地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

先週ぐらいから2013年の新卒採用の二次面接が始まっています。

今日は私が担当で午前中から夕方まで3回行います。

さて今日、2月13日の日本経済新聞の朝刊の39面にヤンキースのイチロー選手の記事がありました。

この記事を読むだけでも、今日の日経新聞は手にする価値があると思います。

例えば、レギュラーが保証されていない大リーグでの厳しい生存競争に挑む武器として

プロフェッショナル意識の高さが挙げられています。

素人から見るとそれは「努力」の延長線上にあるのではないか?と思いますが

本人は「努力」は自らが口にすることではなく、第三者から見たときにたまたま

そのように見えるだけで、本人が「努力」を意識しているうちは、プロフェッショナルではない

とも取れる発言をしています。

努力すれば必ず報われるという考えは間違いだという内容は、陸上の為末氏の本にも

書かれていました。「努力」したからというのは、結果が伴わない以上、単なる言い訳に過ぎず

結果が出て始めて第三者が「あの人は相当な努力をしたのかもしれない」と言うものだと思います。

「努力」をはきちがえないように、プロフェッショナルとしての意識を高めたいと思います。

勉強になる記事でした。

名前が覚えられなくて困っているビジネスマンは多いと思います。

よくある工夫として、帰社後に名刺に特徴や話したこと、日付を

入れておくなどがあります。

名前が覚えてもらえずに困っているビジネスマンは・・・ここにもいます。

以前も記載いたしましたが、私社員Yの名前(苗字)を正確に覚えてくれた方は

非常に稀です。珍しい名前では決してないのですが、名刺交換直後だったり

メールのやりとりだったり、電話だったり、ありとあらゆる場面で

吉岡さん、吉田さん、吉井さん、吉野さん、などなど間違われます。

そんな印象に残らない社員Yではありますが先日、感動的な出来事が

ありました。

P1050696

船橋にある、四川火鍋専門店 みやまさんに食事に伺った際のこと。

オーナーのみやまさまが、入店時や帰る際にとてもきさくにお話していただき

その際に社員Yの名前が何度か出てきたのですが、一度も間違われませんでした。

なんだい!味に感動したんじゃないんかい!というなかれ。

勿論、火鍋は絶品でございましたが、まだ2回目にもかかわらず

名前を覚えてくださっていたことに、とにかく感動いたしました!

自分が名前を覚えられて嬉しいのですから、他の人の名前を覚えることで

自分も少しは嬉しさを提供できるかも、、と思った次第です。

日経新聞を読みなさい。

3~4年前から弊社代表の石井丈晴が口を酸っぱくして言ってきたことのひとつです。

image

日経新聞(日本経済新聞)は、新聞各紙の中でも値段が高く、経済の動きを軸とした話題が中心のため、とっつきにくいとか、読んでもわからないという理由により敬遠する人が未だに多いようです。

新聞よりもインターネットで情報を得たほうが、安いし、早いし、手軽という理由もあるでしょう。情報がこれだけ過多になると、取捨選択に時間がかかります。 そして取捨選択した情報の信憑性、情報の質の担保は個人の責任において判断しなければなりません。

それはそれで、真剣にやれば情報を精査する力がつくので必要なことだと思います。但し、自分の興味のない情報と接する機会を遮断するというデメリットもあります。自分の知見を増やすという意味では、新聞もまだまだ捨てがたいものだと個人的には考えています。

さて、個人的には日経新聞は以下のように読んでいます。

●最初に1面記事を読む。
●1面にある春秋(社説)を読む。
●めくって総合・政治・経済をざっくり読む。
●国際を飛ばして、企業面を読む。
●投資を飛ばして、マーケット面を読む。
●消費・地域面を読む。

朝の通勤時間は20分ぐらいなのですが、その範囲においては上記までとなります。じっくり読むのは1面と企業面で、それ以外は本当にざっくりとしか読んでいません。その中で、分からない言葉などがあれば後で調べます。そして、特に1面記事や総合・政治・経済に記載されている問題事項については、自分ならどう解決するか?と考えてみます。

例えばネット上では、ヤフーのトピックスなどは、見てクリックしたくなるようなキャッチコピーが考えられていますが、新聞も同じく見出し部分などは非常に参考になります。最初は意味がわからなくても、そのように毎日続けていると知見も増えて、視野も広がっていくと思います。

会社説明会2013

2月 7th, 2013 | Posted by 社員Y in お知らせ - (0 Comments)

今日は東京フォーラムで午後から行われます。2013年の会社説明会は今日が最後です。どんな出会いがあるか楽しみです。

image

image

本日、これから会社説明会です。
交通機関への影響も最小限ですみました。

image

image

image

今朝は朝焼けが見れました。

image

夏の空のような色でしたが、明日は関東は先日のような積雪があるとか。今日は風が強いので、このあとの天気も変わりやすいのかもしれません。

さて、昨日の会議では自分たちが長い間、成長の踊り場に停滞していることをあらためて認識しました。いつまでも変わらない、一ミリ足りとも前に進めないなら、その存在意義とは何なのか?

待っていても誰も答えを出してくれません。自分たちの頭がパンクするほど考えなければいつまでたっても成長の踊り場からは脱け出せません。

もういい加減、歩みを進めたいと本気で思います。

昨日から関東地方でも花粉が飛び始めたようです。

この時期になると熱い視線を感じる私ではありますが、

ここ2~3年は花粉症の苦しみから逃れています。

a0008_000798

つまり、

それはつまり、

克服とでもいいますか。

声を大にして言いますと花粉症を克服したのではないか?

と思っています。

では、どうやって克服したのか。

その前に、以前の私はこんな感じでした。

・悲しくも嬉しくもないのに涙が止まらない。

・胡椒をまぶされた覚えもないのにくしゃみが止まらない。

・とにかく目がしばしばして、痒くてまともに開けていられない。

・鼻水が止まらない。

そして、ここ2~3年の私は上記をほとんど体験していません。

まぁ、多少は目がしばしばすることはありますが

目が痒くなったり、鼻水がとめどなく流れることはありません。

はい。お待たせいたしました!

それでは今年2013年は特に多いと言われている花粉症を

克服するであろう方法です。

・ひじきの煮物を毎日食べる

・ヨーグルトを毎日食べる

・しょうが湯を飲む

以上です。中でも最初にあげた、ひじきは個人的に最も

効力があるのでは?と思います。

勿論、体質は人それぞれなので、必ずこれで克服および

軽減されるかはわかりません。

あくまで私の場合は、これで花粉症が楽になったということです。

まぁ、食べ物で体質を変えること自体、すぐには無理ですので

先々を見据えて取り組む必要はありますね。