地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワークの広報ブログです。
Header

社員Fです。

唐突にアレですが、@typeさんに求人広告を掲載しました。

弊社では、いわゆる、Webデザイナーとかコーダー(HTMLとか書く仕事ですね)と、SEとかプログラマと言われる2職種の募集を始めています。

  1. 【Webデザイナー/コーダー】■未経験OK<町の活性化に関わるやりがいのある仕事をしませんか?>
  2. 【SE/PG】◆行政と連携した自社サービス開発に挑戦!◆ビジネスを通して地域活性化に貢献!

あと、弊社の紹介は以下のリンクです。

前者のWebデザイナーとか、HTMLコーダーについては、以下のように紹介してあります。

当社で2000年に立ち上げた地域密着型情報配信プラットフォーム「まいぷれ」の運営に関わるデザイン業務をお任せします。地域住民や町のお店、行政や各種団体など、様々な情報が集まるポータルサイト。美味しいお店や映画情報、行政の情報や地域の情報交換まで、幅広いコンテンツに携わることができます。

まぁ、弊社、別にWeb屋さんってわけでもないですが、いかんせん、まだメディアというメディアを使いこなせるほどの資本力もないわけですので(汗)Webは有力な武器です。しかしまぁ、いろいろと作らなきゃいけないWebサイト、Webページのボリューム感の増加ペースはなかなかのもので、中の人たちの生産性向上、スキル向上ではさすがに厳しくなってきましたので、この度、募集する運びとなりました。

その辺の事情は、SEとかプログラマーについても同様です。

地域密着型情報ポータルサイト「まいぷれ」の運営など、Web系の開発を中心に、様々なプロジェクトに携わることができます。ポータルサイトの運営をはじめ、既存のシステムを改善していくプロジェクトから、「行政と連携したポータルサイトの連携」「ローカルTVのデータ放送やデジタルサイネージ等マルチデバイスを使った情報発信」「スマートフォンのアプリケーション開発」など、活躍できる領域は多岐にわたります。こんなコンテンツを使ったらどうだろう?」「こういう解決法を試してみたい!」といった提案や、積極的なアウトプットを歓迎いたします。

今時、静的なHTMLだけで構成されるWebサイトも少なくなってきております。Webサイト構築というと、バックエンドで動くアプリケーションをどうするかみたいなことも踏まえて考えることがほどんどです(…って、当たり前か…)弊社が抱えている、作らなきゃいけないWebサイト、Webページのボリュームの増量の裏側では、Webデザイナーと言われる人たちも足りてなければ、Webサイトのシステムを支える人たちも足りてないわけですね、いやはや(汗)

求人広告にも書いてありますが、いわゆるLAMPと言われるシステム構成でWebサイトの裏側を作ることがほとんどですので、特段、変わった知識や経験が必要って感じでもありません。また、iOSやAndroid向けのアプリも制作していますので、そういった経験をお持ちの方は大歓迎…いや、超大歓迎です。うっかりしてて広告に書き忘れたんですが、データセンターにラックを借りて自分たちでサーバのセットアップから運用までやってますし、近頃、流行のクラウドなんかも少しずつではありますが、使ってたりします。ま、よくもまぁ、こんな少ない人数で、上から下まで、いろんなことをやってるなぁという感じです。

えー、もとい。勤務地は、西船橋(駅から近いっす)ですので、都内への通勤に疲れた方にオススメです。また、千葉で働きたい!って方にもいいかもしれないですね。

なんの脈絡もないんですが、オフィスのエントランスの写真を撮ってきました(汗)

20130412110930

船橋の中小企業が僭越ではございますが、優秀なみなさまのご応募をお待ちしております!

しつこいようですが、もう一回、@typeさんの求人広告へのリンクを貼っておきます。

  1. 【Webデザイナー/コーダー】■未経験OK<町の活性化に関わるやりがいのある仕事をしませんか?>
  2. 【SE/PG】◆行政と連携した自社サービス開発に挑戦!◆ビジネスを通して地域活性化に貢献!

2013年4月に入ってきた新入社員向けに、課題図書を出しました。

この試みは、昨年から始まりまして、今年で2年目。

1週間で1冊を読み、ブログでアウトプット(書評)する。

書籍を推薦した人が、それに対してコメントをするという流れです。

今年の課題図書は以下の書籍が選ばれました。

私もいくつか推薦した書籍がありますので、コメントをつけなければなりません。

実は積載している本もあったり・・・。

このところ本をまるまる一冊読み切ることをしていないので、

これをきっかけにまた精読します。

やっぱり人と人

4月 7th, 2013 | Posted by 社員Y in お知らせ - (0 Comments)

金曜日は同じ船橋に拠点があり、SEOまわりやジモバナを始め大変お世話になっているブレインネットのスタッフさんと、まいぷれ編集部スタッフの親睦会がありました。

image

image

同じ船橋の企業だからなのか、参加者の人柄なのか、初対面とは思えない、いい意味で緊張感のない雰囲気で、仕事の話やプライベートの話を沢山いたしました。

人間、一人では成長できないし、視野も広がらないというのをあらためて感じました。人と人でしか生まれないものが、これから二つの会社から産み出される可能性を強く感じました。

そして今日、日曜日は宮前さくら祭りに、宮前ぽーたろうとして参加。自分自身は午前のみだったにも関わらず、交通が乱れて遅刻してしまいました。

image

image

さくらはもう散っていましたが、楽しみにしていたという人が多く、天気が早目に回復してよかったと思いました。そして、遊びにきた人たちに風船や宮前ぽーたろうの案内をお渡しすると、「あ、知ってます!」という人が半分くらいはいて、知名度の高さにびっくり。

やはり知られていることっていいなあ、と思いました。

今日はフューチャーリンクネットワークに新しい仲間が4名増えました。

うち2名は新卒採用からの入社、うち1名は復帰、うち1名は経験者採用からの入社です。

組織が変わり、会社が変わろうとしている今、この新しいメンバーの加入は

変化にさらなる加速をもたらしそうです。

以下、入社式の模様です。

2013040109030000

2013040109030001

変わり映えのない写真ですいません。

でも何か変だと思いませんか?

何がって今日は4月1日のエイプリルフールです。

信じる、信じないは貴方次第です。

社員Fです。

先日、船橋アリーナで千葉ジェッツの試合を見てきました!

あのー、実は、弊社、千葉ジェッツのブースタークラブ法人会員になってまして、千葉ジェッツの公式Webサイトのパートナーのページに社名が載ってたり…というのはこっそりアピールです(…なんのアピールなんだ…)

…えー、もとい。恥ずかしいことに、私自身は千葉ジェッツの試合を見に行くのは初めてだったのですが、船橋アリーナの駐車場は一杯で、さらにエントランスから入ったところでも人混みができていましたし、観覧席もかなり埋まっていて驚きました。

で、そろそろ始まる時刻だなぁと思っていたら…どこかで見たことあるスーツの男性が現れて…誰だろうと思ったら、野田前首相でした!その時の様子は千葉日報の「野田前首相がジェッツ応援 船橋で復興祈念ゲーム観戦」っていう記事に掲載されていました。

千葉ジェッツの試合に野田前首相が!

まいぷれ船橋版に掲載されている「GO!GO!千葉ジェッツ」の「今季最後の船橋アリーナへGo!! 」に掲載されていますが、船橋アリーナは、1階席と2階席があるんですね。私は2階席で応援しましたが、1階席の空席率はかなり低かったですし、盛り上がりはかなりのものでした。また、よーく見ると、スタンディングエリアというスペースがリング脇に用意されていて、千葉ジェッツのチームカラーのTシャツを着た方達が気合いの入った応援をしていたのが印象的でした。

スタンディングエリアでの気合いの入った応援

そんなブースター(バスケットボールやアメフトでは応援する人のことをブースターって称するらしいですね、ってWikipediaで調べました)のみなさんを眺めているうちに、試合は一進一退の白熱した攻防が続きました。

身長の高い選手同士のジャンプボールは圧巻でしたし、あんなに遠くからのスリーポイントシュートが、すぱっとネットに吸い込まれる様は感動的ですらありました。アリウープやダブルクラッチなど、テレビでしか見たことのないような技を見ることができました。

ジャンプボール!

また、フリースローの時には、ブースターの皆さんが頑張ってたんですが(笑)そういう状況下でも、冷静にシュートを決めるのはさすがプロだなぁと。

フリースロー!

ふと、電光掲示板を見上げると、「満員御礼」が出てました。さすがにこの人数ですと、「満員御礼」ですよね。

満員御礼!

盛り上がった試合は、95-76で千葉ジェッツの勝利に終わりました!

今回、初めて千葉ジェッツの試合を観戦したんですが、とてもおもしろかったですね。

私自身、バスケットボールと縁があるわけでもなく、この前見たバスケットボールの試合…というと、高校生の頃(汗)。ただ、体育館でバスケットボールの試合はただ淡々と試合をするという単調なモノだったので、正直、あんまり期待していなかったんですが、そこはさすがプロ。地元密着系エンターテインメントとして昇華されたものでした。食わず嫌いというか、情報感度が足りないいうか…お恥ずかしい限りです。

今度、また観戦したいなぁと思いましたし、それもできれば1階席で観戦したいなぁと思いました!

先日、3月8日(金曜日)にキックオフミーティングが行われました。

その際に、前期の下半期のMVPが発表になりました。

激戦の末、最優秀なスタッフとして表彰されたのは・・・

384350_517579034920437_1746324444_n

泣いていて顔が見えませんが・・・

2013031412140000

そうです。前期までエリアマーケティング部だった金井貴志(かないたかし)さんです。

2013031412140001

目標を達成したり、表彰されるとこのように目に見える形として張り出されたりします。

毎月の目標も達成し続けている金井さん。

今後も快進撃を続けてくれることでしょう。

「を読んで」をつけていなかったら、とんでもない誤解を受けそうなタイトルですが・・・

たまたま書店の目立つところに置いてあった本で、頭の片隅に

面白かったという評価が残っていたので、その場で購入した本です。

エステーの社長が書いた本で、ときに豪快な言い回しが心に響く良本。

ここでいう「バカ」というのは、頭の良し悪しではなく愚直に近いです。

当たり前のことに、どれだけブレずに「バカ」になって真剣に取組めるか。

ただ、それだけなのですが、それが自分には出来ていません。

ご本人のお人柄、頭の良さも当然ありますが、数々の障壁を乗り越えてきた方ならではの

重みに非常に共感いたしました。

愚直、実直、まっすぐ。それを貫くことは非常に困難であり、面倒でもあります。

でも、それをしなければ道は開けない。人としても成長できないということを

あらためて思い知らされる本です。

いい意味で軽快なテンポで読めるのも、他の経営者の方の本にはない特徴です。

普段、本を読まない方にも、おすすめです。