地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header
賞状です!

賞状です!

10/20(土)、チャリティーラン千葉県大会(障害児のためのチャリティー駅伝、チャック・ウィルソンが創始者)に出場してきました。

出場4回目にして、初めて「第3位」になりました!32チーム中の3位になれたなんて、ほんとすごいです!(今までの最高は、24チーム中17位でした)

ちなみに今年は社長は出場していません。出場していたらもちろん優勝できたはず!?

来年はきっとタバコをやめた社長が、きれいな肺で素晴らしい走りをみせてくれることでしょう!

Nです。社長について調べてみました。

えええ! ほんとですか!?
石井丈晴の脳内

これは正しいかも知れません
石井丈晴のカレンダー

こんにちは 石井本人です。
社員Nに任せっぱなしなのもいかがなものかと思い、近況報告を。

最近、論語にはまってる。ここ半年くらい、時間さえあれば、論語や、その解釈本を読んでいる。はまっている、と言い方よりも、初めてその本質に気づいたというべきか。

大学受験に始まり、過去にも何度も論語を読んでいるが、33才にして初めてその本質的な意味に気づいたようだ。本当にありがたい。
論語の存在に感謝すら覚える。今書店で売られているベストセラーのうち、2500年後も読まれている本ってそうはないだろう。そんな中で論語は2500年間読まれ続けてきたのも、素直に納得できる。

人として生きるために何が重要か。どう生きるべきかを教えてくれる。まるで普段の僕をどこかで見ているかのように、向かうべき方向を教えてくれる。しかも、読めば読むほど深まっていき、まるでスルメイカのようだ。

昔は説教臭くて、つまらない印象しかなかったのだけど、生きるうえでも、事業を進める上でもこんな教科書はないかもしれない。経営学や、マーケティングの本を何冊も読むよりもはるかに有益だ。

冒頭に掲げられた有名な一節

「子曰、學而時習之、不亦説乎、有朋自遠方来、不亦楽乎、人不知而不慍、不亦君子乎」

この間までは、ここは僕にとってあんまりピンと来ない一説だったのだが、勉強が進むにつれてその本当に意味することがわかってきたようだ。この自分の変化がまた面白かったりする。

もっと早くから論語の本当の価値、言ってくれていることの意味に気づいていれば・・・と思うが、逆に今までがあるからこの歳になってようやく勉強が出来るようになったのかな、とも思う。

「子曰。今之成人者。何必然。見利思義。見危授命。久要不忘平生之言。亦可以爲成人矣。」

利を見て義を思う。うちの会社は地域を活性化することを目的の会社だ。もちろん儲けなければ会社は存続できないが、義がなければ存続する意味がない。

ついつい目先の利益や流行に左右されがちな自分への戒めとして、
【ITの上に論語を置け!】と言っておこう。

こんにちは、Nです。

ご無沙汰している間に、なんと!

まいぷれパイロット版

が始まりました!

どこかにうちの社長もいるはずです。
みなさんぜひ社長を探してください、
そしてお友達になってあげてください!

鉄道大好きな鉄男さん、鉄子さん、特によろしくお願いします!

おはようございます。Nです。

昨日、社長は茨城へ行く仕事がありました。
仕事でいろいろなところへいくのはいつものことなのですが、どうも今回は様子ががちがうと思ったら…

「あのさ、36分に間に合えば、スーパーひたち乗れるんだよね?」

なるほど、それでか。だってうちの社長は鉄●●。
スーパーひたちに乗りたかったようですが、どうしても36分に間に合わなかったようで、それでそわそわしていたようです。

結局のところ、スーパーひたちには間に合わず、フレッシュひたちに乗ったようですが、同行した某O君によると「かなり写メとってました」そうです。

このブログをご覧の方、全国の鉄道情報で、これは!というレアなものがあったら、ぜひお知らせください。

こんにちは、Nです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、うちの社長はよく「ぎゃふん!」といいます。
メールを見て「ぎゃふん!」、書類を見て「ぎゃふん!」
何かびっくりしたり、驚いたりしたときにはいつも言っています。

そもそも「ぎゃふん」って、どういう意味なのかをネットで調べてみたら、はてなダイアリーに、

———————————-
ギャグ漫画におけるオチとも言うべき言葉。
「ぎゃふんと言わせてやる」とは、「ひどい目に遭わせてやる」と同義。しかし、ひどい目にあったからと言って実際に素でぎゃふんとか言う奴はいない。
———————————-

と書いてありました。

「実際に素でぎゃふんとか言う奴はいない」

残念ながらここにいます。素なんですよ、ほんとです。

本日の社長の予定

8:00~ ミーティング
9:00~ 会議
14:00~ お客様来訪
16:00~ 都内へ往訪
18:00~ 会議(24時まで) –>

皆様
あけましておめでとうございます。(遅すぎ!)
今年もゆるゆると更新して参りますので、生存確認にお使いくださいませ。

昨日は会社説明会。目をきらきらさせた学生と逢うと、こっちも元気が出る。
昨日はやや熱さを抑え目に会社の創業の経緯から今に至るまで、そして今後の方向性を話させてもらった。
その後、事業概要の説明があり、その後、入社一年目の実際の仕事の話を生々しく語る、という流れだった。
おそらく、学生の皆さんはまだ若い世代が入社後どのような仕事をどのようにしているのかが一番興味あると思うので、もっとも目玉だと思って後ろで聞いていたのだが・・・・
司会の川口も新人の小川も緊張のあまりカチコチに!
ボソボソしゃべるから雰囲気もなんか暗いし、アドリブも弱いし・・・
もっと生々しくむかついたこととか、腹立ったこととか、不満とか言えばいいのに無難なことしか言わないし・・・ 遠慮してたのか?
ま、でも説明会で余計な演出してもしょうがないし、かっこつけて会社見せても意味ないし、そんな二人の姿もフューチャーリンクの素の姿なのでよしとしよう。

いい学生と出会えることを切に願う。

話は変わるが、同年代の経営者で、友人でもあり、同士でもあり、お互いに刺激をし合える社長がいる。
定期的に会うのだが、仕事の話から行き方論までついつい熱く、それでいて静かに語り合ってしまう人だ。

その人から、本のプレゼントが届いた。4冊も。
メールによれば、「最近の石井さん向けチョイスです!」と書いてある。
本のプレゼントって、結構うれしいものだ。
普段話している分、僕に役立つだろう・僕が学ぶべきだろうという本を選んでくれたのだと思う。本の話題がよく出ることもあるだろうが、彼が僕をどう見ているのか、の参考にもなる。確かにポイントをついた僕にとって旬な話題が多かった。
次ぎあうときにはこの本の話題で盛り上がることだろう。

しかし・・・・
その中に「大人のためのマナー実践講座」という本がある・・・・・

おいおい、これはどういう意味だ?片町さん!!