地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header
本年も宜しくお願い申し上げます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

あけましておめでとうございます。社員代表のNです。

2008年、干支の最初の子年。
ねずみに負けず、地域の中を動き回って情報を集めまくります!

本年も宜しくお願い申し上げます。

皆さんこんにちは。

このブログを始めてはや2年。その間なんと25回も更新されている。(内、10回近くは社員Nだが。)我ながらマメだなぁ・・ と感心してしまった。

25回も更新をすると、いろいろ要望が出るようで、先日あった某社長からカテゴリー分けをするように提案された。彼は社員Nの投稿が好きらしい。(その時点で石井のブログではないわけだが)彼の提案を受け、一応、わかりやすくカテゴリー分けを行った。これで視認性が上がったはず。

前回、「ITの上に論語を置け!」を書いた後、たくさんの諸先輩方からいろんなことを教わった。予想以上の反響に正直びっくり。中には失礼ながら、とてもパソコンをいじっているようには見えないお年の大先輩も読まれていて、本をお借りまでしてしまった。
ブログって、こういう効能もあるのか、と改めて認識した。

 解を求める時にはブログに書いてみても良いかも・・と、今回のテーマは予実管理。

創業して8年。予実をはずしまくっている。ハッタリ坊やも3回やると自信をなくす。事業の意味や意義、可能性には日々確信を強めてきているわけだが、経営者としての自分の資質に関しては年々自信をなくしている。

 はて、事業計画ってどう立てる?硬めってどれくらい?etc・・・保守的に立てればよいってモノでもないし、ハッタリかますものでもない。論語の中にも禅語にも、老子の言葉の中にも菜根譚にも、今のところばっちりな答えが見つからない。

孫子の中に、
「夫未戰而廟算勝者、得算多也、未戰而廟算不勝者、得算少也、多算勝、少算不勝、而況於無算乎、吾以此觀之、勝負見矣」
とある。そんなのわかってるが、その算のとり方・加減が問題。
少なくとも予実に関しては、「兵は欺道なり」ではないのはわかるが・・・

あまりここで書くと生生しくなるのでこの辺で・・・・

諸先輩方、教えてください!

賞状です!

賞状です!

10/20(土)、チャリティーラン千葉県大会(障害児のためのチャリティー駅伝、チャック・ウィルソンが創始者)に出場してきました。

出場4回目にして、初めて「第3位」になりました!32チーム中の3位になれたなんて、ほんとすごいです!(今までの最高は、24チーム中17位でした)

ちなみに今年は社長は出場していません。出場していたらもちろん優勝できたはず!?

来年はきっとタバコをやめた社長が、きれいな肺で素晴らしい走りをみせてくれることでしょう!

Nです。社長について調べてみました。

えええ! ほんとですか!?
石井丈晴の脳内

これは正しいかも知れません
石井丈晴のカレンダー

こんにちは 石井本人です。
社員Nに任せっぱなしなのもいかがなものかと思い、近況報告を。

最近、論語にはまってる。ここ半年くらい、時間さえあれば、論語や、その解釈本を読んでいる。はまっている、と言い方よりも、初めてその本質に気づいたというべきか。

大学受験に始まり、過去にも何度も論語を読んでいるが、33才にして初めてその本質的な意味に気づいたようだ。本当にありがたい。
論語の存在に感謝すら覚える。今書店で売られているベストセラーのうち、2500年後も読まれている本ってそうはないだろう。そんな中で論語は2500年間読まれ続けてきたのも、素直に納得できる。

人として生きるために何が重要か。どう生きるべきかを教えてくれる。まるで普段の僕をどこかで見ているかのように、向かうべき方向を教えてくれる。しかも、読めば読むほど深まっていき、まるでスルメイカのようだ。

昔は説教臭くて、つまらない印象しかなかったのだけど、生きるうえでも、事業を進める上でもこんな教科書はないかもしれない。経営学や、マーケティングの本を何冊も読むよりもはるかに有益だ。

冒頭に掲げられた有名な一節

「子曰、學而時習之、不亦説乎、有朋自遠方来、不亦楽乎、人不知而不慍、不亦君子乎」

この間までは、ここは僕にとってあんまりピンと来ない一説だったのだが、勉強が進むにつれてその本当に意味することがわかってきたようだ。この自分の変化がまた面白かったりする。

もっと早くから論語の本当の価値、言ってくれていることの意味に気づいていれば・・・と思うが、逆に今までがあるからこの歳になってようやく勉強が出来るようになったのかな、とも思う。

「子曰。今之成人者。何必然。見利思義。見危授命。久要不忘平生之言。亦可以爲成人矣。」

利を見て義を思う。うちの会社は地域を活性化することを目的の会社だ。もちろん儲けなければ会社は存続できないが、義がなければ存続する意味がない。

ついつい目先の利益や流行に左右されがちな自分への戒めとして、
【ITの上に論語を置け!】と言っておこう。

こんにちは、Nです。

ご無沙汰している間に、なんと!

まいぷれパイロット版

が始まりました!

どこかにうちの社長もいるはずです。
みなさんぜひ社長を探してください、
そしてお友達になってあげてください!

鉄道大好きな鉄男さん、鉄子さん、特によろしくお願いします!

おはようございます。Nです。

昨日、社長は茨城へ行く仕事がありました。
仕事でいろいろなところへいくのはいつものことなのですが、どうも今回は様子ががちがうと思ったら…

「あのさ、36分に間に合えば、スーパーひたち乗れるんだよね?」

なるほど、それでか。だってうちの社長は鉄●●。
スーパーひたちに乗りたかったようですが、どうしても36分に間に合わなかったようで、それでそわそわしていたようです。

結局のところ、スーパーひたちには間に合わず、フレッシュひたちに乗ったようですが、同行した某O君によると「かなり写メとってました」そうです。

このブログをご覧の方、全国の鉄道情報で、これは!というレアなものがあったら、ぜひお知らせください。