地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

ども、社員Fです。

前の記事では雪の日にも関わらず、半袖ポロシャツを来ていた社長をご紹介しましたが、今回もファッション(?)のネタです。

今日の午後、仕事をしていたら、昨年の4月に入社して、あと1ヶ月で「新入社員」を卒業する予定の社員Yと社員Kの二人が社長の机に歩いて行くのが見えました。社員Yと社員Kは別の組織に所属しているので二人揃って社長に仕事の相談ってのも珍しいなと思ったんですが、社長に何やら話した後、三人が大笑いし始めました。「…なんだ?」と思ってよく見てみると…。

同じような色合いのグレイのジャケットを着た3人がいました(笑)

グレイのジャケットの人達

私が入社した頃は、今に比べると社員の数が少なくてそんなに発生しなかったんですが、徐々に社員が増えてから、服がかぶってるってことがちょくちょく起こるようになりました。しかし、3人がキレイにかぶるってことは初めてじゃないでしょうか。

そして、グレイのジャケットの三人をよく見てみると、ジャケットだけでなく、パンツの色までもかぶってました!

実はパンツもかぶってた人達

ジャケットとパンツは、ビジネスマンの王道スタイルだって何かに書いてあったんですが、上から下まで揃うとは…。上の写真の背景に大笑いしている社員が写っていますが、弊社はこんなことでもうっかり盛り上がってしまう愉快な会社です(笑)

ども、社員Fです。

船橋では、昨日の夜から雪が降り続いています。さすがに積もるほどではありませんが、かなり冷え込んでいます。

「…あぁ、今日は寒いなぁ…」と思って仕事をしていたら、社長がこんな格好してました。

富津市のふるさと納税ポロシャツ

この寒いのに半袖ポロシャツです!

このまま、雪が降る西船橋にランニングしに行きそうな雰囲気もあったんですが…。話を聞いてみると、今日は富津市役所の皆さま、富津市のふるさと納税の返礼品を作ってらっしゃる事業者の皆さまにご参加いただいて、ふるさと納税の営みについてご説明する会合が富津市で行われるので、その会合に参加するために着替えたということでした。

実は、社長が来ているポロシャツは”富津市のふるさと納税ポロシャツ”だったんです。

富津市のふるさと納税ポロシャツにジャケット

結局、グレイのジャケットの下に、シアンブルーのポロシャツというコーディネートで、富津市に出かけていきました。そして、社長が出かけた後、社員Yさんが「立ってるポロシャツのエリに昭和を感じるなぁ」とつぶやいてたのはここだけの秘密です(笑)

えーと、唐突な話題の転換で恐縮ですが、弊社では新卒採用に取り組んでいます。寒い雪の日に半袖ポロシャツ着てる社長にツッコミを入れてみたい方、社長と一緒に半袖ポロシャツを着てみたい方、地域活性化に興味がある方などなど、興味がある方は下記のバナーから採用サイトにアクセスしてみてください。

ども、ごぶさたしています。
社員Fです。

12月といえば、クリスマスや忘年会のイベントが満載ですが、弊社においては重要なイベントがあります。それは弊社の社長のお誕生日です!

過去、鉄道好きな社長のために枕木のオーナー権をプレゼントしたこともありますし、月の土地の権利をプレゼントしたこともありました。さて、今年のお誕生日プレゼントは何だったんでしょうか…?

お誕生日プレゼントが社長に渡されたのは、月曜日の朝に社員一同で行っている朝会でした。朝会の終わりに社員Nさんが赤い箱を社長に手渡しました。

社員Nさんから渡された赤い箱

石井社長は若干の衝撃を受けながら、赤い箱を受け取りした!

驚きながら赤い箱を受け取る、石井社長

赤い箱にたっぷり入っていたのは「イシイ」です(笑)有名なお菓子によく似たパッケージですが、実は2パターンあります。

「イシイ」その1

「イシイ」その2

これ、グリコさんが提供している「スマイルビスコ」っていうサービスを利用して作っていただいたオリジナルのビスコです。Webサイトから石井社長の顔写真をアップロードして多少の情報を追加するだけで「イシイ」を作っていただきました。

なんとなく、近所の駄菓子屋で売ってそうな感じがいいですね(笑)

広報担当の社員Zです。

株式会社大日本印刷が現在開催中の「次世代コミュニケーション展2015」にて、弊社の代表・石井丈晴が講演を行いますので、あまりにも直前ではありますがふわっとお知らせいたします。

展示会の概要はこちらです。
————————————
次世代コミュニケーション展2015「P&Iイノベーションで未来のあたりまえをつくる。」
期日  2015年11月17日(火)~20日(金) 13:00~18:00
会場  DNP五反田ビル (東京都品川区西五反田3-5-20)
※事前登録制
————————————
株式会社フューチャーリンクネットワーク 代表取締役 石井丈晴 講演
「地域情報プラットフォームによる地域の課題解決手法 地域活性化の主体として継続可能な事業モデルと今後の展開」
日時 2015年11月19日(木) 14:40~15:30
————————————

「次世代コミュニケーション展」とは、株式会社大日本印刷が毎年行なっているイベントで、参加無料の事前登録制となっております。
次世代コミュニケーション展2015(外部リンク)

当日は、弊社が長年挑戦を続けている“地域活性化を主体とした継続するビジネスモデル”の可能性についてお話させていただきます。
直前のご案内ではございますが、もしお時間のある方は先のリンクより登録の上お越しいただければ幸いです!

社員Fです。

いやー、年末ですねー(汗)

社内もなんとなく年末ムードになってきました。年末というと納会や忘年会といったイベントもあるんですが、弊社の石井社長の誕生日が12月23日なので、クリスマスから年末にかけてのこの時期には、毎年、社長のお誕生日をお祝いしています。

そういえば、去年は、鳥取県の若桜鉄道の枕木のオーナー権とパネルをプレゼントさせていただきました。そういえば、「枕木を見るために、若桜鉄道に乗りに行くよー!」って言ってたような気がしますが…きっと、若桜鉄道の乗り心地はもう堪能されたことでしょう。

そんなわけで、今年の誕生日プレゼントは「月の土地」です!

弊社の社長は、日本はおろか、アジア、世界を視野に入れてビジネスを展開しようとしている社長ですが、「いやいや、日本とか世界とか…とりあえず、地球しか見てないようじゃ、まだまだ甘いっすよ!」ということで、手始めに、地球のちょっと向こうにある月の土地をオフィス用に確保させていただき、その権利をプレゼントさせていただいた次第です。確か、今回、手にした月の土地の面積は、1200坪だったような気がしますので、土地の広さだけを見たら、自社ビルの建築も不可能ではありません!

とはいえ、気軽に月の土地を眺めにいく訳にもいかなさそうなので(汗)、まずは権利書をお渡ししておきました。

20121225100702

今年の社長の誕生日プレゼントは「月の土地」

ちょっとズームするとこんな感じです。

月の土地の証書

月の土地の証書

しかし、最近の社長の誕生日プレゼントは権利系のプレゼントが多いなぁ(笑)

社員Fです。

…あ、そういえば、というネタなんですが(汗)

弊社のWebサイトに社長コラム「導火線」ひっそりとが追加されています。弊社の社長である石井丈晴が、地域活性化への想いや「まいぷれ」の取り組みに関して「熱く」語っています。

社長コラム「導火線」

そろそろ、社長のコラムのバックナンバーも貯まってきましたので(こういうのって1つの記事だけ読んでもあんまりおもしろくないんですよね)、こっちのブログでもご紹介して読んでいただければと思いまして、ご紹介してみました(…さっき、ふと思い出したってのは秘密です)

第1回のあっさりした感じ(笑)から、だんだんと濃い内容(文章量も目に見えて増えていますし)に移り変わっていくのはすごいなぁと、社員ながらに思っております。以下のリンクから社長コラム「導火線」にアクセスしていただけます。

株式会社フューチャーリンクネットワークの第13期は2012年3月から始まっています。今月は6ヶ月目で、上半期最後の月です。来月9月は上半期の進捗・成果報告と下半期の目標・見込みを発表するキックオフミーティングが開催されます。

私が所属するSP部メディアプランニングにおいては、期初に立てた計画がきちんと遂行されているか意識してきたつもりではありますが、今あらためてやってきたことをこと細かにチェックしてみると、目標が達成できていないことに関する原因は、当初決めたことをやり切れていないというシンプルで当たり前のことだったりします。

今期、SP部メディアプランニングでは大きく以下の3つを目標に掲げています。

1)チェーン展開している店舗にまいぷれを利用していただくこと。
2)首都圏以外のまいぷれの訴求力を首都圏以外の企業様に利用していただくこと。
3)ある業種に特化した、まいぷれとは別の新しいサイトを立上げ、顧客満足度を高めること。

この3つの目標のうち、既に3番目の目標は凍結としました。一番の理由は「鉄は熱いうちに打て」を逃してしまったことです。スピードが当たり前のご時世、この凍結は遅すぎる判断だったと思います。

1)と2)については新規顧客の開拓が最大の課題となります。弊社代表の石井からもよく言われることですが、センミツ(1000回のうち3つの割合でしかうまくかない)を肝に銘じておかなければなりません。新規顧客開拓は1000件以上のアプローチをして初めて光が遠くに見えてくるものです。SP部で掲げている目標を達成するためには、10,000件程度のアプローチは必須なのですが、まだまだ10分の1にも達していません。

危機感は持ちつつも、このままいけば間違いなく目標を達成することはできません。半年前と状況も変わっていますので、ゴールから逆算してどのような道を引けばそこに辿り着けるのか、再度考えなおす必要があります。こんなことは日々の積み重ねであり、常に微調整して進んでいれば…と今さら思っても仕方がありません。1日に最低1時間は考える時間を確保しつつ、目標達成への新たな船出をしたいと思います。