地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

ども、(相当に)ごぶさたしております、社員Fです。

いろいろとバタバタしてて、昨年の5月以来の登場となってしまい、実に恐縮です。実は、何回か、途中まで記事を書いて下書きを保存して他の仕事で忙しくなって、気がついたらそのままお蔵入りみたいなことをやってました(汗)まぁ、もともと大した記事を書いていた訳ではないので、初心に立ち戻ればいいんじゃないかということで…ここは一つ、恥を忍んで、しょーもないことでも書いてしまおうと思っています。

続きを読む

ども、社員Fです。

前の記事では雪の日にも関わらず、半袖ポロシャツを来ていた社長をご紹介しましたが、今回もファッション(?)のネタです。

今日の午後、仕事をしていたら、昨年の4月に入社して、あと1ヶ月で「新入社員」を卒業する予定の社員Yと社員Kの二人が社長の机に歩いて行くのが見えました。社員Yと社員Kは別の組織に所属しているので二人揃って社長に仕事の相談ってのも珍しいなと思ったんですが、社長に何やら話した後、三人が大笑いし始めました。「…なんだ?」と思ってよく見てみると…。

同じような色合いのグレイのジャケットを着た3人がいました(笑)

続きを読む

ども、社員Fです。

船橋では、昨日の夜から雪が降り続いています。さすがに積もるほどではありませんが、かなり冷え込んでいます。

「…あぁ、今日は寒いなぁ…」と思って仕事をしていたら、社長がこんな格好してました。

続きを読む

社員Fです。
なぜか、連日、記事を書いております。

先のエントリーで、弊社のまいぷれふるさと納税コンシェルジュの鈴木がテレビ番組に出演したことをお知らせしましたが、実は弊社にはもう1人、ふるさと納税コンシェルジュが在籍しています。

その名も、ふるさと納税マスターコンシェルジュ”K”です。
続きを読む

社員Fです。

巷では高額返礼品や都心における税収減など、本質的な部分とはところか少し離れたところで話題になってしまっている、ふるさと納税ですが、弊社はふるさと納税を地域活性化に寄与できる機会だと捉えています。そこで、シティプロモーションや地場産業の振興につなげられるような形での、ふるさと納税業務の受託に取り組んでいます。

詳しくは下記のバナーをクリックしてみてください。

もとい。ふるさと納税の業務を受託するにあたっては、まいぷれのパートナーさんと一緒に取り組むこともあるのですが、北海道雨竜町は業務を委託していただいている自治体の1つです。そんな雨竜町のふるさと納税の返礼品に選ばれているお米「ななつぼし」(もちろん、雨竜町で栽培されたものです)をいただきましたので、「ななつぼし」を炊いてランチ会を開催しました。

ランチ会の様子

おかずは近所のスーパーなどで買ってきたものですね。そういえば、社内で飲み会を開催する際も、近所のスーパーなどでぱぱっとアテを調達してきてますので、弊社ではこういう調達ノウハウが確立しています。

ランチのおかず

ご飯を炊くためには、やはり炊飯器が必要です。社員Nさんに御自宅から持ってきていただいた家庭用炊飯器が弊社の会議机に鎮座していました。今回はこの炊飯器で「ななつぼし」を5合ほど炊いたようです。

会社に炊飯器

「ななつぼし」というと、少し前にマツコ・デラックスさんがCMに出演されていたことを思い出しましたが、コシヒカリを親に持つ「ひとめぼれ」と、道内の品種である「あきほ」を掛け合わせた品種ということで、やはり、美味しいですね。比較的、あっさりした味とふっくらとした食感はどんなおかずとも相性が良さそうです。

この「ななつぼし」は雨竜町のふるさと納税の返礼品になっていますので、雨竜町に寄付をしていただくと簡単に入手できます。下記の「ななつぼし」の画像をタップしてお申し込みください。

広報担当の社員Zです。

6月に第2新卒として入社した新入社員Hが社内でなにやら写真撮影をしていました。

彼女が撮影しているのはおかき。とある市のふるさと納税の返礼品です。弊社ではシティプロモーションとしてのふるさと納税業務支援を行なっていて、返礼品の魅力を最大限に伝える取材記事を公開しています。(詳しくはこちらのブログ記事を参考にしてください)

社員Hは入社後、社内研修の後にさっそく出張に出て、返礼品の取材を行なっています。実は彼女、新卒時代にも弊社を受けて内々定となりながらも、別の会社に入社したという経歴の持ち主です。このようなことは初めてだったので、とても驚いたのですが、結果として弊社の一員として一緒に働けるようになったことを密かに嬉しく思っている社員Zでした。今後も彼女の活躍に期待です。

最近出社するとワクワクしている社員Zです。

弊社の受付スペースです

なぜかというと、4月の頭に大幅なレイアウト変更を行なって、オフィスの雰囲気ががらっと変わったからです。弊社では毎年4月の新入社員入社に備えて、プチレイアウト変更を行うのがもはや恒例となっています。しかし、今年は違うのです!

段ボールだらけで無残な社内

総務担当の社員Zに社長から下された命は「効率的なオフィスにすること」。その一環としてオフィスのカーペット張替も行うことになりました。什器を移動させるため、ありとあらゆるすべての什器を空にするようにと社内にお願いしたのですが、これがまた、大変でした……。昔なつかしい資料が大量に見つかり、なかなか片付けが進まない中、本当に間に合うのだろうかと社員Zは人知れず眠れぬ夜を過ごしていました。

カーペットをはがした様子。貴重。。

そして迎えた当日。なんとか荷物整理も片付き、張替業者さんが手際よく作業を進めていただきました。圧巻です。

張り替わっていく様子はなんだか別世界のようでした。

新しいカーペットの色は青色にしました。弊社のコーポレートカラーが青色だということと、ちょっとIT企業っぽいかと思って。

カーペットが張り替わったら、什器の移動です。こちらも、今後の体制変更に備えて、約2年続いてきたレイアウトを一気に変更しました。

ということで、1か月ほど、あーでもないこーでもないと考えたレイアウト変更が無事に終了しました。

どん!

どどん!!

いかがでしょうか。IT企業っぽいでしょ?

1年前に購入したカラフルな椅子が、ようやくしっくりきました。比較がわかりにくいかと思うのですが、以下が同じアングルからの写真なので、どれくらい変わったかが少し伝わるかと思います。

これが…

こうなりました!

やっぱりちょっとわかりにくいですが、人が通る部分に段ボールが置かれなくなったというだけでも大進歩です。

社員Zはレイアウト変更の専門じゃないので、いろんな資料を参考にしながら、人が動きやすく、ものが整理しやすく、を考えてレイアウトを作成しました。難しい仕事でしたが、取り組みがいのある仕事だったな~と思います。

オフィス入口には弊社パンフレットに使っている2つの絵の原画を飾っています。

ということで、きれいになった弊社オフィスをどうぞよろしくおねがいします!