地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

まいぷれの冬特集で実施したクリスマスケーキのプレゼント。先週の金曜日に、クリスマスケーキの引渡しはすべて終わったのですが、津田沼のパティスリーラシェールさんの元に、当選者からお礼の手紙が届いたとのことで、お知らせをいただきました。

内容は以下です。

こんにちは!!先日「まいぷれ」さんで、クリスマスケーキに当選させて頂いたものです。「パティスリー・ラ・シェール」さんの”シークレットスペシャルケーキ”。家族みんなでドキドキ・ワクワクしながら、箱を開けました。

「うわぁーかわいい~!!」。切り分けるのがもったいなく、何枚もみんなで写真を撮りました。心がこもった、とってもおいしいケーキでみんな大感動でした・・・。

思い出に残るステキなクリスマスになりました。どうもありがとうございました。

店主さんが感動したのは言うまでもありませんが、こういう反響があると、プレゼント企画をやってよかったなと思います。来年は、さらに喜んでもらえるような企画を考えないと。

昨日28日で仕事納めという企業は結構多かったのではないでしょうか。取引先の会社からもそのような声が聞こえてきます。フューチャーリンクネットワークは29日、本日が仕事納め。夜は納会も予定されています。

今年は大掃除を最終日におこなうことはせず、事前に少しずつ社員全員が日ごろから掃除をおこなってきました。掃除も積み重ねてきたことで、日ごろからクリーンな環境が保たれるのと同様に、仕事も積み重ねることが大事だと痛感しています。

まだ振り返るのには少し早いですが、2011年は仕事の目標と併せ、自分自身がビジネスマンとして、どう成長していきたいのか明確に描いて、それに向かって少しずつ積み重ねていきたいと思います。

昨日はお昼過ぎに外部から講師をお招きし、SEOに関する勉強会が開催されました。システムチームを中心に、関連する部署のスタッフが参加し、約2時間お話を伺いました。

SEOに関しては、個人的にも以前から興味を持っていたものの、本当に確実に結果を出すノウハウってあるのか?と疑問に思っていました。費用もリスティング広告などを打つよりも、相当かかります。しかし、昨日のお話を伺って、ノウハウの片鱗に触れることができたような気がしました。

昨日、講師をしていただいた会社さんは、さすがにそれを生業としているだけあって、様々な試行錯誤や検証をおこなってノウハウを取得しているのが伝わってきました。SEOの歴史についても、話を伺いましたが、外部サイトからのリンクを増やしたり、ブログのコメントからのリンクを増やしたり、といったことは次第に有効ではなくなりつつあるようです。

結局は、ユーザーにとって使いやすいサイトになっているか。記述に誤りがないか。そういった基本に忠実な当たり前のことが出来ているサイトが、SEO的にも生き残っていくのではないかと思いました。

この1年間、続けてきたことのひとつに日記があります。日記といっても、blogではなくて、紙の日記帳に書く方です。なぜ、日記をつけようと思ったかというと、

1)その時々で、自分が何を考えどんな行動をしていたのか振り返るため。
2)アウトプットの道具として。
3)話題作りの訓練として。

というのが主な目的でした。日記を書き始めた当初と今とでは、明らかに仕事に対するモチベーションは今の方が高いのですが、いつからどのようにしてモチベーションが高くなったのかなど日記を見れば分かります。

それはモチベーションを維持するためのヒントでもあり、モチベーションが下がってしまったときに、どのようにすれば上昇できるかのヒントとなる自分なりの記録です。

昔、イチロー選手も読んでいたという「メンタルタフネス」という本を読みました。

この本には、モチベーションを高める方法として、自分が嬉しい、楽しいと感じたり、気分が高揚したときのことを、ノートに書いておくというものが紹介されていました。そのときの状況を書き記しておき、同じ状況をイメージすることで、モチベーションを高めることに役立てるわけです。

今回、つけていた日記はそれに近い活用ができるはずです。勿論、仕事のことばかりではなく、「風邪ひいた」とか「11月なのに20℃以上ある」など、日常の些細なことも記録しています。blogでも同じことはできるのですが、キーボードを打つより、文字を書く方が少しは考えているような気がしますので。

というわけで来年も日記は続けます。つい先日、来年の日記帳も買いました。今年のは1000円でしたが、来年のは無駄にしたらもったいないくらいのものにしてみました。

今日はPAT稲毛の(仮称)稲毛海岸プロジェクトインフォメーションサロンでのイベント6回目でした。1回目に開催したおりがみを再度開催。但し、内容は前回の干支(うさぎ)ではなく、クリスマスにちなんでサンタクロースを折りました。

本多先生がサンタクロースに扮し、参加者のみなさまには楽しい1時間をお過ごしいただけたと思います。

詳細はこちらのページにも掲載中です。ご覧ください。

レバレッジシリーズの著者としてお馴染みの本田直之氏がプロデュースした新書「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」。2年前に出版された本ですが、昨日たまたまトレーニングジムに行った際に、ふとその本のことが頭をよぎることがありました。

以前は週2ぐらいで通っていたジム。週1に集中した方が疲れにくく、体調もいいのでこのところは週1だったのですが、毎回筋トレに関してもほとんど同じメニュー。別に飽きはしないものの、同じ刺激はそのうち筋肉(脳)も慣れてしまい、効果が得られなくなります。

昨日はたまたま、ジムに来ている方で、もう70歳になる方から、ご自身の長年の経験による筋トレメニューをいただきました。エクセルで作られた、そのメニューには・・・

・ケーブルクロス
・ベンチプレス
・デッドリフト
・スクワット

ほか、1回(1日)でやるメニューが6パターンで書かれていました。レップ数は10回。それを最低5セットやる。そして、汗をかくぐらいの負荷でないと、意味がないというもの。そういえば、最近筋トレで汗かいてないなぁ、、と思いながら、メニューを参考に早速やってみました。

ジムに来ている方で、結構筋トレをしていても、体が出来ていない人は結構います。私自身も出来ていない方ですが、出来ている人のトレーニングを観察していると、やはり徹底的に胸なら胸、腕なら腕を集中して追い込んでいます。

これって仕事でも同じですよね。目標を達成するためには、とにかく徹底的に集中すること。但し、筋トレもそうですが間違った方法をいくら集中してやっても、筋肉にはならないのと同じで、仕事も正しい方法、正しい方向を目指していないと達成はできません。

筋トレで体が出来ている人は、セルフマネジメントもしっかり出来ている人だと思います。そういう意味で、ビジネスの世界でもきっと活躍しているのだろうな、、と思います。

正しい方向・方法で目標に向かって集中する。実践していきたいです。

今日は四半期に一度のキックオフミーティングの日でした。キックオフミーティングとは、前期を振り返りつつ、それ以降の期の動きを確認したり、情報共有や意見交換をおこなう場です。

特に今回は今期(11期)があと約80日しかないということもあり、今期ここまで出来たことや、出来なかったことの振り返りと、それに伴う残りの期での動きや、来期(12期)に向けての予算に関する戦略を各グループの代表が発表をおこないました。

今回のキックオフは有意義だったのではないかと後の懇親会で社長が語っていましたが、私個人も各チームの動きや考えていることを知ることができたので非常に有意義な場だったと感じました。

何よりも各チームのプレゼンの仕方に、それぞれの特徴が出ていて勉強になりました。例えば、とあるチームのNさんは、「そろそろみなさん、お腹が空いてきた頃でしょう」ということで、発表前にシュウマイを配ったり。

一年前と比べると、ブレが少なくなった気がしました。ここまでみんなで積み重ねてきたことが、自信になっているのでしょう。まだまだ良くしていかなければならないことは山積みだと思いますが、少なくとも今の会社には歩みを止めている人はいないと思いました。

懇親会である人が「今、仕事をするのがとても楽しい。」と言っていたのがとても印象的でした。いい仕事をするとき、会社に貢献するとき、というのは絶対にその人自身が、楽しく仕事をしているはずです。そういう楽しさを全員が感じていたら、これからさらに会社としてもステップアップしていけると思います。来年、来期が楽しみです。