乗ってないせいか、ごまだれの冷やし中華よりも少しお安い価格設定がなされていました。

今回の「良心的冷やし中華」シリーズですが、このお店の「良心的冷やし中華」はしょうゆダレとごまだれしか存在しないようなので、これで西船橋の「良心的冷やし中華」を食べつくしてしまったことになります。そういうわけで、あのお店に新しい「良心的冷やし中華」が登場するまで、一応、このシリーズはこれにて結末とさせていただこうかと思います。

社員Fです。

先日、「良心的冷やし中華の謎@西船橋某所。」なんて記事を書きましたが、その後、良心的冷やし中華の真相を確かめてきたんでした。

西船橋某所の良心的冷やし中華の写真です!どーん!

西船橋の良心的冷やし中華

一見すると、変哲もない、ただの冷やし中華のように見えますが…何気にきっちりと練りゴマを使って作ったと思しきタレがかかっており、さらに蒸し鶏のボリューム感もなかなかのものです。また、脇を固める錦糸卵、きゅうりに加えて、温泉卵に揚げなすまで登場する豪華さは、さすが、西船橋の良心的冷やし中華。

…ま、激安!ってことはなかったのですが、おいしい冷やし中華でした。

社員Fです。

社員Yさんからブログを書けっ!と怒られ続けているので、他愛もないことで恐縮ですが、エントリーを書かせていただきます。

昨日は、土用の丑の日でした。土用の丑の日といえば、やっぱり鰻を食べなきゃいけないですよねー。というわけで、素直に鰻を食べました。

普段からランチでおじゃますることの多い居酒屋さんには、日替わりランチがあるのですが、それが昨日の土用の丑の日は、うな重でした。普段、1,200円するうな重が、土用の丑の日は50円引きの1,150円。大量に鰻を出すのは何かと大変そうですし、うなぎが値上がりしているにも関わらず50円引きとはありがたいですね。

土用の丑なので、うな重食べた

そんなわけで、店内でお茶を飲みながらしばらく待っているうちに、うな重が運ばれてきました。

土用の丑なので、うな重。

きっちりと関東風の蒸された鰻はふんわりとした食感で、脂もほどほどになっているので食べやすくてとても美味でした。1,150円は普段のランチからすると、ちょっとお財布にインパクトのある値段ではありましたが、たまには美味しい物をたべるのも悪くないなぁと改めて思いました。

社員Fです。

今日は、自治体総合フェア2011の出展のお手伝いをしてきました。

イベント中の東京ビックサイトは多少は冷房が効いていると思いますが、イベント準備中のビッグサイトは…冷房なしですし、搬入をスムーズにするために大きな扉が開放状態です。そのため…かなり蒸し暑い状況でした。

…もとい。出展ブースの準備中の模様を写真でご紹介します。

とりあえず、パネルは貼り終わっていますが、床などにまだまだ途中の状況が現れています。

「まいぷれ」ブースの準備中

ブースには「フューチャーリンクネットワーク」って名前を入れていただいています。

ブースにこんな感じで名前を入れていただいています。

別の角度から見ると、こんな感じです。壁にパネルを貼り付けています。

フューチャーリンクネットワークのブースの別角度

汗だくなりながら、なんとかフューチャーリンクネットワークのブースを完成させました!

フューチャーリンクネットワークのブース完成形!

ちなみに、自治体総合フェア2011のフューチャーリンクネットワークのブースは、以下のように「まいぷれ」ののぼりを掲げていますので、お越しいただけるみなさんは、この「まいぷれ」のぼりを目指して、お越しくださいませ。なお、当日は冷えた麦茶をご用意しておりますので、「まいぷれ」ブースでご一服していただければと思います。

「まいぷれ」ののぼりを目印に!

社員Fです。

7月7日は七夕ってことで、弊社の西船橋のオフィスでも七夕の笹飾りを用意しました。

七夕の笹

実は七夕前日に、近所の花屋さんに伺って「笹ありますか?」と聞いたら、七夕の日の入荷を予定しているとのことだったので、手ぶらで撤退しました。そして、七夕当日のお昼に行ってみたら「売り切れ」でした。まぁ、確かに、すごい勢いで笹が売れているという見方もできなくもないんですが、近所の小さな花屋さんで昼過ぎで売り切れですから、まぁ、わずかな量しか用意してなかったということだという見方もできるかなぁと思います。最近、おうちで七夕って感じでもないんですかねぇ…。

次に、スーパーに併設されている花屋さんに行ってみたら、2,3本の笹が残ってました。1本、315円。高い気もしませんが、安い気もしない、絶妙な価格設定ですね。笹を購入して、オフィスまで持って帰るまで、歩いている人たちの多くの視線を頂戴しました(笑)

もとい。オフィスの入口近くに笹を据え付けて、社員が思い思いに短冊を書いて飾っています。あ、ちなみに、私の願い事は「安穏な生活」です。