地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

前回の更新から5ヶ月あまり。

正直、このブログ、ややもてあまし気味だ。なのでついつい放置状態だったのだが、更新がないことで不必要な心配されることが多いので、書くとする。(非常に消極的だけど・・)

 このブログ、当初は弊社を志望していただく学生の為に、少しでも会社の雰囲気を知ってもらうべく始めたものだったのだが、最近ではもっぱら名刺交換をさせていただいた皆さんや、僕の知人(特に最近ご無沙汰してしまっている方々)が、生存確認がてら見てくれているようだ。(皆様、なかなご挨拶も出来ず、不義理を量産しておりスイマセン・・・)

誰にも書いている事は言っていないはずなのに巧みにこのブログを見つけてやってくる。インターネットって、すごい。(逆にちょっと恐い。)

 今年1年を振り返ると、本当に沢山の失敗をした。創業以来失敗の繰り返しだったが、特に今年は多くの失敗を重ねた気がする。

 失敗といっても、入学試験やフィギュアスケートのように、起因となる行動(判断)に対して、その結果(成功/失敗)がすぐに出るわけではない。半年前の判断が今になって失敗だったと気づかされたり、もっと言えば、1年前にすべきであった事をしなかったことが失敗だったり。おまけに起因と結果が1対1でなかったりするから余計にタチが悪い。

 改めて自分の力不足を痛感した1年だった。

 僕はどうも感情が表情に出やすいらしく(経営者としては欠点らしい)、そんな僕を見ていろいろな人が励ましてくれた。面と向かって言うのは恥ずかしいので、この場で。ありがとう。

 これをさらなる成長の糧にしていこうと思う。

 話は変わるが、先日本屋に立ち寄って、「宇宙が味方する経営」という本を買った。普段ならこんな怪しげなタイトルの本は買わないのだけど、思うところがあったのだろう、読んだら痛く共感してしまった。僕にとっては、ビジョナリーカンパニー2以来のヒット本だ。

 特に目新しいことがかかれているわけではないのだけど、名著だと思う。

 読んでいて、なぜだかちょっとだけ自分が肯定された気がした。このタイミングでこの本に出会ったのも、本著の中で言われる波動の恩恵かな?

最近、すごく忙しい。

「忙しい」と人に言うことはとても恥ずかしい事だと教えられてきたので、できれば言いたくないが、でも忙しい。要は僕のスケジュール能力がないからだが。

忙しいと、不本意ながら、大事な人にほど不義理をしてしまう。日々膨大なメールが届くので、返事もままならず、旧友や昔からお世話になっている人とのメールに対しては、ついつい甘えが生じて後回しになってしまう。「最近石井君は忙しくてメール出しても返事くれないからなぁ・・・」とのセリフを最近よく言われる。申し訳ないやら、寂しいやら、情けないやら。複雑な気持ちになる。

「忙」という時は「心を亡くす」と書くが、ホントにそうだとしみじみと思う。

 突然話が変わるが、先日、祖母の法事があった。ウチの法事の際にきてもらうお坊さんは毎回とてもいい話をしてくれるのだが、今回は特に心に染みた。話の趣旨は、(注:僕の解釈では、だが)

 「お盆、法事、お墓参りetcの行事はとても大事。お墓の前で手を合わせる。お経を聞きながら故人を思うことで、自分が今この世にあるありがたみや、生きる意味、生きがいを知ることになるからだ。故人に囚われるのではなく、思いを遣ることがとても大事だと。この思いを遣ることは、まだ現世にいる家族や、旧知の知人に対しての思いやりにも通じることになる。疲れたときには、あるいは迷ったときには、先祖のお墓に手を合わせて、故人に思いを遣るのはどうだろうか?」 との話だった。

 まさに今の僕向けの話で、本当にありがたかった。昔からの知人、信頼している仲間、創業以来応援してくれている人たち。そういう人たちほど、急な用件でないメールほど、ついつい後回しになってしまっているが、そういう人たちほど思いを遣る事で、今こうしていられるありがたさを改めて感謝しなければならないなと、改めて思った。

 そういえば、まいぷれ創業間もない頃、僕が飛び込んで営業したケーキ屋さんや、インターネットなんて詐欺だと、けちょんけちょんに僕を責めたてた額縁屋さん。いづれもずっとまいぷれの掲載を続けてくれているが、すっかりご無沙汰だ。

 感謝の気持ちをこめて、思いを遣ってみよう。

数々の人から、「ブログ更新してないねぇ・・・」と指摘をされながら、とうとう4月になってしまった。4月になってしまった、というか、まもなくGWだ。時間がたつのはホントに早い。
ブログって結構いろんな人が見てるんだな、と再認識しつつも、どうやら僕には向いてないらしい・・・ アナログ人間なので、いいたいことや伝えたいことがあっても、キーボードを使って表現するのが苦手なようだ。
ここ2ヶ月の動きをダイジェストで。

1、官民共同ポータル(PPP)初決定!
 初めてこのスキームを思いついたのが5年前。いやぁ、長かった。日本発、世界でも2例目のこのスキームを採択してくれた川崎市には頭が下がる。是非成功させたい。単なる受託と違って、まいぷれの今までためてきたノウハウと、企画力がものをいう。オープンまでおもいっきりがんばりたい。

2、まいぷれ デザイン変更!
 今までフレーム形式だったデザインをノンフレームに。一見簡単そうな話だが、なんとほぼ一年がかり。システムを統合したり、全コンテンツをxhtml化したり、構造化を徹底したり・・・創業当初、僕がホームページビルダーでこりこり書いていたころが懐かしい。 いずれにしても、編集チームのみんな、お疲れ様!

3、新卒の2名、入社する。
 4月からそれまで学生だった新卒の2名が入社。 ま、難しい事考えずにやってみなよ、と言う事で研修もそこそこにまずは地域めぐりを開始。きっとすぐに厳しい社会の現実にもまれて一度は落ち込むだろうな・・・と思っていたのだが、なんだか予想外に楽しそう。う~ん、想定外だ。落ち込んだときの励ましの言葉を用意してあったのに。 

梅雨がくるまでにもう一度必ず更新しよう・・・

あっという間に2月も終わり

2月 24th, 2006 | Posted by 石井丈晴 in 近況報告など、いわゆるブログっぽい話 - (あっという間に2月も終わり はコメントを受け付けていません。)

書かなきゃ書かなきゃと思いつつ、あっという間に2ヶ月近く放置してしまった・・・
どうも筆不精でだめだなぁ・・・
猛省。
最初から、月一更新と宣言しておけばよかった。
年明けから、PPP案件やら、某M社との提携やら、決算準備やら、新卒採用やらでてんやわんや。
新卒採用は去年より1ヶ月前倒しで説明会を行う。
去年は周到に準備してしゃべったが、今年は思いを伝えてみようと、あえてぶっつけ本番でしゃべってみた。うまく伝わったかな?
全体的に、手探りでやった去年よりは、事業の全容がずいぶんとわかりやすい説明会になった気がする。 学生からの質問もより具体的かつ、的確になってきた。
今年もいい学生と出会えることを祈ろう。

みなさま、新年明けましておめでとうございます。
個人的には年が明けたというよりも、あと2ヶ月で決算を迎える事の方がウェイトが大きい。
今年の3月で弊社も7期目。 もうノリと勢いだけじゃすまない時期になってきた。
今期は直接的に“まいぷれ”に係わらない事業は撤退という決断をして望んだ。
少ないリソースを本業に注力する為の決断だ。
それまでは、“まいぷれ”を育てる利益を得るために、システム開発コンサルティングや、まいぷれに関係のない(シナジーの働かない)広告プランニングもやってきたが、思い切って全部やめた。
 もちろん、これらの仕事を受託してきた事で、利益以外に得られたことも大きい。今“まいぷれ”および“てるジオ”を支えるシステム開発ノウハウやリソースはシステム開発を受託してきたからこそ得られた部分は大きいし、身の丈以上の大企業と直接取引きをさせていただいているのも、最初の出会いのきっかけは “まいぷれ”以外の事業だったりする。
 加えて、評判がよかったこともあり、引き合いもたくさん頂いていたし、“まいぷれ”に投資しつづけて余りある利益を残してくれた。
 でも思い切ってやめた。“まいぷれ”をやる為に作った会社だし、何より「儲かるから」という理由だけで、僕には社員のみんなに説明するのが心苦しくなってきたからだ。
 “まいぷれ”で、十分な利益を残し、“まいぷれ”の事業のために再投資をする会社にする。数字上で見れば、かなり苦しい選択だったと思うが、後悔はしていない。
 こんな背景で迎えた今期があと2ヶ月で終わり、7期目が始まる。今年はいろんな意味で飛躍の年になるはずだ。
 思いっきり楽しい一年になるといいな。

今年もドリームゲートよりインターンシップの学生を受け入れた。
今年で3年目。

「社長のかばん持ちプロジェクト」という名で、
僕についてまわり、起業家を体感するプログラムだ。
5日間このインターンをした上で、最後に学生よりプレゼンを受ける。

今日、その学生より、インターンシップ修了のプレゼンテーションを受けた。

僕から出したテーマは、「求められる地域情報サービスとは?」

この抽象的なテーマに対し、温泉街の活性化事業を提案してくれた。
彼女なりに“まいぷれ”について考え、実地調査を行ったうえで、
プレゼンをしてくれた。なかなかよくまとまっていた。

弊社に来て僕についてまわったことで、どのくらい勉強になったかはわからないが、
学生の時にこういう経験ができるのは純粋にうらやましい。
僕が学生のときにこんな機会があったらなぁ・・と思う。

(実際学生だったら、遊びの方を優先していた可能性も高いが。)

別に起業するのが偉いとも思わないが、起業を考えている人にとっては、
金融機関なり、社会の理解なり、勉強の機会なり、
社会全体的に起業しやすい環境になりつつあるのかもしれない。

何で年末はあわただしいのだろう・・・
なぜか12月は異様にあわただしい。
方々で呼ばれる忘年会のせいもあるが、「年を越す」事への抵抗感からか、何とか年内に話を少しでも進めておこうと、年内のうちに何とかアポを入れようとするために、余計に過密スケジュールになる。
別に1月になってからでも間に合う案件でも、心理的に「何とか年内に・・・」とがんばってしまう。冷静に考えれば不思議だ。
おかげで12月は例年殺人的なスケジュールになってしまう。
多くの経営者は、決算期を基準にモノを考える。事業的にみれば、年末/年始は自社も取引先も休む連休という認識くらいしかないかもしれない。
そんな季節感のない経営者にとっても、決算月はとても重要。決算書は会社にとって通信簿のような物で、これによって社内・外を問わず、会社の状況、事業の成長度合いが測られてしまう。もちろん、会社の成長は1年単位ではない。その昔、銀行に融資の申し込みをしにいった際、決算数字が悪くて融資を断られたのだが、(数字というより、創業間もないことが大きかったのかも。)若かりし僕は、「この事業は10年スパンで仕掛けるもの。弊社のことは10年決算でみてほしい!」と意味不明な主張をしたのが懐かしい。
 時に事業の成長と、決算数字がトレードオフになることがある。本来的にはあってはいけないのだが、弊社のような成長中の会社では、現実的にありえる。
 「事業の成長のためなら決算なんて関係ない!」と吼えたくもなるが、会社が大きくなるに連れて、いろいろなステークホールダーが増える。その微妙な関係の中にあって、決算をどう考えるか、意外と難しい問題だったりする。
まだまだ修行が足りないな。