地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

今回はビジネス本の売れ筋の中でも、個人的に気になる本を紹介いたします。

走りながら考える 走りながら考える
為末 大

ダイヤモンド社 2012-11-23
売り上げランキング : 8056

Amazonで詳しく見る by G-Tools

スポーツ選手の本は、過去に落合監督、松井さん、長友さんの本を読みましたが、為末さんの本はまだ未読です。今回は読んでみようかと思っています。

キラーリーディング 驚異の読書法 キラーリーディング 驚異の読書法
中島孝志

ATパブリケーション 2012-11-27
売り上げランキング : 247236

Amazonで詳しく見る by G-Tools

11月27日発売の本。読書本は佐藤優さんの本で卒業したはずなのですが、タイトルと表紙につられ興味が。

成功するSCを考えるひとたち 成功するSCを考えるひとたち
栗山 浩一

ダイヤモンド社 2012-11-02
売り上げランキング : 242999

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今回の中でもっとも気になる本。これは書店でたまたま見つけて少し中身をチェックしましたが、イオンモール(レイクタウン)の事例のようです。

トッププロモーションズ販促会議 2012年 12月号 [雑誌] トッププロモーションズ販促会議 2012年 12月号 [雑誌]

宣伝会議 2012-11-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

有名企業がどんな企画書を書いているかがこの値段で見れるなんて。というわけで、こちらは書店で中身もチェックしましたが注文済です。

スタンフォードの自分を変える教室 スタンフォードの自分を変える教室
ケリー・マクゴニガル 神崎 朗子

大和書房 2012-10-20
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る by G-Tools

こちらもたまたま表紙に魅かれて書店でチェック済。意志力について非常に興味深く書かれている自己啓発本です。一時期、有力書評ブログなどで紹介された影響か、アマゾンで品薄になっていました。

自滅する選択―先延ばしで後悔しないための新しい経済学 自滅する選択―先延ばしで後悔しないための新しい経済学
池田 新介

東洋経済新報社 2012-05-18
売り上げランキング : 1627

Amazonで詳しく見る by G-Tools

たまたまレコメンドで表示されていた本。中身を見たところ興味深い内容ではあるものの、ホント?という疑いも。その分、興味が倍増しているのも事実。

高倉健インタヴューズ 高倉健インタヴューズ
野地 秩嘉

プレジデント社 2012-08-10
売り上げランキング : 3076

Amazonで詳しく見る by G-Tools

え?という本ですが、プロフェッショナルとしての貴重なインタビューには学ぶべき点も多いはず。

というわけで、以前にスマートフォンに変更後、読書の機会が減ったと書きましたが、また最近は復活していますので、読んだらご紹介いたします。

今年の初めに出版され、個人的にも感化された横山信弘さんの

「絶対達成する部下の育て方―稼ぐチームに一気に変わる新手法「予材管理」―」

の続編的な書籍「絶対達成マインドのつくり方―科学的に自信をつける4つのステップ―」

を11/6にアマゾンで注文したのですが、未だ入荷予定となっており届きません。。。

書店では普通に平積みされているので、今回の場合は書店で購入すべきでした。

この本が売れているということは、自信をつけたい営業マンが多いことの裏返しなのでしょうか。

前作の肝となる部分は、本屋で本作を見たときにも書かれていました。

「やることを習慣化する」

「習慣化したことはモチベーションに左右されずにおこなえる」

書かれていることに共感し、納得できなければ行動に移せません。

そういう意味で、この本は行動を起こすきっかけになるものだと思います。

最終的に「やる」のか「やらない」のかは自分自身ですが。

昨日、トラベラーズノートとサンダルが届いたと記載いたしましたが、

その後にAmazon(以降、アマゾン)で注文していた

2013年カレンダーが届きました。

表紙部分です。

めくると最初に1月がって、当たり前ですが。

めくった反対側(カレンダーの表紙の裏の部分)にはスケジュール書き込みOKな同じ月のカレンダーが。

オフィスで使うカレンダーを購入したのは

フューチャーリンクネットワークに入社して初めてかもしれません。

最初は写真の入ったものも検討しましたが

出来るだけシンプルなカレンダーがほしかったので

アマゾンのカレンダーにしました。

2012年カレンダーも販売されていたようですが

2013年カレンダーの方がいいです。

今回は2種類のカレンダーで、ひとつはモノクロ系。

購入したのはイエローのアマゾンカラーを配したものです。

写真のように表紙をめくると1月が出てきます。

その裏側は同じ月のカレンダーの日付を列で並べたもので

簡単な予定などを書き込むのに使えます。

シンプルなカレンダーは飽きがきません。

おひとついかがでしょう??

引越しに伴い、長い間履いていたオフィス用サンダルを捨てました。

サンダルに履き替えるのと、履き替えないのとでは、こうも違うのかというくらい

昨日はすっきりしなかったのですが、本日注文の品が届きました。

クロックスなど、色々と候補はあったのですが、

来客があったときにスーツにも合うようなサンダルを考慮してこのようなものに落ち着きました。

アマゾンのレビューがないので若干不安でしたが、かなり快適です。

そして来年の手帳として購入したのが、以前このブログでも記載した

トラベラーズノート

写真左は1年半、愛用してきて、大活躍だったモレスキンのスケジュールノート。

来年も同じものでよかったのですが、以前から皮の手帳を使ってみたくて

値段的にもかなり手頃なトラベラーズノートに変更。

まだリフィルを購入していないので、中身は無地ノートのみです。

但し、このノート。皮が結構匂います。

使いこむうちに、色合いも匂いも変わるとは思いますので

あまり気にしてはいませんが参考までに。

土曜日の拡張作業後、今日は全員が揃う最初の日でした。

以前も、何度かオフィスが広がったり、狭くなったりということは

ありましたので、今回も特に気持ち的に何ら変わらないと思っていました。

しかしながら、今回の拡張は1フロアのため、かなり広くなりました。

席も場所が変わり、視点が変わったためか、気持ち的にも「やるぞ!」という

思いが拡張した気がします。

今日の朝礼では、板倉さんから拡張に関連して以下のお話がありました。

「この環境がすぐに小さく感じるほど、さらにがんばって飛躍してほしい」

「自由というのは、設定されたルールの中で行うものだ」

こうやって並べてみると関連性がなく、一見「??」となる方も多いことでしょう。

今回の拡張で私自身も余分なものは、かなり捨てました。

せっかく身が軽くなったのに、スペースが広くなったことで、また余分なものを

置いてしまったり、物が増えたりということは、よくあることです。

例えば、

机の上は整理して帰る。

窓際に余計なものを置かない。

ゴミは各自が毎日捨てる。

など、ルールを決めた上で、やり方を自分で考えることは自由です。

ルールが決まっていないにも関わらず、自由にするのはそもそもルール違反という話です。

そういえば、少し前にベストセラーとなった本の第2弾が出ました。

今度、読んでみたいと思います。

今日はとあるお店に取材のために、弊社京葉グループの小林さんと二人でお店の営業終了後に訪問してきました。そこでお二方のお話を伺ったのですが、お二方とも仕事に対するモットーは、「元気に明るく楽しく」でした。インタビューをしている最中も終始笑顔で、通常初対面でお話を伺う際、インタビュアー(こちら側)の力量の問題もありますが、結構硬い感じになることが多いのです。ところが、この笑顔のおかげでテンポよくお話を伺うことができました。

笑顔って人から人に伝染するんだということを感じました。つまり、このお二方の職場も元気のいいスタッフが揃っているということです。そして「休日に時間があるときに何をして過ごしていますか?」という質問をした際にお二方のうちのお一人が「映画や美術館に行きます」とお応えになりました。

感性を磨くために美術館に行く人の話を聞いたことがあったのですが、この方は「想像力を働かせるために行きます」とのことでした。お客様にサービスを提供する際、想像力や柔軟性が必要になるとのことで、答えのない絵画を見て、自分なりにこれはどういう解釈をすればいいのだろうと考えるのが好きなのだそうです。

へー、、と感心してしまいました。結構お若い方に見えましたので、最後に失礼ながら年齢を伺ったところ「24歳です」とのことで、二度驚きました。やはり第一線で活躍する人は違います。そしてそういった人を第一線で戦わせている企業も強いですね。

スマートフォンに変えてから、電車の中で本を読まなくなったと記載しましたが、気になる本のチェックは継続しておこなっているため、未購入で読みたい本がどんどん溜まっています。今までは、アマゾンのWEBサイトで気になる本の個別ページを表示し、ブラウザのアドオン機能で、はてなブックマークを使って、とりあえずのメモをしていたのですが、ブックマークする際に、本でもCDでも情報でも、特にタグ設定をしていないので、後から探すのに苦労していました。いわば、なんでもかんでも倉庫に押し込めちゃっている状態です。

タグ設定して呼び出すか、タグ設定したものだけをrssでgoogle readerに登録すればいいかとも思ったのですが、特定のタグだけをrssで吐き出すことは出来ないらしく(知らないだけで出来るのかもしれませんが)。そもそも、今からタグ付けするのも面倒なので、今後は以下の方法で整理することにしました。

・ブクログという本棚サービスに気になる本(あくまで購入前)を登録する。
・ブクログの情報をrssでgoogle readerに登録する。

今はgoogle chromeなのでブクログから検索して登録しているのですが、Firefoxにはブクログのアドオンもあるようなので、それを使ってみようかと思っています。この方法であれば、スマートフォンでもgoogle readerを閲覧すれば、書店で購入する際の手掛かりにもなります。ちなみに、ブクログはFacebookやTwitterなどのアカウントがあれば、新たに登録しなくても簡単な認証でログインができます。但し、このIDとPWはスマートフォン(アンドロイド)では使えないとのことで、あえてgoogle readerで見ることにしました。

色々な方法があると思いますので、まだまだ模索してみます。