地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

昨日で2012年の仕事納めとなったフューチャーリンクネットワーク。昨夜は社内で仕事をしつつ、納会が開催されました。納会の模様は後程お届けいたしますが、今日は朝から毎年恒例の卸売市場へ行ってきました。

カニなどはネットで購入してあるのですが、お刺身やお刺身やお刺身など…考えてみると刺身しか購入していませんが、滅多に行かないので鮮度の高そうなものを目で選びつつ、購入しています。以下、簡単に写真でその雰囲気をご紹介いたします。

DSC_0104-1

DSC_0092-1

DSC_0097-1

DSC_0114

a1180_005375

今朝起きたら、突然テレビで松井選手の引退記者会見が流れてきました。熱烈な野球ファンではありませんが、人として尊敬できる人物でした。あの会見を見て「引き際を自分で決めれる人はかっこいい」と思いましたし、「引き際について人がとやかく言うものではない」とも思いました。

スポーツに限らず、ビジネスの場、それこそ人生においても、最も輝ける「全盛期」というのは確かにあると思います。全盛期というものが「ピーク」だとしたら、そのピークに向かって挑戦できるうちは、引く必要はないと個人的には思います。そして、それは周りが「いくらやっても無駄だからやめちまえ!」と決めるのではなく、挑戦できなくなったと感じたときにその本人が決めることだと思います。

松井選手が会見の中で「最も印象に残っていることは?」と聞かれたときに、「長島監督と素振りをしたこと」と応えたのは松井選手がいつまでも原点・基本を忘れずにいたことを深く印象付けてくれました。私なら、表舞台で活躍していたときのことを真っ先に言ってしまいそうです(^^;

人はこうあるべきというのを見せられた会見でもありました。これからのご活躍をお祈りしております。

昨日のブログはフューチャーリンクネットワークの代表取締役、石井丈晴のバースデープレゼントの話題でした。記事を書いたのは社員Fさん。以前、このブログの過去記事におけるロングテール効果について記載したことがありましたが、昨日の記事も今月の中では最もアクセス数が伸びました。社員Fさんはここ最近、全体の20%しか記事を書いていないのに、アクセス数の大半は社員Fさんによるものです。ここでも20:80の法則が実証されています。

さて、80%の割合で記事を書いていても全体の20%しかアクセス数が得られない私による(ってひがみっぽいですが…)、これまたアクセス数が寂しい状態になる本に関する記事です。表題のとおり、今年最後のアマゾン注文をしました。だから何よ?という話題ではありますが、両方共に予備知識なく、本屋で中身を見てかなり参考になりそうな本と判断し購入に至りました。

いずれも、まだアマゾンでは評価が書き込まれていません。この2冊と、以下を年末年始の楽しみにしたいと思います。

それにしても、映画版のレ・ミゼラブル。台詞が終始、歌なのには最初驚きましたが、見終わってみると歌だったことを忘れるくらい自然でした。私が知っているミュージカルは、感情の起伏に併せて歌(表現)が入り、それ以外のいわゆる台詞部分は歌ではありませんでした。今回のは、まぁほぼ完全に歌です。撮影現場にピアノやオーケストラを導入し、俳優さんたちはその音楽を直接・またはイヤホンで聴きながら歌って撮影したのだとか。是非、劇場で見ることをおすすめいたします!

IMG_20121028_130256

マクドナルドがビッグマックキャンペーンの一環で「ENJOY!60秒サービス」というのを一部の店舗で始めたそうです。詳細は以下の内容。

●お会計終了後から商品お渡しまでの時間を砂時計(ドライブスルーはタイマー)で計測
●60秒を超えて商品をお渡しした場合、「ビッグマック」等のハンバーガー類と交換できる無料券をご提供

ニュースリリースには、「温かくおいしい出来たての商品を、スピーディーにご提供するマクドナルドの「メイド・フォー・ユー」システムを、ゲーム感覚で楽しみながらお客様に改めてご体験いただきます」とのことなので、一種のゲーミフィケーションですね。新しい商品の投入やポテトやドリンクが全サイズ一律料金というのも、それはそれで消費者にとっては嬉しいのですが、こういった遊び心あるキャンペーンも個人的には大歓迎です。

なお、「クォーターパウンダー・チーズ」「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」「メガマック」など、一部のデカ盛りバーガーは対象外だそうです。先行店舗以外は来年の4日から1月末いっぱいまでとのこと。時間を計る(砂時計をひっくり返すだけですが)というオペレーションが一つ増えることが、逆に手間にならないか?という懸念も考えられますが、どんな風にするのか見てみたいと思います。

「スターバックスがコーヒーの量を減らしていた-不満の声も」という記事がブルームバーグ社のニュースに掲載されていました。

a0150_000061
※写真はイメージです。

先日、スターバックスでコーヒーを飲んでいた際に、隣のテーブルにコーヒーを持ってきた方が連れの方に「ねぇねぇ、見て。コーヒー少ないよ」と言っていたのを思い出しました。実際にどのくらいだったのかは見ていないのですが、きっと故意にされたものではなく、人により多少のバラツキがあるんでしょうよ、文句言わない言わない・・・くらいにしか思っていませんでしたが、これが関係しているのかもしれませんね。

お客様がこぼして火傷しないように、、という理由が書かれていますが、であれば渡すときに注意を促すなどすれば済むような気もします(それでも何かあれば、言った言わないで文句を言われるとは思いますが…)。

実際に上記のニュース記事中には、検証までされていて、測ってみたところ基準をさらに下回るケースが顕著だったとか。このような記事を見ると実際に試してみたくなる人も当然増えると思いますので、ある意味いいプロモーションになりそうな気もします。別にそれがいいとか悪いとかではなくですが…。

今年も今日を入れてあと12日になりました。会社の年末年始の休業日を考慮しますと、稼働日は実質あと6日です。忙しくて色々なことに手が回らないと自分が感じているときは、本来やろうとしていることが出来ていないことが非常に多いです。なので今一度、必ずしなければならないこと、しなくてもいいことを考えて行動したいと思います。

昨日は東京フォーラムで株式会社フューチャーリンクネットワークの会社説明会をおこないました。昨年は面接の一部から参加させていただきましたが、これまで以上に採用に力を入れていくということで、私も含めて最初から関わる人間が増えました。

昨日は弊社代表の石井と取締役の岡田による会社説明(プレゼン)があり、その後に数グループに分かれ、社員が混じっての座談会(質疑応答)がありました。プレゼンで「地域活性」や「地域に関わる事業」といった部分に興味を持たれた学生さんが多く、私のグループでは、社風や仕事のやりがいというメンタルに影響しそうな質問よりも、事業内容の詳細に関する質問が多かったように思います。いくつかの質問に答えるうちに、自分の中でも原点に帰るといいますか、なぜこの仕事をしているのか?を再確認する場にもなりました。

「なぜ、フューチャーリンクネットワークに入社したのですか?」

これなどまさに原点回帰の質問です。以前、このブログでも書いたかもしれませんが、私がフューチャーリンクネットワークに入社したいと思ったのは、以下のような理由からでした。

●以前は、地域・地元などまったく興味関心がなかった(自分の近辺のことを見ていなかった)。
●海外で数年勤務して、自分の近辺のことにもっと関心をもつべきだと思うようになった。
●自分が育った場所に貢献したくなった=地域に関わる仕事がしたくなった。

簡単にまとめるとこんな流れで、「地域」に関わる仕事をしたいと思うようになり、それを実現できる環境がフューチャーリンクネットワーク(まいぷれ)にあったのを見つけたからでした。見つけられたのは非常に運がよかったと思います。自分から探そうとしなければ情報はやってこないなんてよく言いますが、それは当たっていると思います。ネット以外でも、こんな情報がほしい・・・と真剣に思っていると、実際にそういう情報が目に、耳に入ってきたという経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

なので、自分が興味・関心を持っていることには妥協せず、アンテナを伸ばしてオープンな状態でいるべきだと思います。昨日、初めて会社説明会に参加された方も何人かいましたので、その方たちにとっては弊社の会社説明会が基準となることでしょう。逆に、既に何社か受けていた方にとって弊社がどのように映ったのか興味深く思います。

さて、写真は最近はまっているクエン酸飲料です。

2012121813340000

スティック1本で500mlの水に溶かして飲みます。以前は、別なものを飲んでいたのですが、アマゾンでは非常に安く手に入りますし、何より運動時の疲労回復だけでなく、仕事時の気分転換にもいいのでおすすめです。

今日は会社説明会の1回目とういことで、昨年と同様にTOWN GAMEという街づくりゲームをおこないました。

03

00

01

02

明日は再び都内にて会社説明会です。明日は座談会もありますので、しっかり準備をしていきます。