地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

気になる本を羅列。

10月 20th, 2012 | Posted by 社員Y in ビジネス本 - (0 Comments)

スマートフォンを入手してから、電車の中で本を読むことが減りました。何を見ているかというと、google readerを介しての記事購読なのですが、元々細切れ時間を利用して本を読むのが得意ではなかったので、この方がいいのかもしれません。

とはいえ、読みたい本はチェックしているので増えていきます。最近の気になる本をいくつか並べてみます。

しくみづくりイノベーション しくみづくりイノベーション
電通コンサルティング

ダイヤモンド社 2012-09-14
売り上げランキング : 4095

Amazonで詳しく見る by G-Tools

成功はすべてコンセプトから始まる 成功はすべてコンセプトから始まる
木谷 哲夫

ダイヤモンド社 2012-09-14
売り上げランキング : 1980

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「魚の釣り方」は自分で考えろ 「魚の釣り方」は自分で考えろ
泉 忠司

中経出版 2012-09-21
売り上げランキング : 5409

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コカ・コーラ 叩き上げの復活経営 (ハヤカワ・ノンフィクション) コカ・コーラ 叩き上げの復活経営 (ハヤカワ・ノンフィクション)
ネビル イズデル デイビッド ビーズリー Neville Isdell

早川書房 2012-09-07
売り上げランキング : 25077

Amazonで詳しく見る by G-Tools

バランスクッションを購入して約1週間が経過いたしました。岡田さんにお借りしていたものとは感触が異なり、このバランスクッションは空気を入れても当初から硬さが感じられませんでした。まぁ、それでもアマゾンのレビューに記載されていた「空気が入らない」ということは全くなくて、いえ実は最初はうまく入らなかったのですが、ぐっと針を差し込んでプシュプシュ動かすと空気はすぐに入ります。ぐっと押し込むことがコツです。

以前、お借りしていたものは空気がパンパンではないにも関わらず、弾力があるというか適度な硬さがあり、体重とのバランスが取れていたため、姿勢を正すことで体幹が鍛えられていること実感できていました。このバランスクッションは、硬さがないので空気をいっぱい入れても座るとぼてっと凹んでしまうため、バランスを取るに足りません。残念ながら座ってバランス感覚を養うのには向いていないのかもしれないですね。他の利用方法もあるので、試してみたいと思います。

写真は、ふくらませすぎていびつな形になっているときのものです。ここまでふくらませたらダメですね。

購入せずに立ち読みして済ませてしまいましたが、日経ビジネスアソシエの特集が手帳術でした。

手帳術として紹介されている利用方法の中に、自分自身がまったく同じ使い方をしているものがありました。結局手帳やスマートフォンなどもそうですが、ある程度の期間使っていくと自分で使いやすいように工夫します。極めた!とは思いませんが、突き詰めるとこうなった的なことは、誰かしらの利用方法と合致するものです。逆に、自分とは違う利用方法をしているもので、いくつか参考にしたいものもありました。

今の手帳では、日々のタスクは管理しているのですが、それを時間軸では管理できていないので、その辺をうまく消化したいと思っています。とはいえ、手帳はあくまで手帳です。実際の作業の目安でしかありませんし、全てが予定どおりに行くはずがありません。ですので、結局のところはタスクの備忘録として使うことに落ち着いているのが今の状態です。

LOFTや東急ハンズといったところに出掛けると、そろそろ手帳が売場の主役になっています。一昨年は無印良品の手帳を使い、昨年の7月からモレスキンの18ヵ月ダイアリーを使っています。打合せ用や、本のメモ、広告気付きメモなどもモレスキン(小サイズ)を使っているので、日々持ち歩いている手帳はスケジュール管理を含めると6冊になります。1冊ですべて網羅することも出来なくはないのですが、分けることで頭を切り替えられる気がしています。

これだけモレスキンを使っていると、来年もメインはモレスキンと考えるところですが、トラベラーズノートをメインにしようか迷っています。

トラベラーズノートは、その名前の通り、旅行を記すことを目的に作られたカスタマイズ自由な手帳です。ビジネスというよりは、カジュアルな雰囲気を持った手帳なのですが、皮の割りにはコストパフォーマンスが良く、かつ皮なので手触りがよく、使い込むほどに味が出てきそうなところに魅かれています。但し、これをビジネスユースにしている人は、あまり多くないようで、もしかすると使い勝手がビジネス向きではないのかな、、と思っています。中身がリフィルで自由に選べるので、自分に合ったものを選べるという点でかなり自由度も高いと思うのですが。

購入して今ひとつ使えなくても、本当のトラベラーズノートにすれば済むので、おそらく来年のメイン手帳はトラベラーズノートになる予定です。参考までに、個人的に今まで気になった手帳を以下に紹介いたします。

といっても、そんなにないですね。。(^^;

プロフェッショナル宣言している、まいぷれスタッフの一メンバーとしてはあってはならないことですが、たまにはシフトチェンジできないときもあります。モチベーションがあがらないとき、集中できないときには、どうするべきか?

それは一つのことにしか手をつけないことです。他のことは一切放置。電話は仕方ないですがメールは見ないし、新たに依頼された案件も今すぐというものでなければ放置します。

一つのことに頭を使うことで、しばらくするとそのこと以外は頭に入ってこなくなります。それでも気が散ってしまうときは、いつもはしないことをしてみるのも手段の一つかと思います。

今日はその方法でなかなか進まなかった提案書が二つできました。うまく自分をコントロールして生産性をあげる工夫をしたいものです。

近々オフィスの拡張が予定されており、作業が今ひとつはかどらないため、気分転換で身の回りの片付けをおこなっています。当然のことながら最も多いのは紙。ペーパーレスと言われるご時世の逆を行くくらい打合せ資料が多数引き出しなどに入っています。こういうものは、都度スキャンするなり整理するクセをつけておかないとダメですね。

日曜日にテレビ東京で紹介されていた「収納カウンセラー 飯田久恵さん」の方法を見習わなければ。

このブログで何度も登場する言葉がいくつかあります。

プロフェッショナル

成長

そして、スピードです。

今日は朝礼で板倉さんより、以下のようなお話がありました。

僕らはベンチャー企業として出発した。

人数も増え、13期を迎えるともう周囲はベンチャーという目では見てくれない。

ベンチャーの強みは「発想」「スピード」だ。

僕らに今必要なのは「スピード」じゃないか?

毎期が大切なことも承知の上ですが、

今期は特にターニングポイントとなる重要な期ということは繰り返し言われてきました。

各チームが目標を達成することにもっと執着すること。

それを実現するには先回りで物事を考える習慣と行動のスピードをあげること。

原点に帰って今一度、ギアチェンジをしたいと思います。

神奈川事務所も復活し、宮前区のポータルサイト、宮前ぽーたろうのラッピングカーも出来ました。街で見かけたらお気軽に何かしてください。