地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

社員Fです。

一連のサイト制作報告のラッシュの(おそらく)最後を締めくくるのが、まいぷれのパートナー募集サイトです。

http://partner-mypl.netのスクリーンショットです。

http://partner-mypl.netのスクリーンショットです。

このWebサイト自体は、以前から存在はしていたんですが、なんせhtmlが1枚だけのシンプルなWebサイトで、それだけのスペースでは充分にまいぷれのパートナーに関する情報をお届けすることがなかなか難しい状態でした。そこで、流行り(笑)のWordPressを利用して、Webサイトをリニューアルしました。

ざっとご覧頂くとバレてしまいますが、情報量を増やすのが難しかったと書いておきながら、オープン直後から、掲載されている情報量が少ないのが現実です(大汗)これから事例紹介など、Webサイトの情報量を増やして、まいぷれのパートナー事業に興味を持っていただけるきっかけとなるようなWebサイトを目指していきたいと考えています。

まいぷれの展開エリアの日本地図を眺めてみますと、過去に比べると色が塗られて、「まいぷれ」がオープンしているエリアも増えてきていますが、俯瞰してみると、まだまだ空きが目立つ状況ですので、このWebサイトを足がかりに「まいぷれ」のエリア展開を進めていきます。

社員Fです。

最近、私が所属する、まいぷれ開発部では朝会を始めてみました。朝会の時点で、当日、行う予定の業務をそれぞれが報告しています。

1日の始まりに、自らのタスクを整理するのは、特段、珍しいことでもありません。ただ、自らのタスクを報告しながら「あぁ、そういえば、昨日も同じようなことをやるって言って、他のことが忙しくてできなかったなぁ…」と思ってみたり、他の人のタスクの報告を伺いながら「XXさん、今、あんなことに取り組んでいるのかぁ」と思ってみたり、ひとりでタスクを整理するのは、また違った気づきがあってなかなか興味深いです。

そして、朝会の後は、軽く”円陣”やってます。ただ、我々は高校の部活動でもないので、極めてソフトに、そして、とても大人しくやってます。

その軽い”円陣”で、具体的に何をやるかなんですが、弊社の社長の口癖(酔うと連発するという噂)である「ロマンチックにいこうぜ!」にちなんで、「ロマンチックにいきましょう!」ってかけ声でやってます。しつこいようですが、隣の部署に聞こえるか聞こえないか、くらいに、極めてソフトに、そして、とても大人しく…です(大事なことなので2回書きました)

ただ、今日の朝会では、弊社の2年目社員が、なんだか張り切ってましたので、とりあえず、写真を貼っておきます。

「ロマンチックに行きましょう!」と叫ぶ、2年目社員S。

「ロマンチックに行きましょう!」と叫ぶ、2年目社員S。

これは、かなり…いや、相当にロマンチックですねー。いやぁ、若いって素晴らしい(笑)…といった感じで、今日も愉快な社内風景でした。

社員Fです。

最近、弊社の”なかの人”たちの間では、WordPressを使った情報発信が流行しつつあります。なんとなく各部署ごとに、ドメインを取って、サーバを用意して…といった感じになっていまして、むしろ、そういうサイトを構築していない部署が少ないんじゃないか、というくらいの勢いです。

WordPressを使ってどんなサイトを作っているとかといいますと、先日、ご紹介したような、官民協働の事例を掲載したサイトのように、既存の資料や弊社のWebサイトのニュースリリースとして掲載されているような内容を、改めて見ていただきたい主体に合わせて再編集するといったタイプが1つ。このタイプですと、まいぷれのパートナー様向けの情報提供サイトのように、まいぷれのパートナーに興味を持っていただいた方への情報提供を目的としたサイトもありますね。

今回、ご紹介するのは、また別のタイプでして、まいぷれの掲載店様のニュースをピックアップしてご紹介するサイトです。その名も「まいぷれニュースまとめサイト」。かなり直球なネーミングです(笑)

まいぷれニュースまとめサイトのキャプチャ

まいぷれニュースまとめサイトのキャプチャ

今日現在の最新記事は、先日、船橋にオープンされた「キャメルピッツァ」さんのニュースというより、お店ををご紹介する記事ですね。

今回伺ったCAMEL PIZZA (キャメル ピッザ)さんですが、ピザが美味しいのは当たり前!生ハムや浅蜊の大盛白ワイン蒸しなど、ピザ以外にも美味しいメニューが盛沢山でした!!ハードルが高い…なんて勝手に決めつけていた自分が恥ずかしかった…店長さんもとても気さくな方で、スタッフさんも朗らかで雰囲気も本当に良かったです。最後に、琥珀エビスがピザの美味しさをより一層引き立てていたことを申し添えておきます。

…とのこと。弊社で地域のお店の営業を担当している社員が書いていますので、地元の注目情報が掲載されるだろうと思います。ご期待ください!

社員Fです。

この度、自治体のみなさまと、地域情報サイト「まいぷれ」の協働により実現した事例をご紹介するサイトができました。その名も「まいぷれの官民協働事例紹介」です。

まいぷれの官民協働事例紹介サイトのスクリーンショットです。

まいぷれの官民協働事例紹介サイトのスクリーンショットです。

改めてまとめてみれば、いろいろな事例ができているものですね。例えば、新宿区の子育てに関する情報を集めた「新宿子育て情報局 いい・ばんび~に」といったコンテンツや、千葉県の観光情報サイトを、まいぷれのASPで提供している「ちばの観光まるごと紹介」といったWebサイトなど、中のひとであるはずの私が見ても、改めて、いろんな事例ができたんだなぁと興味深く眺めました。

どっちかというと、自治体のみなさま向けのサイトですが、「まいぷれ」に興味を持っていただけた方には、「まいぷれ」ってこんなことも実現してますよということで、オススメです。

社員Fです。

先日、第二四半期に向けたキックオフを行ったというエントリーを書きましたが、第二四半期に向けた取り組みに関することを書いてみたいと思います。

ささっと結論を書いてしまうと、第一四半期の終了に伴い、PDCAの「C」とか「A」とかの部分を考慮して「P」すると、第一四半期の延長のままでOKな部分と、盛大に変えなくてはいけない部分がでてきます。そういった方針転換や戦術の変更に合わせて、社内の諸々が変更されるわけですが、いかんせん、大きな設備をもっているわけでもない弊社においては、変更の大部分が、人の異動や、各人のミッションの変更といった、人にまつわる部分が多くを占めてきます。そして、そういった変更が行われる場合はオフィスの机や椅子の配置を変えることになります。で、その辺の変更をさらっとキックオフの翌日にやってしまいました、という話です。

(私の記憶が間違っていなければ)四半期を1タームにして、ちゃんとPDCAを回していくことにした弊社においても、第二四半期に向かうために、PDCAの「P」の部分にそれなりに時間かけることが必要です。しかし、その一方で、このプロセスにむやみに時間をかけても「D」の時間が失われるだけ(とりわけ、四半期における1日は、一年における1日よりも重要です)ですし、締め日の近くになってバタバタするくらいなら、スタートダッシュを成功させる方がなんとなく合理的な気もしますし。。。ま、端的に書けば、立ち止まって考えるんじゃなくて、走りながら考えようってことでしょうか(汗)

それに、往々にして、変えると決めても、実際に動き出すまでに時間がかかりがちだった弊社からすれば、キックオフの翌日にオフィスのレイアウト変更が終わり、第二四半期の最初の営業日から新しいレイアウトでスタートを切れるということ自体が「変化」の一つだったとも言えます(汗)

閑話休題。以下の写真が、レイアウト変更の様子です。時間が来ると、残っていた全員でおもむろに机や椅子の移動を開始しました。バイトで来ていた学生や、たまたま、その場に居合わせてしまった、ブレインネットの赤沼さんにもお手伝いいただきました(…ありがとうごいざいました)

layout-3

layout-1

layout-2

そういえば、某部署では、マネージャーが「地域のお店に伺っている時間を増やして欲しいから、社内に座りやすい椅子と机はいらない!」と言ったかどうかは定かではありませんが、個々人に事務机を用意するのをやめて、部署で大きな机を用意してフリーアドレスに変更しました。弊社でも実験的な試み(…私の入社前はやっていたかもしれませんが)だと思います。

layout-4