地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

社員Fです。

2014年もそろそろ終わろうとしています。ふと、2014年の夕日を撮影できる機会もそうないかと思って、西船橋の街を照らす夕日の模様を撮影してきました。西船橋は、そんなに高い建物がないので、夕日も比較的キレイです。

西船橋の夕日

西船橋の夕日

では、そんなわけで、2014年、このブログでアクセス数のあった記事をご紹介します。

今年書かれた記事の中でアクセスが多かったエントリーを対象にアクセス数を調べてみたのが以下の通りです。

  1. 船橋漁港の朝市に行ってきました。
  2. ステッドラーの革のペンケース
  3. ベビーブームとベビーキャリアと、新卒採用Facebookページの裏側
  4. 明日は15期のキックオフミーティング!
  5. “船橋のすずき”で作った「すずきの唐揚げ」が美味だった。

1位と5位が、船橋漁港で行われている朝市のことを取り上げた記事になっています。確かに、船橋のすずきを使った唐揚げは美味しくて、朝からビールを飲みたくなりましたね(笑)あとは、3位の記事はコンテンツの制作の裏側というか、弊社の日常の様子をご紹介したものでした。

今年もいろんなことがありましたが、来年もどうぞよろしく御願いいたします。

社員Fです。

いやー、寒いですね。船橋も非常に寒い日々が続いています。単に気温が低いだけだったらまだ耐えられなくもないんですが、寒いのに加えて風まで強いと体感温度が非常に低くなってきますね。早く暖かくなって欲しい限りです。

先日、早起きしたら、こんな感じの日の出でした。いかにも寒そうな写真ですが、実際にかなり寒かったです(汗)

夜明け

えーと、もとい。そんな寒い中、フューチャーリンクネットワークの新卒採用向けのfacebookページの更新を始めました。まだ具体的な採用活動のスケジュールはまだ先なんですが、弊社がどんな会社なのかをご紹介していこうと思っています。下記のバナーからfacebookページをご覧になれますので、どうぞ、いいね!しておいてください。

また、facebookページの更新情報は、Twitterにも流しています。Twitterアカウント「@FLNrecruit」をフォローして頂いてもご覧になれます。


社員Fです。

やたら長いタイトルになって、すいません。。。そんなわけで、先のエントリーでお知らせした、新しい「編集長、私に1000円ください。」ですが、こちらからご覧いただけます。


1000円で垂直飛び測定器を作って体力測定する

文字通り、社内で垂直跳び測定を行いました。(さらっと書くことじゃないですけど…)というわけで、このエントリーでは、おまけ写真を紹介したいと思います。

まず、前のエントリーでモザイクがかかっていたのは、こんな感じの垂直飛び測定器の写真でした。本編では、この垂直飛び測定器の制作過程からご覧頂けます。

FLN謹製の垂直跳び測定器です

FLN謹製の垂直跳び測定器です

この「編集長、私に1000円ください。」の撮影中に、弊社の社長も在席していると必ずといっていいほど、協力してもらえるんですね。社長の垂直跳びの写真をこちらでこそっとご紹介。

とりあえず、垂直跳び測定器を眺めてみる社長

とりあえず、垂直跳び測定器を眺めてみる社長

お約束通り、ちゃんとコケてくれる社長

お約束通り、ちゃんとコケてくれる社長

社長、跳ぶ!

社長、跳ぶ!

なんか強烈な躍動感の写真が撮れてしまいました。

こんな感じで、いつもどおり愉快な社内です(笑)

どうも、ご無沙汰しております。
社員Fです。

前回、社内で流しそうめんを実施した「編集長、私に1000円ください。」ですが、さきほど、次回の更新のための撮影を行いました。前回は更新後におまけ写真を載せてみましたが、たまには予告編ということで、撮影時の写真を少しだけ貼ってみます。

予告編なので、ちょっとヒントは出しつつも中身はヒミツということで(笑)

えーと、まず、社内に突如として黒板が登場しました。最近の”1000円”は設備から入ることが多いですね。黒板の脇に答えが書いてあったので、モザイク処理しました(笑)

社内に突如現れた、黒板。

で、謎の黒板の前には、チョークの束が置かれていました。
束のチョークも机の上に置かれていました。

編集長の財布から抜き取られた1000円は何に使われたのか!果たして社内に登場した黒板を使って何が行われたのか!乞うご期待!

ども、社員Fです。

しばらく前に、船橋漁港の朝市に行ってきましたが、また久々に船橋漁港で開催されている朝市に参加してきました。

船橋漁港の朝は(ちょっと寒かったですけど)すがすがしい空気に満ちていました。朝市会場では、東京湾に済んでいる魚も展示されていました。(水槽の中で泳いでいる小さなふぐと、毒のあるしっぽを切ってあるエイがいました)

船橋漁港の朝

船橋漁港の朝

水槽の中のふぐ

水槽の中のふぐ

朝市の会場では、魚の裁き方講座にて船橋漁港名物のスズキを裁いていたり、船橋の海で採れたホンビノス貝など、地元の食材が販売されていました。また、そのホンビノス貝を使ったピザを焼いているお店(移動販売のクルマが来ていました)もあって、多くの人が訪れていました。実は、そんな朝市に、まいぷれ船橋もブースを構えていまして、まいぷれポイントのPRと、船橋の農家さんから仕入れた、船橋産のキウィを販売していました。恥ずかしながら、キウィはキウィって品種だと思っていたんですが、実はいろんな品種があるらしく…(汗)、3種類の船橋産キウィを仕入れて販売しました。

まいぷれ船橋のブース

まいぷれ船橋のブース

船橋産のキウィを販売しました

船橋産のキウィを販売しました

試食用のキウィがあったので、ついうっかりつまみ食いしてしまったのですが(汗)、船橋産のキウィは3品種とも、それぞれ、酸味が強かったり、甘みが強かったりと個性が豊かで、なかなか興味深いものがありました。お客さんも船橋でキウィが栽培されていることをご存じない方もいらっしゃって、珍しいからということでお買い上げいただきました。

地元”船橋”を再発見する機会としても、船橋漁港の朝市、オススメです!

社員Fです。

プレスリリース前なんでおおっぴらには書くことができないんですが、”フラゲ”をご希望のみなさんのためにこそっと書いておきます。(まぁ、既にGooglePlayからダウンロードできるようになっちゃってることですし、まぁ、いいかなぁと思いまして、私の独断と偏見により、この記事を書いております)

先日、7月15日にiOS端末向けの「まいぷれHeadline」アプリをリリースしまして、その際にAndroid版を準備している旨も併せてお知らせしていましたが、そのAndroid版がやっとGooglePlayからダウンロードできるようになりました。

GooglePlayで「まいぷれ」って検索していただくと、まいぷれニュースアプリと一緒にまいぷれHeadlineアプリが出てくると思います。ちなみに、GooglePlayのまいぷれHeadlineアプリのページへの直接リンクはこちらです。→まいぷれHeadlineアプリ

Android端末のGooglePlayアプリで見つけていただくと、下記のような画面が見えるだろうと思います。

まいぷれheadlineアプリ Android版

まいぷれheadlineアプリ Android版のスクリーンショット

しつこいのは自覚していますが、これは一応”フラゲ”向けのお知らせなんで…大々的には御願いできないんですが、どうぞごひいきに!(こそっ)

社員Fです。

いやー、御盆は過ぎたとはいえ夏ですね。暑いですね。暑い夏にはやっぱり素麺!ということで、先日、社内で”流し素麺”を敢行しました。(さらっと書くようなことではないんですけどもさん…)

その模様は「編集長、私に1000円ください。」の「1000円で流しそうめんをしました!」にまとめられています。何をやったのかの詳細はどうぞ「編集長、私に1000円ください。」をご覧ください。いくら昼休みだからといって、”流し素麺”を挙行できるのは船橋広しといえども、弊社くらいでしょうね!

えー、というわけで、「編集長、私に1000円ください。」のロケ現場(といっても弊社のオフィスなんですけど)で撮影した、おまけ写真をいくつかご紹介します。

まずは、流すための素麺はどう準備されたかということなんですが、社員Nさんがご自宅で茹でてきてくださいました。プラダンから素麺まで、「1000円で流しそうめんをしました!」は、社員Nさんの周到な準備なくしては成立しない企画でした。

社員Nさんがご自宅で茹でて持ってきてくれた素麺。

社員Nさんがご自宅で茹でて持ってきてくれた素麺。

白昼堂々と”流し素麺”を実行してしまう弊社ですので、どことなく「普通に素麺を流してもしょうがない」というコンセプトが共通認識としてありまして、とにかく、いろんなものがプラダンの上を流れて行きました。まずはチーズ。一見すると、素麺のようですが、実は裂けるチーズです。

太い素麺かと思いきや…さけるチーズ

太い素麺かと思いきや…さけるチーズ

次にご紹介するのは、「かにかま」です。裂けるチーズと極めて酷似した形状ですので、「ま、きっと流れるだろう」ということで。素麺と絡められた「かにかま」からどうぞ。

素麺と絡んだ「かにかま」

素麺と絡んだ「かにかま」

そして、流す水が不足していたのか、ちょっと流れ残る「かにかま」の様子です。かにかまの摩擦係数はやはり素麺よりは高いのでしょうか…。

流れ残りの「かにかま」

流れ残りの「かにかま」

ここまで来ると横暴のようにも見えなくもないですが、一応、「魚肉ソーセージ」も流されるべくプラダンの上に乗っかりましたが、さすがに縦置き(?)ではなかなか流れて行きませんでした…(汗)

やはり、流れない「魚肉ソーセージ」

やはり、流れない「魚肉ソーセージ」

あと、ちいさなカップ入りゼリー。豪快に勢いよく流れて行ったのはよかったんですが、なかなか箸でキャッチすることができず、ゼリーがザルに溜まっていました(汗)このザルからのゼリーのサルベージが結構難しくて、箸で引っ張り上げてはゼリーが崩れて難航していました(汗)あ、ザルには刺身こんにゃくも混じってますね(汗)

プラダンを流れ終わって、ザルで一息つくゼリー

プラダンを流れ終わって、ザルで一息つくゼリー

これは流したわけではありませんが、「流し素麺」を1回の食事として成立させようとしたときに、なんとなく欠けていると感じるのは、そう、おかずです。というわけで、近所のスーパーでてんぷらを購入してくる猛者がいたことも付け加えておきます。

流し素麺のおかずにてんぷら。

流し素麺のおかずにてんぷら。

上記のこれらの写真は「昼の部」の写真でした。営業に出ていて「昼の部」に参加出来なかった皆さん向けに「夜の部」も行われました。そして、「昼の部」と「夜の部」の間、打ち合わせ宅の上にプラダンの流し素麺マシン(?)がずっと鎮座していたのは、弊社らしい光景でした(笑)